数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,850
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 奇跡 [Blu-ray]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

奇跡 [Blu-ray]


参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,060 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,124 (22%)
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,060より 中古品の出品:3¥ 2,950より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ奇跡を今すぐ観る ¥ 300 より


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

奇跡 [Blu-ray] + 歩いても歩いても [DVD] + 誰も知らない [DVD]
合計価格: ¥ 10,255

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 前田航基, 前田旺志郎, 大塚寧々, オダギリジョー
  • 監督: 是枝裕和
  • 形式: Color, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • DVD発売日: 2011/11/09
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (20件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B005FO0BN2
  • EAN: 4934569352873
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 79,729位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

是枝裕和監督(『誰も知らない』『歩いても 歩いても』)最新作! "まえだまえだ"映画初主演!
主題歌「奇跡」と心に残る音楽をくるりが手がけ、子供たちと温かな絆を結ぶ大人たちには豪華キャスト陣が勢ぞろい!

今年最も温かい気持ちにさせられる大型作品が早くもDVD,BDになってリリース!!

九州新幹線の一番列車がすれ違う時、奇跡が起こる。そんな噂がすべての始まりだった。
あなたもきっと、誰かの奇跡。

□■仕様
【毎回映像特典】ショート予告、予告編、TVCM(

■□内容
九州新幹線全線開業の朝、博多から南下する"つばめ"と、鹿児島から北上する"さくら"、二つの新幹線の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて、
願いが叶う――。そんな噂を耳にした小学6年生の航一(前田航基)は、離れて暮らす4年生の弟の龍之介(前田旺志郎)と共に奇跡を起こし、家族4人
の絆を取り戻したいと願う。二人の両親は離婚し、兄は母(大塚寧々)と祖父母(橋爪功、樹木希林)と鹿児島で、弟は父(オダギリジョー)と福岡で暮らし
ているのだ。兄弟は、友達や両親、周りの大人たちを巻き込んだ壮大で無謀な計画を立て始める。
そしてその計画は、人々に思いもよらない奇跡を起こしていくのだった――。

□■スタッフ
脚本・監督・編集:是枝裕和/音楽・主題歌:くるり(SPEEDSTAR RECORDS)/撮影:山崎裕/照明:尾下栄治/録音:弦巻裕/美術:三ツ松けいこ
装飾:松尾文子/助監督:兼重淳/スクリプター:飯塚美穂/キャスティング:新江佳子/VFXアドバイザー:樋口良/スタイリスト:小林身和子/ヘアメイク:酒井夢月
制作担当:新野安行/ラインプロデューサー:藤原恵美子/制作プロダクション:白組/制作協力:ビッグエックス/特別協賛:JR九州 九州旅客鉄道株式会社
「奇跡」製作委員会(ジェイアール東日本企画、バンダイビジュアル、ギャガ、白組、衛星劇場、毎日放送、RKB毎日放送、Yahoo!JAPAN、ジェイアール西日本コミュ
ニケーションズ、ディーライツ、西日本新聞社、エフエム福岡、中国放送、熊本放送、南日本放送、J-WAVE、ジェイアール九州エージェンシー)

■□キャスト
前田航基 前田旺志郎 大塚寧々 オダギリジョー 樹木希林 橋爪功 夏川結衣 阿部寛 長澤まさみ 原田芳雄
林凌雅 永吉星之介 内田伽羅 橋本環奈 磯邊蓮登


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『誰も知らない』の是枝裕和監督が兄弟漫才コンビ・まえだまえだ主演で描く感動ドラマ。両親が離婚し鹿児島と福岡で別々に暮らす兄弟。家族4人の絆を取り戻したいと願う兄の航一は、離れて暮らす弟と共に壮大で無謀な計画を立て始める。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chawanmushi 投稿日 2012/5/31
形式: DVD
この映画は各人物の日常のつぶやき、またやりとりが面白い。
噴煙をあげ続ける桜島に「意味わからん」と主人公が度々ツッコミを入れる。
会話の中で微妙に互いの思いのすれちがいに気づく。
それらが実に当を得て妙である。だから笑ってしまう。何度も何度も…
そういう意味ではストーリーの展開で見る映画ではないのだろう。
つぶやきが度々という点では昨今のツイッターの広まりを反映しているかもしれない。
関西お笑い文化の隆盛が一役買っているともいえる。

是枝監督が子どもを描いた映画としては「誰も知らない」を見ているが、この映画はまったくちがうタッチだ。
(日本の現代的な景観を違和感なく、端正ささえ感じさせる撮り方をしている点は共通しているが。)
ぼんやりしている子供を撮り続けるところ、年配の女性が少女の髪を梳かすシ−ンなどはエリセの「ミツバチのささやき」を髣髴とさせる。
エリセはあるインタビューで演出のプランを超えた奇跡について語っていた。
テレサ・ジンペラは「何も考えないで」というエリセの指示に「何を考えないのかを教えてもらわないと演じられないと抗議」して容れられなかったが、完成した作品を見て「それでよかったのです、もし知っていたらオーバーアクションになっていたでしょう」と語った
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ユイマール 投稿日 2012/7/9
形式: DVD
子どもが子どもそのもの。大人の都合のいいように解釈したり、お涙頂戴の道具にしたりは一切しない、ありのままのイメージ。

 知らない夫婦の家に泊めてもらう場面は心が温まります。こどもには、おとなの心に少しだけ残された純粋さを引き出す力がありますよね。

 7人のこどもの、ひとりひとりの心境を、丁寧に描いています。

 まえだまえだの、生意気なことを言っても嫌味にならない人柄を活かして、さっぱりとした明るい映画に仕上がっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 saku 投稿日 2011/11/12
形式: DVD
「奇跡」なんて起こらないけど 「奇跡」を思う事が大切
主役は 7人の子供達
大人は脇役なんだけど この映画は「旨い」!!
是枝マジック堪能してください!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さいのじ 投稿日 2011/10/16
形式: DVD
「九州新幹線の上りと下りの一番列車がすれ違う時、奇跡が起こる」他愛も無い、どこからともなく子供達が作り出した夢、それを信じてひたむきに行動する子供たちのちょっとした非日常を周囲の大人が暮らす日常との対比の中で描いた作品。子供と言ってもそこは現代、離婚した両親の復縁や女優志願といった現代的な「願」と駆けっこで足が早くなりたい的な昔ながらの「願」とがないまぜなのが可笑しい。子供達が奇跡を信じてだんだん熱くなっていく様は、一方で我々が年をとるに従って身につけた万事諦めがちの考えをどこかへ押しやってくれる。また一方で、我々の眼を「頑張れ!子供たち!」という親や肉親の、いや、人が人に優しくできた時代のそれ変えていく。こんな誰のことでも自分のことのように思える感覚を呼び覚まして感じるハラハラやドキドキが楽しい一方、劇中に挿入された高橋長英とりりぃが演じた老夫婦と子供たちのエピソードが胸を打つ。父方と母方に別れ別れになった二人の兄弟を演じたまえだまえだの二人のキャラクタが対照的でどこかチグハグなのがいいのだが、その両親もかなりチグハグなところもまた可笑しい。平凡な日常を演じ抜いた樹木希林、加えておじいちゃん、学校の先生ら、子供たちを取巻く大人達のおおらかなところも九州人賛歌になっていて気持ちのいい後味を残す。大人達の脇役も見事だったとも言えそうだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2013/6/15
形式: DVD
最初はちょっと単調かな…と思っていたが、中盤あたりから映画の世界に引き込まれていった。

この映画の素晴らしさは、子供達の存在感にあると思う。いわゆる”子役の演技”ではなく、子供たちが一人一人がしっかりと存在感をもっていた。前田兄弟は上手いし、特に弟の方は素晴らしかった。笑わせたり、ほろっとさせたり、時に大人に耳の痛いことを言ったり…なかなかの演技力だったと思う。さらに、他の五人の子供たちもそれぞれに個性があり、しっかり描きこまれていたと思う。
また、橋爪功、樹木希林、原田芳雄等が子供たちの脇をしっかりと固めていた。特に出番は少なかったが、熊本の老夫婦の夫役を演じた高橋長英は素晴らしかった。

ストーリーは、奇跡を信じて新幹線を見に行くという単純なものだが、兄弟双方の家族、友人やその家族、周囲の人々の細かいエピソードを積み重ねることによって、物語の世界を拡げ奥行きのあるものにしていた。単純な子供たちの冒険ではなく、子供たちを軸にした人間のドラマになっていた。計画を立てたり、旅を実行する中で、子供なりに自分を見つめなおしたり、周囲の人や出来事を理解したり、理解されたり、そんな描写にさりげない爽やかさを感じた。特に新幹線を見に行った先で、老夫婦に親切にしてもらう場面では、今時現実にはなかなか有りえないと思いつつも、心温まる思いがした(こ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック