¥ 1,620
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
女神の&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

女神のタクト 単行本 – 2011/10/27


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

女神のタクト + ともにがんばりましょう
両方の価格: ¥ 3,240
ポイントの合計:  98pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

進め、前へ。音楽は魂だ!
お待たせしました! 『盤上のアルファ』の塩田武士、今度の舞台はオーケストラ!!

職と男を同時になくしつつもただでは起き上がらない女、矢吹明菜。
パワフルな“女神”が弱小楽団で出会った音楽の奇跡、そして、恋。

どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。
偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ――。
笑いがいつしか感動になる、猪突猛進・情熱物語!

『あんたも若い女、若い女って厚かましいなぁ。もう30回ってるやろ』
『黙れパンチパーマっ。これ以上年のこと言うと本気出すわよ』

この時、この場所でしか聴くことのできない音楽がある――

内容(「BOOK」データベースより)

どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ―。笑いがいつしか感動になる、猪突猛進・情熱物語。

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062173220
  • ISBN-13: 978-4062173223
  • 発売日: 2011/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 573,902位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 りょう 投稿日 2011/11/14
形式: 単行本
友人がオケでやっていましたが、音大からオーケストラに
入れてもその後も全国行脚のような日程とか聞くと大変な
世界だなと思っていました。

この作品では、あるオケに天才的な指揮者が入って演奏会を
開くという物語です。

初めて指揮者と楽団員が出会うとき、お互いに相手の力量を
はかり探っていき、信頼ができないとき ふたつはどうなる
のか。。。

表紙の女神は、長年勤めた会社を辞めて放浪していた女性。
彼女は海辺で老人に出会います。たわいもない会話から話は進みます。

そんな序章から軽快な会話は読者を笑わせてくれつつ世界に
引き込んでくれます。最後に進むにつれて 最初乱れていた
オーケストラの音も物語の展開も 高みを目指していきます。

演奏会もままならないオーケストラ、そこに新しく加わる
指揮者、そして女性は 女神になれるのか。。。

最後にそっと本を閉じたときに、ほんわりした気持ちになれます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Psyco 投稿日 2012/2/18
形式: 単行本
とにかくヒロインが格好いいなあ!と思いました。
ストーリー関して言えばご都合主義な展開なのですが、
なんといってもキャラや会話のテンポがよく、ホロリとしてしまう場面もあって、
気にならずに楽しく読めました。
ラストの録音メッセージは胸に迫りました。
前向きになれる、素敵なオーケストラ小説だと思います☆
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yam 投稿日 2011/11/2
形式: 単行本
最初は話の展開が都合良すぎるなぁ?という気もしていたのですがテンポよく話が進み、ラスト近くでは、ホロリときました。爽やかな音楽小説です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 東の閑人 VINE メンバー 投稿日 2011/11/28
形式: 単行本
会話はほとんど関西弁。気に入らないと暴力に訴える女と、とらえどころのない飄々とした老人。内股で歩く引きこもり指揮者に小柄でパンチパーマという変な男が事務局長・・・とどめは・・・楽団名がオルケストラ神戸なんて・・・タンゴ楽団か???

登場人物その他・・・全てが実に胡散臭いんです。(笑)

実際読んでみると話の展開もかなり乱暴。悪口雑言と暴力を伴ったドタバタ喜劇風の小説と言い切ってもOKという雰囲気です。

ところが、「笑いがいつか感動になる」という宣伝文句のように、後半では徐々に真面目な側面が見えてきて・・・過去の憂いを断ち切って笑顔を取り戻すというような・・・結構感動的な結末になってますよ。

そもそも、表紙の裏には見開きで楽譜が載っています。これは何だ?と思って良く見ると・・・どうやらピアノ協奏曲の楽譜???なるほど・・・意外と本格的な面もあると分ります。そして、読み進むと楽譜の曲・・・ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が出てきます・・・。

ドタバタ喜劇の形はとっていても、楽曲は真面目に取りあげているんですね。エルガーやベートーヴェン、ラフマニノフに石川さゆり・・・とか。(笑)どれもそれなりに意味があり、登場人物も同様に音楽的な面での役割をしっかりと果たす展開になっています。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック