Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
太陽系はここまでわかった
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

太陽系はここまでわかった [単行本]

リチャード・コーフィールド , 水谷 淳
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,263 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容紹介

地球外生命体へのメッセージを携えたヴォイジャーから30年。
地球は、太陽系でただ一つの生命を抱える惑星と思われていた。
だがその間、惑星の研究は飛躍的に進んでいたのだ!
手探りだった初期の調査から、探査船は驚くべき進歩を遂げ、生命の発見可能性は、いまや飛躍的に高まってきている――。

内容(「BOOK」データベースより)

地球外生命体へのメッセージを携えたヴォイジャーから30年。地球は、太陽系でただ一つの生命を抱える惑星と思われていた。だがその間、惑星の研究は飛躍的に進んでいたのだ!手探りだった初期の調査から、探査船は驚くべき進歩を遂げ、生命の発見可能性は、いまや飛躍的に高まってきている―。

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/8/5)
  • ISBN-10: 4163704809
  • ISBN-13: 978-4163704807
  • 発売日: 2008/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 793,033位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By k007
形式:単行本
ガリレオが天体望遠鏡を初めてのぞいたのが1609年のことだそうだから、400年ほどたったことになる。その後、人類は徐々に太陽系の姿を明らかにしているが、特にここ十数年の惑星探査の実績は目を見張るものがある。本書は、そうした太陽系探査の最新の成果までをまとめたもので、記述は中心から外縁へ、すなわち太陽から始まって冥王星及びカイパーベルトまで及ぶ。

例えば火星の章では、フォン・ブラウンによる「火星計画」の紹介をへて、パーシバル・ローウェルによる運河の話、そしてカール・セーガンらが主導したヴァイキング計画など、縦横に話題をふった上で、二機の探査装置ローバーに及ぶ。また、土星の章では太陽系探査史における金字塔「ホイヘンス」によるタイタン探査を紹介する。

どれもこれもわくわくする内容で、訳も的確。十分に楽しめる一冊である。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 平易な文章でよく理解できた。 2012/5/1
形式:単行本
イギリス放送大学に籍を置く著者は、サイエンスライターであり最新の研究成果などを間近で見てきた人だから、惑星や衛星の最新の研究成果などを本当に読みやすく平易な文章で書いている。
隕石の重爆撃期時代を経た地球は、プレートテクト二クスによって地球の表面が更新されてきたから月の表面のように顕著なクレーターの痕跡が少ないこととか、18世紀〜19世紀に活躍したフランスの数学者であり物理学者であり天文学者であつた、「ラプラスの魔」で有名な「ピエール・シモン・ラプラス」が星雲説を提唱したことなども本書で知ることができた。
外惑星観測が可能なのが当たり前になった現代まで、数々の失敗を乗り越えて創意工夫をしながら太陽系探査機の開発に携わった科学者や技術者達が辿ってきた道のりを事細かに知ることのできる一冊だと高く評価したい。
このレビューは参考になりましたか?
形式:単行本|Amazonで購入
ちょっとオタク気味の細かい記述もありますが、それが天体オタク君達には、嬉しい本だと思います。

というか、オタクっぽくならないと・・・・・・なかなか読み進められないかも?(^^)
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック