通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
宇宙の扉をノックする がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】表紙にダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,146
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宇宙の扉をノックする 単行本 – 2013/11/26

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 2,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宇宙の扉をノックする
  • +
  • ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く
  • +
  • リサ・ランドール―異次元は存在する (NHK未来への提言)
総額: ¥7,614
ポイントの合計: 229pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙の根本的な構造について、物理学の大きなパラダイムシフトが起きようとしている。宇宙についての私たちの理解は、がらりと変わるかもしれない。LHCをはじめとする世紀の実験の成果とともに、最先端の現代物理学が、宇宙の扉を開く大冒険へと読者を誘う。いま、宇宙の起源と運命の謎が、劇的に解明され始めた。

著者について

Lisa Radall(リサ・ランドール)
理論物理学者。ハーバード大学物理学教授として素粒子物理学および宇宙論を研究する。プリンストン大学物理学部、マサチューセッツ工科大学およびハーバード大学で理論物理学者として終身在職権をもつ初の女性教授となる。1999年にサンドラム博士とともに発表した「warped extra dimensions(ワープした余剰次元)」により、物理学会で一躍注目を集め、今日もっとも業績の引用が多く影響力のある理論物理学者のひとりとなる。ディスカバー誌、エコノミスト誌、ニューズウィーク誌、サイエンティフィック・アメリカン誌ほかトップランクの科学誌でその業績がとりあげられ、タイム誌の「もっとも影響力のある100人」およびローリング・ストーン誌の「変革の使者100人」に選ばれたほか、初の著作『ワープする宇宙~5次元時空の謎を解く』(NHK出版)はニューヨーク・タイムズ紙で2005年注目の1冊に選ばれている。米国科学アカデミー、アメリカ哲学会、アメリカ芸術科学アカデミーのメンバー。宇宙の問題について考えていないときは、ロッククライミングやスキーを楽しみ、芸術と科学の橋渡しに貢献している。彼女が脚本を手がけたオペラ Hypermusic Prologueは2009年にパリのポンピドゥーセンターで初演された。2007年の来日時にはNHK BS特集『リサ・ランドール 異次元への招待』でも特集された。その他の著書に小編 Higgs Discovery: The Power of Empty Spaceがあり、これは邦訳「ヒッグスの発見」として電子版『ワープする宇宙』(NHK出版)に特別収載されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 616ページ
  • 出版社: NHK出版 (2013/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 414081621X
  • ISBN-13: 978-4140816219
  • 発売日: 2013/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 14 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 222,355位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は、一言でいえば「スケールの科学」のエッセイである。
我々の身近なサイズの物理現象の解明から始まった科学が、非常に小さな素粒子の世界へ、また非常に大きな宇宙の世界へとスケールを広げていった過程を、数式を使わずに解説している。

分厚い本だが、内容は理解しやすい。
素粒子やダークマターといった専門的な物理要素の解説はていねいで分かりやすく、最先端の物理学を身近で親しみやすいものとして感じ取ることができる。
翻訳も非常にこなれており、翻訳本にありがちな文体の不自然さも無かった。

本書は6章構成となっている。
第1部では、本書のキーワードとなる「スケール」の考え方を紹介している。非常に小さな世界や非常に大きな世界といった極端なスケールでは我々の常識が当てはまらないことを示し、古典的なニュートン力学、量子力学、相対性理論がどういうスケールの範囲で有効であるかを説明している。
第2部から第4部は、小さなスケールの探求方法と探求結果の解説である。身近なスケールから始まり、原子のスケール、そして素粒子のスケールへと下っていく。特に、2013年にヒッグス粒子の存在を確認した大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の詳細と、それを用いた素粒子の確認方法の説明は、類書にないほど詳しい。
第5部は、大きな
...続きを読む ›
コメント 17人中15人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いくら読んでも終わらない、いつまでも楽しめるところがたいへんよいです。、もちろん作者には定評があり、内容は十分に濃密。数式は一切なく、素人向けに書いてありますが、ある程度宇宙論や素粒子物理学の入門書(新書など)を読んでからのほうがよろしいかと思います。
宇宙論好き・物理好きの読書好きのひとには、こたえられません。ぜひおすすめ。たっぷり楽しめます。
こういう本には電子書籍がぴったりです。分厚い本を持ち運ばなくてよいので。
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は高校物理さえろくに勉強しなかった者だが、この分野の話は面白そうなので、分からないなりに何冊か読んできた。この本も、専門的な話はチンプンカンプンである。しかし、それでも感動した。この種の本で感動したのは初めてだ。訳者の言葉を借りれば、「つねに前を見据える著者の強いまなざし」が、本当に読む者を引きずりこんしまう。著者の冷静でありながら熱の塊のような期待に一体化させられてしまう。私でも納得できるような書き方がしてあるし、決して我田引水に陥らず、あくまでも公正な書き方がしてある。これはすごいことだと思う。そして、この著者が、極めてまっとうな人間性を持った人であることにも感動した。社会や人生に対する姿勢を示す本としても価値があると思う。
コメント 12人中10人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: Kindle版
私は常々思っていたのですが・・・本当に頭のいい人っていうのは、簡単な言葉で難しい事を説明できる人だ、と思うんですよね。
ほら、頭のいい人って、つい自分が知っている難しい言葉で説明しちゃったりするでしょう?その方がうんと楽ちんだから。
でもリサさんは違うんですねえ。

分厚さにひるんではいけません。ユーモアのある口調でこちらに語りかけてくるような本です。ん?と思ったら、そのたびに数枚ページを戻ればいいのです。表やグラフも見やすい物が良いタイミングで載っています。
2012年に新しい粒子が発見されて、2013年にヒッグス粒子であることを示唆する結果が出て、フランソワさんとピーターヒッグスさんにノーベル賞が贈られた{これはテクにヒッグスだったのかもね?という説もありますが}・・・この本はそれまでの物語。
「物質にはなぜ質量があるのか」この謎に最初に道筋をつけたのは南部洋一先生でした。先生の「自発的対称性の破れ」からヒッグス粒子探求の道が始まったのです。いま世界は、次の段階へ。ミュー粒子探求の競争をしています。
標準理論は拡張されるだろう。ダークマターの材料もだんだんと解明されるだろう。
これらはすぐには世の役に立たない発見かもしれない。でも「今」は未来において「大事な発見の続いた時代だった」と言われるに違いな
...続きを読む ›
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック