Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
実用Git
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、Get your Kindle here Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

実用Git [大型本]

Jon Loeliger , 吉藤 英明 (監訳) , 本間 雅洋 , 渡邉 健太郎 , 浜本 階生
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,024 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

実用Git + Gitポケットリファレンス + 入門git
合計価格: ¥ 8,294

選択された商品をまとめて購入
  • Gitポケットリファレンス ¥ 2,678
  • 入門git ¥ 2,592

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の解説書。
Gitには、開発および共同作業を進めるうえで便利な機能が数多く実装されています。しかし、その柔軟性の高さが原因でGitをどのように使うのが最も効率的か十分に理解していないユーザーが多いのも事実です。
本書ではGitを使ってソフトウェアの開発プロジェクトを追跡、マージ、管理する方法をステップバイステップで明解かつ丁寧に解説します。読者はGitが持つ多くの機能を効率よく使えるようになるでしょう。
日本語版では、Gitで日本語を利用する方法、Gitベースの開発プロジェクト用ホスティングサービスであるGitHubについての解説を加筆しました。

内容(「BOOK」データベースより)

VCSの新定番を詳説!基本的な操作法を覚えて生産性を高める。内部設計を知ることでさらに強力なテクニックを習得する。豊富なコミットグラフで分散バージョン管理の概念を直感的に理解する。バージョン管理システムについて知りたい人にも好適。「Gitにおける日本語の利用」「GitHub入門」を収録。

登録情報

  • 大型本: 372ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2010/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873114403
  • ISBN-13: 978-4873114408
  • 発売日: 2010/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 249,377位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By mkt55
形式:大型本
原書は単なるハウツーから進んで、Gitを本当に理解するために丁寧に書かれてる素晴らしい本だと思う。

なのにこの日本語版は、訳が酷い。
英語から直訳しただけで、日本語として何を言っているのか理解に苦しむ文が極めて多い。
読みづらいことこの上ない。
監訳者は、まったく監修をしていないことを恥じるべきだ。

Gitは重要なシステムなのに残念だ。訳し直して出版して欲しい。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 読みにくいのが難点 2010/11/1
By nobuoka
形式:大型本
本書は、バージョン管理システム Git の紹介やインストール方法といった入門的な内容から、Git の使い方、さらにはどのような思想で Git が設計されているのかといった深い部分まで書かれており、内容的にはバージョン管理システムを使ったことがない人から、Git を使ったことがある人まで幅広い層の人にとって役に立つものとなっています。

しかしながら、残念なことに本文の訳が悪く、読みにくい文章となってしまっている部分があります。 Git の思想的な部分は訳があまり良くなくてもそれなりに読めますしいいのですが、肝心の使い方の部分で理解しづらいところがあり、非常に困りました。 本書は 3 名の方が訳をされていますが、特に渡邉健太郎さんが担当されている 「ブランチ」 「差分」 「マージ」 「コミットの変更」 の章が読みにくかったと感じます。 Git を使う上で重要なところですので残念です。

内容的には良かったと思いますので、Git の使い方をある程度理解したうえで購入されることをおすすめします。
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 翻訳の質が低くて残念 2010/3/21
形式:大型本|Amazon.co.jpで購入済み
翻訳の質が低くて残念です。

翻訳文から原文の英語を推測してもう一度自分で訳し直さないと意味が通じないような文章に、ときどき出くわします。翻訳者に、職業翻訳者としての経験や技能が不足しているようです(コンピュータサイエンス関連の技術的なバックグラウンドはともかく)。

すでにgitについてある程度の知識を持っている人でないと、そういったミスリーディングな翻訳文から真の意味をつかむのは難しいと思います。これからgitを勉強しようという人が最初に読む本としては、この本は絶対にお勧めできません。貴重な時間を無駄にすることになります。

ただし、gitを使ったバージョン管理を実際に進めようとするときに突き当たるであろう課題(コミットの訂正手段の使い分け、ブランチの管理、複数のリポジトリの管理、パッチの活用)それぞれについて深く突っ込んだ説明がされています。gitそのものの解説書というよりは、gitを使ってこそ実現できるバージョン管理手法のより実践的な解説書、という位置付けの本です。原著のタイトル「Version Control with Git」(Gitによるバージョン管理)のとおりの内容だと感じました。

「入門git」と「入門Git」を制覇して次のステップを目指す人が、翻訳のまずさを自力で補う覚悟のうえで買うのなら、よい本です。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xaaf2a408)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック