Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT) [単行本(ソフトカバー)]

香月 日輪
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (20件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,026 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

動画を見る



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT) + 妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA!ENTERTAINMENT) + 妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)
合計価格: ¥ 3,078

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

世にもおかしな妖怪館での下宿生活! 夕士が高校入学と同時に始めた憧れの下宿生活。しかしその洋館風アパートの住人たちは、除霊師の少女や耽美小説作家、一風変わったオバケたちだった……。

内容(「BOOK」データベースより)

夕士が高校入学と同時に始めた、あこがれの下宿生活。幼い頃に両親を事故で亡くしたため、早く独り立ちをするのが彼の夢。ところがそこには、ちょっと変わった、しかし人情味あふれる“住人たち”が暮らしていた…。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 218ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062120666
  • ISBN-13: 978-4062120661
  • 発売日: 2003/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (20件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 182,309位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
49 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 笑いと涙が止まらない。 2004/9/25
形式:単行本(ソフトカバー)
登場人物がとっても魅力的で、妖怪と人間が一緒に住むアパートだけど、そこには種を越えての愛があるんですよ。そして、妖怪アパートに住むまでの夕士は親戚宅で肩身の狭い思いをし、心から笑うことをしなくなったのだけど、ここで暮らすことで、本当の自分を取り戻し、成長していきます。
本文中には現代の社会問題が散りばめられてます。ニュースで頻繁にきかれる問題です。その問題が本文中で書かれているのですが、私は涙が止まりませんでした。この本はただ面白いというよりも、現在の日本社会の問題を織り交ぜているので、いろいろ考えさせられました。
子供だけでなく、大人たちにも読んで欲しいです。
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ワクワク感+α 2004/7/19
By アイク トップ500レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)
子供の活字離れが叫ばれてずいぶん経つわけですが面白い小説が与えてくれるワクワクした感じというのは他のメディアには求めることができない物だと思います。
この作品にはそんなワクワク感がばっちり溢れています。
引っ越した老朽アパートに住みつく個性豊かな「お化け」たちの描写と次第に彼らと心を通わせて行く主人公の日常がビビッドに描かれていてにんまり。
もちろんそれだけでも十分楽しいのだが後半に描かれる2歳の男の子の幽霊、「クリたん」と彼を守る一匹の犬「シロ」を巡るおぞましくも哀しいお話には涙腺を刺激されまくりました。
圧巻はこの一人と一匹の「おっ母さん」である巨大な狼、「茜さん」の登場。
主人公がこの見るからに恐ろしい霊獣の言葉と行動に事故で亡くなった自分の母親を重ねて見てしまう辺りから物語としての濃度が一気に深まって行きます。
これは作者の力技ですね。
確かに子供向きに書かれてはいますが、それで敬遠するのはもったいない。大人だって読まなきゃ損だよ。
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「昔話」とは違う「今」 2006/3/9
形式:単行本(ソフトカバー)
「今」の生活を妖怪たちと一緒に過ごすと、どんな感じがするだろうか?

多分、楽しい日常の日々だろう。

この話はそんな想像をさせる。

「ゲゲゲの鬼太郎」のような、人間達との生活を避けて暮らすわけではなく、あえて人間の社会で妖怪が暮らしている。

「今」を生きる柵を、妖怪との生活と言う視点から考えるこの作品。

残念な事には、児童図書と分類している点である。

もっと、読者の年齢層が高いような気がする。できれば、同年代の高校生にも読んでもらいたい作品だ。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 大人が読むべし! 2012/2/13
By ゆき
形式:単行本(ソフトカバー)
児童書だけど、大人が読むべし!と思えるほど内容の作品。

さらりとしたタッチで言葉が綴られてるけれど、綴られてる言葉を紐解くと
とても大切な、昔どこかに置き忘れられた物を拾い上げられるような、そんな
ほんわりとした心持ちにさせられる。

時代の移り変わりとともに多くのものを得て多くのものを失ってきた人間の
現在を、現在であるからこそ見える高校生の主人公が、古き良き時代を反映してる
アパートに住み、そこに存在する人間、妖怪、お化けと種を超えた環境の中で
自分の在り方を、不器用に、でも懸命に模索する姿が本当に愛しく思える。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 香桑 トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:単行本(ソフトカバー)
人間も、人間ではないものも、様々だ。それぞれが自分の日常こそが、誰にとっても日常であると勘違いしやすい。
主人公が出会った、自分の世界の「外」は、ちょっと特殊な世界だけど、愛情がいっぱい。
多様性を許容するときに、生まれる可能性。寛容という希望の苗床が、心に滋養を与える。
否応なしに時間は過ぎるから、持てる時間を大事にしなくてはならない。人生は長いが短い。
淡々と生きるのも生き方であるが、丁寧に懸命に、時間を、世界を、生きてほしい。生きる喜びは、温かく澄み切って美しいものなのだ。
大人から子どもへ。今の時代を見据えながらも、そのままでいいのかと、未来へと眼差しを向けるメッセージがいっぱいこめられている。
たやすく自分の居場所を見失いやすい、中高生の世代に特におすすめ。ただいまと言える場所を大事にしてもらいたい。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 中学生の息子用に・・ 2013/5/23
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
学校での読書タイムに読む為の本を探して、いろいろ検索してこの本にたどり着きました。
授業の一つとして読書タイムがあり、どうせ読むならハマって読めるような楽しめる本を探してあげたかったのです。
あまり本を読む習慣がなかった息子ですが、これ面白かったから読んでみなよ!と渡したところ、『面白かった。(登場人物の)なんとかがどうのこうの(ネタばれになるかもしれないので端折ります)・・こんなアパートなら住んでみたい』などと、楽しんで読んでくれてるようです。私自身は読書好きで、学生の時は図書室の本を借りてまで読んでましたが、今の子供たちは本以外にも遊び道具があり、借りてまで読むのはめんどくさいみたいですが、こうやって少し手助けしてやって、本を読む機会が増えてくれればいいなと思いました。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 こどもにはこの大きさ
小学生が読むには 文庫よりもこの大きさの方が字が大きくていいかな?

高学年から大人まで楽しめます
投稿日: 2か月前 投稿者: 母
5つ星のうち 2.0 あくまで児童書
自分は『地獄堂霊界通信』シリーズのファンで、『妖怪アパートの幽雅な日常』は地獄堂と同じ香月先生の作品ということで興味を持った者です。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: リコ
5つ星のうち 1.0 小学生以下および小学生くらいまでならお勧めです。
書評
この話は読む人の精神年齢によって人を選びます。... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: kagachi
5つ星のうち 2.0 小学生高学年向け
小学生までには面白いと思います

しかし大人には物足らないでしょう

ただ価値観の押し付けが鼻につきます... 続きを読む
投稿日: 2011/11/14 投稿者: あたる
5つ星のうち 3.0 小中学生向けとしては良いです
児童書としては面白いと思います。
ただ、本屋で一般小説だと思って購入した自分にとっては内容が薄っぺらいなぁ・・・と。... 続きを読む
投稿日: 2010/1/29 投稿者: SHIRON
5つ星のうち 4.0 わかりやすい
割とステレオタイプな物わかりの良さを備えた大人に囲まれた少年の
成長物語... 続きを読む
投稿日: 2009/11/9 投稿者: 地べた這う子
5つ星のうち 4.0 新たな青春成長物語
POPな装丁と娯楽性の高いネーミングで、お手軽なイージーリスニング(?)と思いきや、予想外に倫理的な物語でした。... 続きを読む
投稿日: 2009/2/25 投稿者: イシハラ
5つ星のうち 3.0 ほろりときます。
人の【情】を具現化する感じで妖怪が出てきます。

人情味溢れる妖怪に、無情な人間。... 続きを読む
投稿日: 2006/11/1 投稿者: 吉右ヱ門
5つ星のうち 1.0 中高生の朝読書にオススメします。
児童書コーナーで中2の息子に向くような本を探していて手にとったのが... 続きを読む
投稿日: 2006/4/18 投稿者: ふくふく
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xbf4219f0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック