この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

妖女伝説 (1) (集英社文庫―コミック版) 文庫 – 1998/5


4個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 47
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • 文庫: 314ページ
  • 出版社: 集英社 (1998/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086170965
  • ISBN-13: 978-4086170963
  • 発売日: 1998/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 82,963位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kk 投稿日 2003/6/5
形式: 文庫
エジプトの女王クレオパトラが、王家の秘法によって三度生まれ変わる話です。
物語はドラマチックに展開します。女王クレオパトラ、サロメ、女王ゼノビア…
まったく興味の無かった世界史、エジプトやローマに私をはまらせてくれた一冊です。
本当に面白いです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 名探偵キボン 投稿日 2006/6/9
形式: 文庫
この本の目玉は何と言ってもクレオパトラの怨念物語。

その美貌ゆえ全ての権力を手にし、尚且つその権力に固執する余り不老不死の怨念を受け、3度再生を果たす。

その再生した人物が歴史上の実在の人物で、やはり飽くなき権力の妄信者(サロメ、女王ゼノビア)。

サロメに再生したクレオパトラとイエス・キリストとの邂逅物語は感動的。

女王ゼノビアがローマ軍に処刑されても怨念ゆえに死にきれず、今尚砂漠を彷徨う妖女として描かれる結末には、鳥肌が立った。

人間欲を掻くと不幸になるのお手本である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2010/7/21
形式: 文庫
この第1巻では「砂漠の女王」と「蜃気楼 ファタ・モルガーナ」の二編を収録しています。「砂漠の女王」は「妖女伝説」シリーズ随一の大作で、星野先生の伝奇作品の中でもトップクラスの傑作です。クレオパトラが王家に伝わる“魂(バア)の秘法”により転生を繰り返し、その度に世界の歴史を激動させてゆくという、一大歴史絵巻。

近年の漫画界の風潮なら確実に5巻でも10巻でも引き伸ばせそうなネタを、惜しげもなく250頁余りに濃縮してブチ込んでるんだから、面白くないわけがない。絵も非常に美しく、特に終盤の絵は(中盤までは1980年前後に描かれ、終盤は88年に再開して描かれたものです)、美しい描線による超緻密な描き込み、丁寧に付けられた陰影に、見とれてしまうほどです。文庫サイズで読むのはもったいないほどなので、A5版のジャンプスーパーコミックス版で読んだほうがいいかもしれません。

「蜃気楼 ファタ・モルガーナ」は50頁ほどの中編。蜃気楼を操ると言われる伝説の魔女“ファタ・モルガーナ”に魅入られた一人の男の姿を、哀切を持って描き出した佳作です。と同時に、“幻の島”ハリス島を探索するために飛行船で北極へ向かう男たちの、ロマンあふれる冒険物語でもあります。

「砂漠の女王」
「蜃気楼 ファタ・モルガーナ」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kusyana 投稿日 2003/4/18
形式: コミック
第1巻は、クレオパトラが主人公。
シーザーとともに、世界制覇の夢をもち、暗殺により打ち砕かれたクレオパトラ。
彼女は美貌で、後継者オクタビアヌスを誘惑するが、年を見抜かれ、ローマ引き回しの刑にされる。
エジプトの最後の女王としての誇りをこめて、クレオパトラは自殺する。
しかし、その時エジプトに伝わる転生の秘法を使った。
生まれ変わった彼女は、聖書に出てくる妖女サロメとなり、イスラエルのヘロデ王の前で妖艶な舞いを舞う。
「好きなものを取らす」という王の言葉に、彼女は「パプテスマのヨハネの首を、今すぐここにもってきてほしゅうございます。」という。
当時、神の子と、悪魔が天より(地獄より)来ると言われていた。
王は、首を切る。
もう一人の預言者イエス・キリストは生き残った。
すると、どちらが神の子で、悪魔なのか?
すごい作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック