¥ 1,620
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学校裏サイト 単行本(ソフトカバー) – 2008/3/28


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

学校裏サイト + 学校裏サイト――進化するネットいじめ(晋遊舎ブラック新書 6) + ネットいじめ (PHP新書)
合計価格: ¥ 3,197

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大人はいま、何をしなければならないのだろう。「子どもとケータイ問題」の第一人者が、ネット遊びの闇を解明する。

著者について

下田 博次(しもだ ひろつぐ)
群馬大学社会情報学部大学院研究科教授
愛知県生まれ。早稲田大学第一商学部卒業後、(財)日本情報処理開発センター企画調査主任、雑誌記者、放送番組制作会社などを経て現職。「青少年メディア研究協会」を主宰し、子どもたちのインターネット・携帯電話利用問題に取り組んでいる。その一環として学校裏サイト問題の解決にも取り組み、複数の学校裏サイトにおける有害情報発信を止めさせることに成功した実績を持つ。警察庁「少年のインターネット利用に関する調査研究会」座長などを務めた。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 230ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2008/3/28)
  • ISBN-10: 4492222804
  • ISBN-13: 978-4492222805
  • 発売日: 2008/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 696,613位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たこやき21 投稿日 2008/8/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
学校の公式サイト以外で、学校の話をすれば、そこは全て「学校裏サイト」。
本書の中で言われる定義を端的に言うと、こうなるだろう。

昨今のいじめ問題の中で注目が集まった「学校裏サイト」。著者は、その言葉を提唱し、広めた人物として知られている。だが、本書を読んでいて感じたのは、その定義の曖昧さ(上に書いたように、学校公式サイト以外で、学校の話をすれば、全て裏サイトになってしまう。それは、学校名を特定するようなものだけでなく、メル友募集のようなサイトの掲示板も含む)と、やたらに煽る危機感である。
本書に記された「実例」というものは、確かに、「子供に見せたくない」と大人が思うものである。だが、本書には「裏サイトの多くで、そういう書き込みがあった」というようなものはあっても、具体的に「このサイトの書き込みの何割が、そういう書き込みなのか?」というようなものは無い。人気のあるサイトの何千、何万の書き込み。そのうちの1つが、問題のあるものであっても、「問題のある書き込みのあるサイト」として、それは捉えられてしまうのである。他にも、定義も何も示さずに「有害情報」と連呼したり(どこからが有害かわからないが、何となく悪そうに聞こえる)、危機感を煽る文言だけを並べるのはどうかと思う。
「子供のしていることを知る必要がある」
という著者の言葉には
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 naonao-703 投稿日 2008/5/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
インターネットが出来るパソコンやゲーム機・携帯は、書籍やテレビ・ビデオのようなマスメディアではなく、パーソナルメディアであるが故に子供たちへの影響が格段に大きい。
その影響の大きさと各種ウェブコンテンツで起きている利用実態や問題点をこと細かく説明。
多分、今の子供はインターネツトを手放せないが、その最終責任者は保護者ですよと暗示してる。
パーソナルメディアであるが故、保護者も見落としていたかもしれないが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 探偵デプロ 投稿日 2008/4/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
学校裏サイトのことを全然知らない人なら外観的に眺めるのにはよいかもしれません。まあ1時間もあればさらっと読めちゃいますし。学校で研究の一環として、そのサイトを運営する側の心理に踏み込んで書かれているところはなかなか新味があります。ただ、学校裏サイトについて悩んでいて、その解決策や対応方法について求めている方にはお勧めしません。やはり、法的にも、方法論的にもまだまだむずかしいようです。対応、というより「対処」のしかたをもとめるならば、一筋の光明かも。一緒に悩んでくれる人がいるんだ、という感じでしょうか。学校裏サイトで具体的に悩んでおらず、興味だけならば立ち読みで十分です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2008/5/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
 学校裏サイトやプロフなど、子供たちを危険に陥れる可能性のある携帯電話サイトについて知識を得ることができます。

 ただし、最近はニュースで取り上げられることも多くなったこともあり、本書で知ることができるのはニュース特別企画+αくらいの内容です。

 とりあえず裏サイトやプロフについて知りたいという方には最適な本だとは思いますが具体的な対策などについては本書だけでは苦しいと思います。1時間程度で読める本ですので「まずは知る」というところで本書を利用してください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック