通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫) 文庫 – 2008/10/15

5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)
  • +
  • 妖怪アパートの幽雅な日常 2 (講談社文庫)
  • +
  • 妖怪アパートの幽雅な日常 3 (講談社文庫)
総額: ¥1,436
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

俺が入居したアパートは、物の怪たちの巣窟だった!

共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん――13歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”! 次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。大人気シリーズ、待望の文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん―十三歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”!次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。大人気シリーズ、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062761696
  • ISBN-13: 978-4062761697
  • 発売日: 2008/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,356位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
かなり前から気にはなっていたものの、何となく機会がなくて読み逃していた一冊。
これは何と表現してよいのか、非常に迷うジャンル。
タイトルに「妖怪」とあっても、決しておどろおどろしい内容ではないし、主人公が高校生だからといってジュヴナイルと断定するのは早計。

中学生になったばかりのときに両親を亡くした主人公が、親戚に遠慮をしながら3年間を過ごし、いよいよ寮のある高校に入学して独立する!という矢先に、寮が火事のため入居不可になってしまう。
自暴自棄になる主人公の前に、寮が建て直しされるまでの期間限定で格安アパートに入居できるという甘い話が供される。
胡散臭いと思いつつも、独立にこだわる主人公は入居を決意。
伺候して、そのアパートは妖怪や幽霊などがたむろする「妖怪アパート」だった……!

と書いてみると何の面白みも感じられないが、あに図らんや、何だかじんわりと泣けてくる物語なのだ。
簡単そうに軽く触れられているが、何と深遠な真理の数々がちりばめられていることか。

説教臭い話や小難しい事は何も書かれていないが、読み終えると体の中からすっきりとして清々しい気持ちになれる。
おとなも子供も一読あれ。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
カバーの犬のイラストに惹かれて購入しましたが、大人には物足りないかも。。

他に書かれていた方もいましたが、中学生か高校生が書いた文章のようです。
おもしろそうな要素は散りばめられているんだけど、まとめきれてないし掘り下げきれていない。
もったいないなーと思ってしまいました。

巻が進むにつれて、もしかしたら色んなことが掘り下げられておもしろくなっていくのかもしれませんが、
自分は一巻で充分かなという感じです。

あと主人公が何回も同じようなことを言ってるのが、ちょっと説教くさいかなとも思いました。
価値観がどうのこうのとか、文字で直接書くんじゃなくて感じさせるような描写ができたら違かったかも。

自分が中高生くらいの時の日記を思い出しました。
主人公と同年代だったら楽しめたのかな。
シリーズ通してカバーはとても素敵なので内容は☆一つだけど、全体としては二つです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
そして、読んでみて登場人物(人以外も)すべてにとても魅力を感じる。
読んでいると、愛しくてあたたかくて切ないような気持ちが湧いてくる。
それと、ご飯のシーンのなんとおいしそうなこと。うっとり・・・
なんとかして自分もこのアパートに行きたい。一緒にご飯食べて、地下の温泉に入って
クリちゃん抱っこしながら眠りたい。と思わずにはいられない。
文庫化がとっても嬉しい。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルに惹かれてはいたのですが、10巻にもなるシリーズだったのでなかなか手を出せませんでした。
最近漫画化されたものを読み、続きが気になってしまい全巻読破致しました。

まずこの作品、文章としてはあまり上手くはありません。
主人公・夕士の一人称で書かれる小説なのもあるかもしれませんが、ライトノベルに近く、純文学や上手な小説に慣れた方には読みにくい作品だと思います。
ですが、小説に慣れていない方や、固い文体の物が苦手な方にはとても読みやすい物だと思います。

内容は簡単に言うのなら、共同住宅での日常を描いたヒューマンドラマと言った感じです。
ただ、その相手が人間ではなく幽霊や妖怪だったり、時々起こるハプニングが霊的なものだったりするわけです。

ほのぼのしたり笑わしてくれるような会話の中に含まれる社会風刺には考えさられることも多くとても良い作品だと思います。
クリとシロのエピソードには泣けてきてしまいました。

どの年齢の方でも読める作品だと思いますが、まだ自分の将来に悩んでいる、不安に思っている、そんな年頃の方(中高生等)が一番考えさせられ感情移入できるのではと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
両親が亡くなり、親戚の家で肩身狭く暮らしていた夕士。
高校入学を機に入る予定だった寮が火事になったけれど
家を出たいがために、安いアパートを見つけ、住むことに。
けれどそこは、人間以外のものもたくさん集まるアパートで。。

美味しい賄いあり、地下には温泉もあり。
だけど鬼も幽霊もでます、人間も住んでいますが
ちょっと変わった人ばっかりです、というアパートが舞台。
しょっぱなから常識がこっぱみじんにされた夕士ですが
アパートの人々のあたたかい雰囲気に、どんどんなじんでいきます。
ほのぼのした雰囲気で、時には重いテーマも描く
人間関係に焦点をあてたお話です。
手首だけの幽霊さんがつくる賄いが、とってもおいしそう。

ヤングアダルト向け「YA ENTERTAINMENT」シリーズの文庫化なので、
登場人物たちのキャラや文章はヤングアダルト的で、読みやすいです。
中学生くらいから大人まで楽しみ、味わえる作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック