この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践 バイオインフォマティクス -ゲノム研究のためのコンピュータスキル- 単行本 – 2002/1/28


すべての 4 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,623


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

商品説明

   コンピュータによる情報解析の手法を生物学の問題に応用する「バイオインフォマティクス(生命情報科学)」は、目下急速に発展している科学分野だ。世界中のさまざまなゲノム解読プロジェクトが、各種生物に関する膨大なデータを作りだしている。最近はそれをデータベース化し、一般公開しているプロジェクトも多い。

   こうした生物学のデータベースや研究文献は猛烈な勢いで増え続けている。いくら熱心な研究者でも、必要な情報を自由に入手・利用するにはコンピュータベースのツールに頼らざるを得ない。そういうツールを構築することが、バイオインフォマティクスなのだ。

 『Developing Bioinformatics Computer Skills』は、コンピュータを用いた生物学研究法をこれから学ぼうという科学者、学生はもちろん、今後のデータ処理にコンピュータを使いたいというベテランの生物学者にもうってつけの1冊。UNIXファイルシステムの概説をはじめ、バイオインフォマティクスのツールとデータベースの構築、コンピュータを使った生物学諸問題へのアプローチ、バイオインフォマティクスのためのPerl言語入門、データマイニング、データの視覚化など、非常に充実した内容になっている。

   著者の語り口も明快かつ魅力的だ。本書があれば、生物学データとその解析に必要なツールを体系的に使いこなす力が身につくだろう。 --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

メディア掲載レビューほか

実践バイオインフォマティクス ゲノム研究のためのコンピュータスキル
 生物学者にとって有用なデータベースや解析ツール、ウェブサイトを、効率的に利用するための方法を解説する、バイオインフォマティクス入門書。

 著者の2人は、米国でバイオインフォマティクスを教える助教授と、博士課程の学生。「バイオインフォマティシャンは、エレガントなアルゴリズムを発見するのではなく、問題を解決するためのツールの構築者」とは、彼らの言葉だ。

 本書ではLinuxを中心としたUnixによるPC設定が研究に必要だとし、その環境設定方法に全体の1/3を割いている。Linuxでは計算生物学のツールが豊富だからだ。ただし、読者にOSを詳細に理解させようとするのではなく、その環境でいかにツールをうまく作動させるかを説く。残り2/3でバイオインフォマティクスツールの効率的な利用法解説に入るという構成だ。


(日経バイオビジネス 2002/04/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

  • 単行本: 456ページ
  • 出版社: オライリー・ジャパン (2002/1/28)
  • ISBN-10: 4873110688
  • ISBN-13: 978-4873110684
  • 発売日: 2002/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 423,523位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 youchan2 投稿日 2002/4/29
形式: 単行本
実験系の人のためのコンピュータースキル本という感じ.UNIXの使い方からデータベース検索,機能解析,構造予測,データ解析など,コンピューターを使ってできる生命科学研究について色々とわかりやすく書いてあります.
非常にわかりやすくて勉強になりました.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 道玄坂 投稿日 2002/6/29
形式: 単行本
おそらく、ここまで生命科学系の研究者に対してコンピュータ利用を強く動機付け、その具体的利用方法について解説した書物はあるまい。
今までの、コンピュータ入門書にありがちな、無目的的な知識の集積ではなく目的をはっきりと把握した上での解説は非常にありがたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 takashi_m 投稿日 2002/9/14
形式: 単行本
  分子生物学の実験をしているけどコンピューターにはあまり興味が無い、という人にはよいマニュアルになるであろう。
  あくまで実践的でリナックスのインストールの仕方や簡単なコマンドまで載っている。他に、役立つウェブサイトや、ソフトの使い方、特徴などの説明が多い。読み物としてはまったくつまらないもので、コンピューターの前で格闘しながらマニュアル的に使うのがよいであろう。ncbiのホームページの使い方など、正直分子生物学の実験をしている人には常識となっているようなことが多い。だが、背景となっている理論抜きに実際に使うときの注意点を述べるなど、数学やコンピューターが嫌いな生物学者には適切なアドバイスが期待できる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: ペーパーバック Amazonで購入
絵が少ない、紹介している内容がやや古いなどの欠点はあるものの、普段使っているツールやその原型が、どのような理屈のもとに解析を行なっているのかについて、比較的平易に説明されている。UNIXベースの解析について述べられているが、そこを読み飛ばしても読む価値はある一冊だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大野 投稿日 2001/6/17
形式: ペーパーバック
有名なO'Reilly本のバイオインフォマティクス版。表紙はゲノムサイエンス的な、線虫(C.elegans)。しかし、その内容は情報系の人がバイオインフォマティクスで使われている実際のプログラムやUNIXのコマンド群を知るというよりはむしろ、これまでウェットの実験をしてきた人が自分の研究に必要なコンピュータ(主にUNIX)の知識を習得するイメージが強く感じられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック