Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,000

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 1,052
買取
こちらからもご購入いただけます
bans store カートに入れる
¥ 4,850
オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中 カートに入れる
¥ 4,850
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
太陽 [DVD]
 
イメージを拡大
 

太陽 [DVD]

5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (68件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,850 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 226 (4%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、プレミアメディア ☆土日祝日も休まず発送! 検品ていねい・在庫確実☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。  返品については出品者のリンクからご確認ください。この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ太陽 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 432 より

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

太陽 [DVD] + 映画『太陽』オフィシャルブック
合計価格: ¥ 6,988

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: イッセー尾形, ロバート・ドーソン, 桃井かおり, 佐野史郎, 田村泰二郎
  • 監督: アレクサンドル・ソクーロフ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: クロックワークス
  • DVD発売日: 2007/03/23
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (68件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000MEXANI
  • EAN: 4532640303242
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 14,347位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

「太陽」は、戦争という悪夢の中で引き裂かれる、ひとりの人間の苦悩と孤独、そして、彼の愛する家族をめぐる映画である。
悲劇に翻弄され、傷ついたひとりの人間。彼の名前は、昭和天皇、ヒロヒト。

ベルリンを始め各国の映画祭で上映され絶賛の声が上がるも、日本での公開は不可能と言われた"人間として昭和天皇"を描く衝撃作!多くのタブーを乗り越え奇跡の全国劇場公開!最終的には100館を超える超拡大ロードショー。2006年最大のヒット作品がついにDVD発売決定!!

【ストーリー】
彼の名前は、昭和天皇、ヒロヒト。1945年8月。その時、彼は庭師のように質素な身なりをしていた。宮殿はすでに焼け落ち、天皇は地下の待避壕か唯一被災を免れた石造りの生物研究所で暮らしていた。人は、彼を神の子孫だと言ったが、天皇は「私の体は君たちと変わらない」と言った。戦況は緊迫していたが、彼は戦争を止めることができなかった。その苦悩は悪夢に姿を変え、午睡の天皇に襲い掛かる。 うなされるように目を覚ます天皇の孤独。彼は「私は誰からも愛されない」と呟き、遠く離れて暮らす皇后と皇太子たちのアルバムに唇を寄せた。日本はまだ闇の中にある。やがて連合国占領軍総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見の日が訪れる。彼はひとつの決意を胸に秘めていた・・・。

【商品仕様】デジパック+スリーブ仕様
カラー/本編115分/2005年/ロシア・イタリア・フランス・スイス/片面2層/16:9ビスタサイズ/5.1chドルビーデジタルサラウンド

【スタッフ】
監督・撮影:アレクサンドル・ソクーロフ
脚本:ユーリ・アラボフ
音楽:アンドレイ・シグレ
編集:セルゲイ・イワノフ
出演:イッセー尾形、ロバート・ドーソン、桃井かおり、佐野史郎、田村泰二郎、ゲオルギイ・ピツケラウリ、他

【映像特典】
オリジナル予告、劇場予告

Amazonレビュー

   ヒトラーやレーニンも自作の題材にしたアレクサンドル・ソクーロフ監督が、昭和天皇を主人公に、終戦の年、8月15日の前後を描く。空襲から逃れるため、地下室で生活する天皇(=ヒロヒト)が終戦を決意する苦悩に焦点を当てながらも、ヘイケガニの研究に安らぎを求め、訪れる米軍兵士に「チャップリンに似ている」と言われて喜ぶ姿など、人間としての天皇を映像化。日本人にとって興味深い仕上がりだ。
   イッセー尾形は、口をもごもごさせる仕草など、本人の癖を巧みに採り入れつつ、人間味溢れるヒロヒトを好演。侍従らとのやりとりでは笑いも誘う。ソクーロフ監督はセピア調の映像で当時の雰囲気をかもし出し、夢の場面で魚が爆弾を落とすなどシュールな描写も挿入。外国人が描いた日本にしては違和感が少ない。天皇の描写を含め、さまざまな意味で問題を投げかける作品ではあるが、人間になることを許されなかったひとりの運命として観ると、これほどインパクトの強いドラマも少ないだろう。多くの葛藤はラストで、皇后役、桃井かおりの一瞬の表情に凝縮されるのだ。(斉藤博昭)

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
39 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 「あ、そう」の美学 2008/12/14
投稿者 Van Damme
形式:DVD
 観て、まずとても賢い選択を採ったと。なぜなら、この映画が何故2年に渡って警戒されてきたのか理解できないほどに、昭和天皇だけにピントが合わせられた作品だったからです。私はもっと、「終戦時の混乱」もピリピリ伝わってくるような作品だと思っていました。
 だとしたら、観客の意見が真っ二つになる恐れがありました。そして彼はそれではいけないと思ったのか、外国人監督という立ち位置を意識してか、単純に昭和天皇そのものにしか関心が無かったのか、「ヒロヒト」に迫り続けました。

 その試みは奏功していて、イッセー尾形の、淡々と、そして完壁にこなされた演技の端々から、「ヒロヒト」の人間臭さを感じ取ることができました。たまにひいてしまうくらいに。その一端が「あ、そう」。聞いた話によると、昭和天皇には数種類の「あ、そう」があったそうで、近臣はそれで陛下の御心を感じ取っていたそうです。こういう奥ゆかしい、簡潔なコミュニケーションに憧憬をおぼえます。
「実際の昭和天皇がこんな人だったのか」と盲目的に信じたりもしませんが、ユーモアがあり、慈愛があり、どこまでも謎めいている。そんな「ヒロヒト」の旅へ、ソクーロフと一緒に出かけるのも良いんじゃないんでしょうか。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 深い霧がかかったような空気感 2012/9/28
投稿者 イッパツマン トップ500レビュアー
形式:DVD
 本作で描かれた歴史的エピソードは、深い霧がかかったような本作のエンド・ロール映像が象徴的なように、本当のところは何も誰にも分からない。その不透明な空気感をソクーロフはよく掴んで視覚化していると思うし、また謎めいているが故に捉えどころがない被写体に化けてみせたイッセイ尾形も、よく頑張った。彼をキャスティングした理由は、どこかほんの少しだけユーモラスな要素をソクーロフがヒロヒト像の中に見つけたかったからだろう。だが、勿論、そんな彼の想像が当たってるのかどうかも「藪の中」である。

 なお、この映画を撮ったソクーロフは旭日双光章を2011年に受勲した。もしかしたら、実際の皇族の姿を知る宮内庁関係者が案外本作に共感したのかもしれないが、これも勝手な私の想像である。
このレビューは参考になりましたか?
40 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 我が父親と共に鑑賞したい 2007/3/23
形式:DVD
私の父は元宮内庁職員です。陛下の侍従ではありませんが、陛下の

お人柄などはよく話してくれたものです。

宮内庁の内情など知っているので、よく公開が可能になったと驚きました。

作品はよくあそこまで調べあげたと感心しました。よくぞそこまで陛下の心情を表現したなと思いました。

イッセー尾形さんが、ただ似ているのではありませんね。

「あっ、そう」には何種類かの言い方がありますが、使い分けが巧みでした。

ラスト近くになるにつれ、お心の痛みが伝わってきたの覚えています。

私は右でも左でもありません、ただ他の方々より陛下を身近に感じていたのです。

心から父と鑑賞したいと思います。

父がどう感じたかを話し合いたいものです。
このレビューは参考になりましたか?
65 人中、51人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 イッセー尾形に最大限の賛辞を 2007/11/19
投稿者 アジアの息吹 トップ1000レビュアー
形式:DVD
廃墟となった東京の描写以外は、
とても外国人が撮った作品とは思えぬほど
違和感のない『洋画』である。
多くの資料に当たっているであろう点は
安い典型的日本イメージに溢れたエキゾチック映画に比し
高い評価に値する。日本人が撮れないという点も含めて。

映画前半部、退避壕の中での息詰まる生活描写は
『ヒトラー〜最後の12日間〜』を彷彿とさせるが
セピア色の映像から来る印象は遥かに淡いものである。
怒鳴り散らすヒトラーの最期に比べると
カニを覗くヒロヒトの姿に、彼を知らぬ外国人は
また別の狂気を感じたのだろう。

俳優にとって、この作品への出演は社会生活を送る上のリスクであったろう。
ブルーノ・ガンツと同じリスクを背負ったイッセー尾形には
最大限の賛辞が捧げられるべきだ。
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 耐がたきを耐え、 2007/4/5
投稿者 キサンジ
形式:DVD
‘その題材ゆえ、公開が危ぶまれた’なんて、書いた雑誌もあったが、そんな理由で公開しなかったら、こんな恐ろしいことはないぞ、日本。なんて思ったが、無事公開、DVD発売。

この作品の監督は「エルミタージュ幻想」の監督で(例の1カットで映画一本撮ったっていうアレです)、この作品のDVD持ってて、3回観て3回とも途中で寝てしまったので、この作品は大丈夫かなと思ったが、いやはや素晴らしい。

独自の映像美もさることながら、人間・昭和天皇を描き、人間たろうとする昭和天皇と周囲のズレ、戦時下、浮き上がる皇室の存在、当時の日本の奇妙な社会体制を見事に描き出している。

近年、ドイツ人がヒトラーを題材にした映画を撮った。

この映画を撮ったのはロシア人だ。

残念なのは、なぜ今まで日本人自らの手で、天皇を題材にした映画を撮ることができなかったのか、しないのか?

天皇を語ることがそんなにタブーなのだろうか、なんて考えてしまった。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 この映画が作られたこと自体が奇跡
賛否両論の映画ですが、まずこの作品を見てもらいたいと思います。ソクーロフが造らなければ、絶対にありえなかった映画です。この映画自体が作られたことが奇跡だと思います... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: まりあ
5つ星のうち 4.0 作品は5つ星
9月27日に発送と言って、メール便で到着が10月1日でした。メール便というものがどのくらいでつくのか見当がつかず、心配しました。
投稿日: 12か月前 投稿者: 神谷智子
5つ星のうち 5.0 監督の美学にはじまり、イッセー尾形氏の力でしめる
『なぜなら…闇につつまれた国民の前に太陽はやってくるだろうから』... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: のじり
5つ星のうち 5.0 知られざるヒロヒト天皇の生活と信念・・・
この映画が外国人の監督が描いたことに驚く。
どれだけ脚色があるのか、ないのかわからない。... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: nora
5つ星のうち 4.0 シュレディンガーの猫ではないけれど。
昭和天皇という波乱の近代を生きた一人の王族の姿に着想を得て、
しかしかなり幻想的なカリカチュアもされた異色のエンターテイメント作品。... 続きを読む
投稿日: 2012/9/19 投稿者: おりおなえ
5つ星のうち 5.0 まさに、太陽
ソクーロフ監督の映像は実に深い。
ロシア映像全般に言えることだが、映像が深い霧に包まれているような感じで、独特の重みがある。... 続きを読む
投稿日: 2012/8/24 投稿者: マイヤ
5つ星のうち 2.0 うぅーん、何と評価すべきか困惑の一作です…
様々な要因で今日にいたるまで(…今後も?)日本では実現不可能だった企画であるのは間違いなく、太平洋戦争終結前後を背景とした『昭和天皇/裕仁』のプライベートな人物像... 続きを読む
投稿日: 2012/2/17 投稿者: ジークハイル
5つ星のうち 5.0 かつて人々から「神」と見なされていた一人の人間
大抵の映画では、そこに人間が映されている。では、その人間が「神」だとされていたらどうだろうか。見た目は他の人間と何も変わらず、特別に何かを持っているというわけでは... 続きを読む
投稿日: 2012/2/15 投稿者: kirintani
5つ星のうち 1.0 緊迫感がない
昭和天皇自身の描写は他の方が書かれているので置いておいて
周りの大臣や侍従に緊迫感が全然感じられませんでした。... 続きを読む
投稿日: 2012/1/15 投稿者: チェリー202
5つ星のうち 2.0 手抜きが目立つ
タブーとされるテーマに挑戦したその意気はよし、であるが、手抜きが気になった。... 続きを読む
投稿日: 2011/3/11 投稿者: adong
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
なぜ日本人には作れないのか。 1 2011/08/05
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック