Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
妖怪ア&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。vv3481_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA! ENTERTAINMENT) 単行本(ソフトカバー) – 2003/10/11

23件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA! ENTERTAINMENT) + 妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA! ENTERTAINMENT) + 妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)
合計価格: ¥ 3,078
ポイントの合計:  72pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

ひとり暮らしの始まりは、妖怪たちのすむ奇妙なアパート――。
違う世界や違う価値観があってこそ、世の中はオモシロイ!

夕士が高校入学と同時に始めた、あこがれの下宿生活。
幼い頃に両親を事故で亡くしたため、早く独り立ちをするのが彼の夢。
ところがそこには、ちょっと変わった、しかし人情味あふれる《住人たち》が暮らしていた……。

内容(「BOOK」データベースより)

夕士が高校入学と同時に始めた、あこがれの下宿生活。幼い頃に両親を事故で亡くしたため、早く独り立ちをするのが彼の夢。ところがそこには、ちょっと変わった、しかし人情味あふれる“住人たち”が暮らしていた…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 218ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062120666
  • ISBN-13: 978-4062120661
  • 発売日: 2003/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,824位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

50 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ダンマッピー 投稿日 2004/9/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
登場人物がとっても魅力的で、妖怪と人間が一緒に住むアパートだけど、そこには種を越えての愛があるんですよ。そして、妖怪アパートに住むまでの夕士は親戚宅で肩身の狭い思いをし、心から笑うことをしなくなったのだけど、ここで暮らすことで、本当の自分を取り戻し、成長していきます。
本文中には現代の社会問題が散りばめられてます。ニュースで頻繁にきかれる問題です。その問題が本文中で書かれているのですが、私は涙が止まりませんでした。この本はただ面白いというよりも、現在の日本社会の問題を織り交ぜているので、いろいろ考えさせられました。
子供だけでなく、大人たちにも読んで欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アイク トップ500レビュアー 投稿日 2004/7/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
子供の活字離れが叫ばれてずいぶん経つわけですが面白い小説が与えてくれるワクワクした感じというのは他のメディアには求めることができない物だと思います。
この作品にはそんなワクワク感がばっちり溢れています。
引っ越した老朽アパートに住みつく個性豊かな「お化け」たちの描写と次第に彼らと心を通わせて行く主人公の日常がビビッドに描かれていてにんまり。
もちろんそれだけでも十分楽しいのだが後半に描かれる2歳の男の子の幽霊、「クリたん」と彼を守る一匹の犬「シロ」を巡るおぞましくも哀しいお話には涙腺を刺激されまくりました。
圧巻はこの一人と一匹の「おっ母さん」である巨大な狼、「茜さん」の登場。
主人公がこの見るからに恐ろしい霊獣の言葉と行動に事故で亡くなった自分の母親を重ねて見てしまう辺りから物語としての濃度が一気に深まって行きます。
これは作者の力技ですね。
確かに子供向きに書かれてはいますが、それで敬遠するのはもったいない。大人だって読まなきゃ損だよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ループ 投稿日 2006/3/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
「今」の生活を妖怪たちと一緒に過ごすと、どんな感じがするだろうか?

多分、楽しい日常の日々だろう。

この話はそんな想像をさせる。

「ゲゲゲの鬼太郎」のような、人間達との生活を避けて暮らすわけではなく、あえて人間の社会で妖怪が暮らしている。

「今」を生きる柵を、妖怪との生活と言う視点から考えるこの作品。

残念な事には、児童図書と分類している点である。

もっと、読者の年齢層が高いような気がする。できれば、同年代の高校生にも読んでもらいたい作品だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まき 投稿日 2013/5/23
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
学校での読書タイムに読む為の本を探して、いろいろ検索してこの本にたどり着きました。
授業の一つとして読書タイムがあり、どうせ読むならハマって読めるような楽しめる本を探してあげたかったのです。
あまり本を読む習慣がなかった息子ですが、これ面白かったから読んでみなよ!と渡したところ、『面白かった。(登場人物の)なんとかがどうのこうの(ネタばれになるかもしれないので端折ります)・・こんなアパートなら住んでみたい』などと、楽しんで読んでくれてるようです。私自身は読書好きで、学生の時は図書室の本を借りてまで読んでましたが、今の子供たちは本以外にも遊び道具があり、借りてまで読むのはめんどくさいみたいですが、こうやって少し手助けしてやって、本を読む機会が増えてくれればいいなと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リコ 投稿日 2012/11/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
自分は『地獄堂霊界通信』シリーズのファンで、『妖怪アパートの幽雅な日常』は地獄堂と同じ香月先生の作品ということで興味を持った者です。

1巻を読んでみた率直な感想として「完全な児童向けだな」と感じました。それから他の方もレビューされている通り、読む人を選びます。
自分は読み進めていくうちに価値観を押し付けられているような感じがして、正直もう読みたくないなと思ってしまいました。悪く言うと説教くさいです。(地獄堂でもそういう所はあるんですが…)
この1巻は頑張って最後まで読んだのですが、特に続きが気になるわけでもなく、話にもキャラクターにも魅力を感じなかったので続きを購入する事はないでしょう。
地獄堂を読んだ事がある人が、地獄堂と同じような深みのある世界観を期待してしまうとがっかりしてしまうかもしれませんね。

色々書きましたが、児童書としては分かり易くて良いのではないかと思います。本に馴染みのない子でも取っ付きやすいのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック