中古品の出品:6¥ 2,205より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

害虫 スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 2,205より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 宮崎あおい, 田辺誠一, 蒼井優, 沢木哲, 石川浩司
  • 監督: 塩田明彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2002/08/02
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000068WAP
  • EAN: 4947127521406
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 97,796位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   母親の自殺未遂の後、不登校になってしまった中学1年生のサチ子(宮崎あおい)は、街をぶらついては浮浪者たちと仲良くなっていき、そして小学校時代に恋愛関係にあった担任の先生に、自分の胸の内を書きつづっていく…。
 『月光の囁き』『どこまでもいこう』などで注目された塩田明彦監督が、中学生少女の複雑な内面に迫る野心的青春映画。いわゆる美少女を愛でるような、男の幻想的視点から描かれた作品ではなく、自ら“害虫”の道を選んだ上で日常社会と向き合おうとする少女のたくましい姿をリアルにとらえた秀作である。どこか心に傷を負った者たちが多数登場しつつ、誰も傷をなめあおうとはしない非情な世界観の中、自分を気遣う優等生の家に火炎瓶を投げ込んでしまう少女の行動は、もはや理屈を超えたリアリティに満ちあふれており、観る者はただただ呆然とするしかない。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

「月光の囁き」の塩田明彦監督が贈る、13歳の少女の反抗と成長を残酷な現実の中で描いた青春映画。主演は「ユリイカ」の宮崎あおい。ナンバーガール、スピッツの草野正宗が担当した音楽も話題に。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/10
中学生の頃の自分を思い出した。周りに掻き回されて自分を無くしたり、黙り込む事しか出来ない反抗。【善意】とは少しの違いしかない【悪】に快感を覚えたり。宮崎あおいさんの憂いのある演技がこの作品を作り上げたといっても良いと思います。レンタルで5回観て次はDVDを買おうと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
えっ終わり!?みたいな。見ていてとり残されるような、後を引く映画だと思う。
この映画は殆ど台詞もなく、只淡々とサチ子のリアルな現実が綴られている。
当たり屋の友達が出来、浮浪者(知的障害?)と仲良くなり、
父親は居なくて、母親は自殺未遂、教師と恋愛関係になり、母親の恋人に襲われ、
あげく自分に優しくしてくれた優等生の家に放火。兎に角凄い。
これだけのことが、劇的でも何でもなく、淡々と黙々と進んでいく。
単調な映画なのだが、見ていて飽きないのはやはり宮崎あおいの魅力なのだと思う。
個人的にはビー玉を転がすシーンが好きだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラーフラ 投稿日 2009/11/15
劇場公開初日の舞台挨拶にて塩田明彦監督は本作を「野心作」であると言っていたのをおぼえています。確かに本作は一筋縄ではいきません。それについて賛否両論あるかと思いますが、私は素直に肯定できました。が、流石に最初に観たときは「えっ、これで終わり」と感じました。何というか話の途上感がハンパではなかったです。本作は一度観るだけでは理解できないかもしれません。それなので何回も観る必要性があるでしょう。そして繰り返し観ることで作品の印象は変わっていくと思われます。最後のサチ子の行動と意味、それらはすべて解明できませんが、そのあまりにも後ろを振り向かない颯爽とした感じに、私は大きな衝撃を受けたものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
宮崎あおいが次々と起こる残酷な現実の中での、多感な女子中学生を演じている作品。‥まあ、よくもこれだけ不幸な事が続くものだ!‥せっかく、蒼井 優が演じるクラスメイトの「夏子」のおかげで学校に復帰出来たと思ったら、母親の彼氏に乱暴されそうになり、そこらへんから宮崎あおいが演じる「サチ子」の「壊れ方」がエスカレート‥! 学校のクラスメイトも彼女から遠ざかり、ついには犯罪にまで手を出してしまう。‥挙げ句の果てには、「夏子」の家を放火する始末‥! 宮崎あおいは「壊れ」ていく女子中学生「サチ子」を見事に演じて観せてくれる!‥特に「夏子」の家に放火し、燃える家を見つめながら徐々に「我」にかえり恐怖に怯える表情は全く素晴らしいの一言だ! 次々に不幸に襲われる「サチ子」だが、彼女自身は結構前向き‥。塞ぎ込まずに自ら行動を起こす彼女には、ほんの少しだが救われるような想いも‥。そしてあのラスト、緒方(田辺誠一)が何とか救ってくれるかと思えば…わっ、「サチ子」これからどうなっちゃうのって思ったら、突き離されて「ジ・エンド」!(悪い事しか思い浮かばない!)しかし、「サチ子」の最後の表情は「これから先、どうにでもなるよ‥」って言っている感じがして、なんだか複雑な気分でした。エンドクレジットの「サチ子」の鼻歌も印象的でした!‥この年頃の女の子の考えはよ〜ワカラン(笑)‥いろいろ考えさせられる作品でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかく重かった・・・。難しかったけど、考えさせられる良い映画でした。奈落の底に落ちて行くサチ子は救いようがなく、見ていて悲しかった・・・。この映画は答えなどなく、いろんな感想に分かれるのが、また良いと思った。ナンバーガールの「I don't Know」が、サチ子の非行の加速とマッチしていて良かった。映像も最後の方の机に置かれたリンゴなど印象的で良かった。そしてエンディングのサチ子の鼻歌が心臓を痛くさせられた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テレビから流れていたこの映画を何の気なしに観ていたのですが、
90分間があっという間で独特の世界観に引き込まれました。

セリフや音楽といった、音が特に前半は殆どなく、静謐で和を感じます。

素材が素晴らしければ味付けはシンプルで良い。そんな作品です。
宮崎あおい、蒼井優、二つの幻の素材の世紀の融合。
それが観れたのでロリコンの僕は大満足です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こもりんご 投稿日 2011/2/24
あの感情は誰にでもあらわれるのだろうか。僕には時々あらわれる。
その害虫は劇中の彼女をほぼ蝕みつくしていた。でも最後の最後に、ひとつだけ抵抗した。その証が、純粋なままの形で先生のもとに残されたんだろう。
終わりの暗示がとてつもなく重くのしかかってきた。救いがないように思えた。
にしても宮崎あおいはすごい。自分のわかってない(であろう)もんをここまで生々しく生み出すんだから。
世界を変えたいと思った。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック