¥ 11,800 + ¥ 500 関東への配送料
在庫あり。 販売元: ブックドットコム(年中無休)
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 大人の科学 真空管アンプ
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

大人の科学 真空管アンプ


参考価格: ¥ 12,744
価格: ¥ 11,800
OFF: ¥ 944 (7%)
3点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ブックドットコム(年中無休) が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
  • 本体サイズ:W205×H70×D140mm
  • 対象年齢:10歳から
  • 電池:要
もっと見る


学びたくなる学びを学研ストアで
ニューブロック、木製シリーズほか 学研ストアをチェック!
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: 【翌日発送】 新品です。 / ダンボール梱包のうえ、ゆうパックにて発送致します。


製品概要・仕様

  • 本体サイズ:W205×H70×D140mm
  • 対象年齢:10歳から
  • 電池:

よく一緒に購入されている商品

大人の科学 真空管アンプ + FOSTEX スピーカーボックス P800-E
両方の価格: ¥ 13,091

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
発売日:2007/12/6
対象性別男性用
  
登録情報
ASINB000VL90B8
Amazon ベストセラー商品ランキング おもちゃ - 125,990位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.1 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/8/31
  
ご意見ご要望
 

商品の説明

商品紹介

ステレオスピーカー付きアンプ組み立てキット。電池真空管(「電池管」)を4本、独自開発の出力トランス2個を使ったアンプの組み立て実験キットです。ステレオスピーカー、オーディオケーブルも付属しているので、組み立て後すぐ、iPodなどの外部音響機器に接続して、独特の柔らかなサウンドをお楽しみいただけます。ステレオスピーカーは本体と離して使うことも可能。スピーカーの背面を使った周波数特性の改善実験(マジックボイス)もできます。また、電池式なので自由に持ち運びできます。組み立ては、約30分。特別な工具は使いません。自分で組み立てることで、真空管の役割、アンプの構造などを知ることができます。※iPod等音響機器は付属していません。またアナログプレーヤー使用時には別途プリアンプが必要です。【主な仕様】出力100mW/ch 使用真空管(直熱タイプ、電池管):電圧増幅1B2×2/電力増幅2P3×2 入力端子:RCAピンジャック 入力感度/入力インピーダンス:1Vp-p/100kΩ 負荷(出力)インピーダンス8~16Ω 周波数特性:100~10KHz(+0、-6dB) 歪率5%以下(1kHz) 電池/電池寿命:単1アルカリ乾電池×2(1日に1時間使用で約20日間) 付属品:マルチセルラホーンスピーカー250mW/8Ω、フルレンジ方式×2、オーディオケーブル(RCAピンプラグ×2 ~ステレオミニプラグ)

Amazonより

   電池真空管を4本、独自開発の出力トランス2個を使ったアンプの組み立て実験キット。
   スピーカーユニット、オーディオケーブル付属で、手持ちのデジタルオーディオプレーヤーなどのステレオ用外部出力端子から音響機器に接続、独特の柔らかなサウンドがすぐに楽しめる。スピーカー単体での使用可能。スピーカー背面を使った周波数特性の改善実験(マジックボイス)可能。組立時間は約30分で、特別な工具等は不要。単1電池2本必要(別売)。
   音響機器の付属なし。アナログプレーヤー使用時には別途プリアンプ必要。

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

55 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anakin 投稿日 2007/12/15
まず、10,000円で真空管アンプが手に入ることに驚く。見た目も本格的。もちろん筐体はプラ製ではあるけれど、充分満足の行くスタイルである。キットではあるが全く電気の知識の無い初心者でも、まず、間違いなく組める半完成品。この辺はちょっと物足りなさが残る。電源が単一乾電池2本というのもすごい。おかげでハムに悩まされることもない。制作時間は私の場合は15分程度であっけなく完成。さて、音出ししてみると、えっ、というかやはり、というか。定格出力は100mWと決して充分なわけではないが、それにしてもアレレなのである。どうも付属のスピーカーがくせ者らしいとにらみ、手持ちの小型スピーカーで次々とテスト。おっ結構いけるではないのというのが、結論。立派に真空管の音で鳴っている。手持ちの中ではO社のD-057というスピーカーがいまのところベスト。057は出力音圧80dBなので本当は90dBかそれ以上の物がほしいところ。それでもボリューム1時位の位置でニアで聞くに充分な音量である。もちろん価格が価格なので多くを期待してはいけないが、デスクサイドで気楽に聞けるシステムとして充分だと思う。付属のスピーカーは単なるアクセサリーと考えたほうがいい。これからしばらくスピーカー選びでも遊べそう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 よたろう110 投稿日 2008/1/2
 他の方も言われておりますが、私も最初作った時は付属ホーンスピーカではあまりに貧弱な音でガッカリしたのですが、他のスピーカにつないだら十分使えることが分かりました。そこらのミニコンポについているスピーカでもずっとましに鳴ります。これならむしろスピーカ無しでキット化するか、安物でも普通のスピーカを付けて欲しかった。まぁこれがないと作業がほとんど無くなるのでしょうが、教育性を求めるならホーンのネジ締めよりは多少なりと回路の解説した方がためになるのでは。
 なお、パワーは低いので迫力のサウンドは無理ですが、電池式で非常にノイズが低いので夜中に一人で静かにボーカルなどを聴くにはピッタリです。1万円のインテリアにしておくのはもったいないので安いスピーカを探しましょう。最近ではフツーの小型スピーカは寧ろ少ないですが、onkyo辺りを探せば安い製品もあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マツ 投稿日 2008/1/19
初めて真空管アンプ買いました。
他のアンプと違い長く聞いてても疲れない、音色も綺麗です。
欠点はパワー不足ですが、自分が住んでる環境を考えれば十分な音量です。
今はオンキョーのD-057M(D)で聞いてますが、付属のホーンドライバーにバックロードホーンを組む予定です♪試作で段ボールで作ったらまともに低音が出てました。
極めれば絶対に綺麗な音のドライバーになると思います!
皆さん遊びましょう♪(自作に自信ある人だけの趣味)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おっさん 投稿日 2008/3/23
Amazonで購入
製作にあたっては真空管の扱いに気を使いました。肝心の音ですが、付属のスピーカ(SP)では、せっかくの実力を出し切れないです。付属SPでしか聞けなった方は評価も悪いままに終わったのではないでしょうか。私は、マニュアルに出ている改造、省エネモード(結構、電池持ちます!!)、三結への改造そして、ついでに自己責任ですが、カップリングコンデンサをセラミックコンデンサからフィルムコンデンサに交換しました(マイルドになった感じ)。デノンのSC−M33スピーカで聞いてますが、弦楽器、管楽器、ボーカルまでは許せるかな!!、低音も出てます!結構いい音出しますよ。ノイズは少ないしニアフィールドで聞くには雰囲気十分です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ku58 投稿日 2011/8/17
 1万円ちょっとで真空管アンプのキットらしきものが手にはいるということで、以前から関心を持っていましたが値引きで8,680円ということで思い切って購入しました。キットらしきものとはいえ半田付けも必要なく、ねじ止めだけで30分もかからずに作成終了。しかし、付属スピーカーから出る音はパソコンに1,000円以下のスピーカーをつけたよりも貧弱だし、電池はすぐ終わってしまうということで、最大で2万円程度と決めて音質改善等に取り組みました。
 実用的でない付属スピーカーの代わりに、「stereo 2011年 07月号」付録のスピーカーキットと「ONTOMO MOOK Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集」特別付録のエンクロージュア・キットを組み立てました。それから電源対策として1.5ボルトの「ACアダプター(SONY AC-E15A)」を購入し、コードの先端をカットして銅線を剥き出してアンプの電池ボックスの裏側の+極板、−極板のねじ止め部分に接続。ここまでにかかった費用は1万円と少し。これで、手持ちのDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)を介してPCに接続したところかなり実用的な音になり、また、電池切れの心配をしなくてすむようになりました。
 ただ、手持ちのDAC(ONKYO WAVIO SE-U55SX)との相性がいまひとつなので、予算オーバーを覚悟で「DAC
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー