Amazon Kindleでは、 失恋ショコラティエ(7) (フラワーコミックスα) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 463
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ) コミック – 2013/9/10


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ) + 失恋ショコラティエ 6 (フラワーコミックスアルファ) + 失恋ショコラティエ 5 (フラワーコミックスアルファ)
合計価格: ¥ 1,358

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091354653
  • ISBN-13: 978-4091354655
  • 発売日: 2013/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (31件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kiry 投稿日 2014/3/25
形式: コミック
ドラマを見ていて、最終回を含む最後の二話が急につまらなくなって結末もイラッとして納得いかなかったので、原作を買ってみました。
ドラマは原作の内容を再現しながらキャストの魅力やセットなどを使っていい感じに演出して、非常にいい出来だったのだなと感心しました(最後の二話は除く)。サエコは原作でももちろん魅力的ですが、実写の方はさらに良くなってましたからね。石原さとみは非常にうまく演じていたと思います。

原作の方は心情や細かいところまでしっかり描かれているので、内容をしっかりと追うには原作がいいなと思いました。
ドラマが最後の二話でオリジナル展開になったとたん急につまらなくなったのも、やはり原作力が非常にあるからだと読んで改めて思いました。男の心の動きをうまいこととらえていて、心に突き刺さるものが多々あります。そこが非常に面白い。

この巻はドラマがオリジナル展開になる直前までのお話なので、ドラマを見終わってから買う方はこの巻からでもスムーズに世界に入れると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちゃい 投稿日 2013/10/12
形式: コミック
脳内ポイズンベリーの主人公よりサエコのほうが ダークさを隠さないぶん、一貫性があって好きです。 魔性の女と聞くと猫をイメージしがちですが サエコが人に愛されようと努力をしている様は 犬のほうが近いかな〜などと勝手に思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 3びきのこぶた** 投稿日 2013/10/25
形式: コミック
爽太にとっては「そりゃよかったね」と思う巻ですが、
「も〜、男って馬鹿だね・・・」と思いもしました。

あそこまでサエコさんにされたら据え膳食わぬは・・・的な感じはしますが、
エレナはどうするの?あれから連絡してないの?と、読んでるほうはもんもんとします。

でもそこがヤケにリアルです。
いけないこととはわかっていても、好きな人がこっちを振り向いてくれそうだったら
エレナのことは吹っ飛んで、自分の全てがサエコさんに行ってしまうのもわかります。

一度関係を持ったら、タガがはずれたようになるのもあるあるです。
昔エレナに「どんなキスが好き?」と聞いて、エレナが好きなキスの仕方を
エレナではなくサエコさんにしてしまうところも、「バカーーー!」と思うほどリアル。

男の人の単純でわかりやすいところが上手に描かれていて、
何度も読んでしまった巻です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2014/3/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
少し吐き気を覚えるくらいに読んでいてもどかしい。

今回の作中である女性が「世の中の上手くいっている夫婦やカップルはみんな相手をちゃんと気遣ってるよ。当たり前じゃん。それが続けられる相手だから続いてんだよ」という台詞で問いかけます。まさに真理。

「爽太」は結局のところ自分よがりなわけで「サエコ」の気持ちを尊重はしていないし、さらには周囲の女性をないがしろにする始末。「サエコ」は自分がお姫様であり続けることがすべてで、「サエコの旦那さん」は前時代的で話にならない。「薫子」は自分の主義主張を1番と考えるので相手を気遣うことはあまりない。これらの登場人物の恋愛が上手くいくとしたらそれは本当に「単なるマンガ」で終始してしまいそう。まずは徐々に性格に変化が見られる「薫子」がハッピーになる展開に期待。

一方、恋愛に適しているであろう人物は「えれな」や「まつり」「オリヴィエ」。
傍目から見て良い関係に見える「えれな」と「爽太」。きっと「えれな」にとって「爽太」は早い段階から彼氏候補だったのだろう。今回この関係に大きな変化が訪れるのだが「えれな」のその後がとにかく気がかり。彼女の今後を最後まで見守りたい。
「まつり&オリヴィエ」にはもうこのまま幸せで居続けて欲しい。

ちなみに男性読者の目から見
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
92 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てこてこ 投稿日 2013/9/18
形式: コミック
特に夢もなく、何かの為・誰かの為に生きる事もせず、誰かに愛される事ばかり考えて、
自分を可愛い包装紙にくるんで幸せな人生を送ってきたサエコ。
その末路が「あそこにいると・・・あたしはモノになった気がするんだ」と。
いやもう、アンタそんな生き方してりゃ、そりゃそうだよ、と呆れたりするわけで。
何を今更、最初からモノだったじゃないか。

「そろそろ帰った方がいいんじゃない?」という爽太に
「この人王子様かと思ったけど守ってくれないのね」と言わんばかりの冷たい表情に恐怖すら覚えた。
「誰かに守ってもらわなきゃ生きていけないの」アピールが凄いんですが
だったらダンナの元でモノみたいに暮らすのが一番平和だよ、と思ったりする。
まぁこういう女はか弱そうに見えて一番最強なので、
離婚してもしぶとく慰謝料とか取って強く生きていくから放っていても大丈夫。

それより作者にはぜひ、薫子とエレナを幸せにしてもらいたい。
幸せのベクトルが恋愛でなくてもいいから早くなんとかしてほしい。このままだとかわいそすぎる。特にえれなが。
えれなと爽太は始まりはどうあれどう見たって普通のカップルだったのに、
「セフレ」と定義してるだけでこんなにも簡単に縁を切れる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック