通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
夫は犬だと思えばいい。 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付き】多少の汚れ、傷みなどがありますが、古本としては概ね良い状態です。◆検品、簡易クリーニング済み、防水梱包で郵便局のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

夫は犬だと思えばいい。 単行本(ソフトカバー) – 2012/9/26

5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 夫は犬だと思えばいい。
  • +
  • わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)
  • +
  • 伸び続ける子が育つ お母さんの習慣
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 130pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ためしに「夫を犬だ」と思ってみて下さい。ご飯のとき、真っ先にパパにおいしいものを出してあげる。ほとんどそれだけで喜んで忠誠を誓うのですからラクなものでしょう?
子育てに悩み続けるママを救うために。家庭で居場所がなくなったパパの誇りを取り戻すために。超人気塾のカリスマ先生が教える最強の子育てバイブル!

【目次】

はじめに

<第1章>苦しそうな大人たち
誰が学業不振の子をつくる?/NGワードを投げつける/不登校・家庭内暴力の子のお母さん/「夫婦で相談に来てください」の意味/
比較をするから悩みは深まる/ある日見えた核心…母親こそギリギリだった/ズレていく夫婦の感情帰宅不能症候群…お父さんも限界だった/コラム「文章題の指導は、母親以外がよい」
「花まる」の現場から(1)ある夜の夫婦の会話
「花まる」の現場から(2)堂々たる「太陽ママ」

<第2章>うまくいかない結婚後
愛や恋は遺伝子プログラム/結婚は約束事にすぎない/コンプレックスは宝物/異性と付き合えない若者たち/立ちはだかる異性の壁
「花まる」の現場から(3)紫陽花の少年
「花まる」の現場から(4)心揺さぶる修学旅行

<第3章>「夫よ、妻の話を聞こう」では解決できない
「妻の話を聞きましょう」では通じない/無理なものは無理/男はプライドで生きている
「花まる」の現場から(5)宇宙と命と友と
「花まる」の現場から(6)絆に支えられて

<第4章>夫は犬だと思えばいい
女たちの落とし穴/男たちの落とし穴/夫は犬だと思えばいい…意識改革のすすめ/妻を○○と思いなさい/異性の扱い方が上手い人/
「かわいげボックス」に入れ! /「繰り返し」て「言い換え」て「共感」する/男と女の違いとは?
「花まる」の現場から(7)父の愛に触れて
「花まる」の現場から(8)逆境こそ最大のチャンス

<第5章>大人はみんな困っている
講演会の感想から/お母さんからの感想/お父さんたちの感想/社員研修の感想から/先生たちよ、異性を学ぼう/思春期の入り口でこそ、話してあげよう/異性を大切にしよう
おわりに

【著者略歴】

高濱正伸(たかはままさのぶ)
1959年熊本県人吉市出まれ。東京大学・同大学院修士課程修了。1993年、小学校低学年向けに「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。
子どもを「メシが食える大人に育てる」ことが教育信条。教室での独創的な授業はもとより、サマースクールや雪国教室など、さまざまな試みが評判を呼び、たちまち爆発的な人気を得る。
各地で精力的に行なっている講演会は、毎回キャンセル待ちが出るほどの盛況ぶり。
著書に『わが子を「メシが食える大人」に育てる』(廣済堂出版)、『お母さんのための「男の子」の育て方』(実務教育出版)など、多数。※「花まる学習会」

内容(「BOOK」データベースより)

夫婦が変われば子どもは伸びる。カリスマ先生の子育て論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087806413
  • ISBN-13: 978-4087806410
  • 発売日: 2012/9/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
妻がこの本を読んで笑顔で頑張って、その結果身体を壊しても、犬である夫は、頑張る妻に努力が足りないだの、自己管理がなってないだのと精神的な暴力をふるうだけ。

夫こそ、自分達を犬だとでも思わなければやっていけないほどに、いかに妻達が無理をしているのかを知り、いたわりの気持ちをもって家庭に望むべきではないか。

しかしこの本を読んだ夫達は、所謂浮気は遺伝的なものだから仕方ないというのと同じ論調で、犬なんだからなんにもしなくていいと居直り、妻達の不満はやがて仮面夫婦を産み、子供達は結局苦しむはめになる。

なんの解決にもならない。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
結婚当初はよく話を聞いてくれていた主人でしたが、
20年たった今、子育てをしていくうちに
「耳なし」状態になってしまいました。
「こんなに理解しあえない人と、これからも一緒にいていいのか?」
と悩んでいたので、この本を手にとりました。
しかし・・・散々、子育てで悩み、いろいろな本を読んできたので、
「健全な子育てのために、お父さんはお母さんを支えてあげましょう。」
「男と女の思考、行動は違うから理解しあえるはずがないのです。」的な内容は
目新しくなかったです。
「夫は犬だと思えばいい。」という発想はおもしろかったですが、
そこの部分の説明は全体からみると少しです。
筆者の出会った子どもと親の話が中心で、小さなお子さんを子育て中の方にはいいかもしれませんが、
すでに大きくなってしまった子を持つ私にとってはあまり、興味を持てませんでした。
580円ならともかく、1200円を出して読むほどではないかな、と思いました。
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2012/10/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
子育て教育に尽力しながら真剣に悩んだ筆者が10年に渡り辿り着いた結論…
それは"男と女は別の生き物…"ということで、相互理解を図るという提案。

"夫は犬"というタイトルは主婦層をクライアントにする筆者の"男女は別生物"ということを主張するために気配りです。(妻は犬はウケが悪いそうです。)

仕事上、これまでに個人的に数千人の相談を受けていますが…。
実際は"男女"には、世間で思われている程の差はありません。
肉体的、役割的な差異はあっても、精神的または性格的な差はほとんどありません。

また、少数ですが夫婦共に意気投合している組み合わせもあります。

本書で気になったのは後方で男女を比べる表を作り…。
男は旅を目的地に着くこと、女は旅の過程を楽しむ…等と対比させていますが…、
男でも旅の途中を楽しむ為に、自転車や徒歩で旅をしたり、あえて各駅停車の列車に乗ったりする人も多くいます。
また、男はトイレは短く、女は長い…など"それは便秘の確率でしょ。"と突っ込みたくなる項目もあります。
私の知る限りでは男でも"トイレでゆっくりと読書をしたり新聞を読んだり"する人が多くいます。

"男は子育てに無関心"といったくくりです
...続きを読む ›
1 コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
犬と思う・・・というか、全く違う観点で相手を見れば、無駄な腹立ちも感じることはないのかな。。と面白く読みました
。夫にも読ませよう。。。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さくら トップ1000レビュアー 投稿日 2013/12/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
「女の当たり前」は男には通じないのです。
と同時に「女には理解できない」男の心理というのがある。

「解決のカギは女性が握っている」
やはり女性が賢くなって、上手に男性(子ども)を動かすしかないと思いました。

男は犬と同じで、群れを大切にし、縦の関係を大事にする。
後に来た犬(子供)のご飯を先にされるのは許せないのです。

子どもが生まれ、妻が育児を優先する生活が始まると
夫婦間の不和の原因となる。
定年後、出掛ける妻に「オレのメシは?」と言うのも
ご飯が一番大事だから。

男はただ家族のために頑張りたい生き物なのだ。
女は「家族のために」と言われても納得できない生き物なのだ。

女性のよく言う小さな段取りみたいなものは
男性から見ればどうでもい事なのです。
でも女性は小さな段取りが崩れたことが許せないのです。

「問題を解決しよう」とするお父さんと、
「話を聞いてもらいたいだけ」のお母さん。
このすれ違いはずっと続きます…。
夫婦の溝は深まり、
子どもの問題を解決するどころの問題ではなくなってくる。

「お母さん
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック