数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 1
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

太陽はひとりぼっち Blu-ray


参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,626 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 558 (11%)
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,626より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

太陽はひとりぼっち Blu-ray + 情事 [DVD]
合計価格: ¥ 9,252

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報


商品の説明

内容紹介

『情事』(60)、『夜』(61)と共にアントニオーニ絶頂期の三部作を形成する一本にして、その最終章にあたる本作は、三部作の中最も前衛的な趣きをたたえ、ほとんど実験映画を思わせる大胆な表現によって観る者を前代未聞の映画体験へと誘う。

現代のローマ。婚約を解消し空疎な毎日を送る若い女ヴィットリアと、証券取引所勤めの青年ピエロ。二人は素人投機家であるヴィットリアの母を介して知り合い、急速に恋愛関係に陥る。もっとも、ピエロはヴィットリアを愛したいと思っているが、ヴィットリアは彼の愛に応えることを怖れている…。
原題は、天文用語で「食」(たとえば「日食」や「月食」のようにある天体が背後にある他の天体を隠す現象)の意。アントニオーニによれば、原題は日食の間に訪れる独特の沈黙、光、闇、静けさ、そこから生じる感情の停止状態を示唆している。
主演はアントニオーニ映画の女神モニカ・ヴィッティ、フランス映画界を代表する伊達男アラン・ドロン、共演はルイス・ブニュエルとの名コンビで知られるスペイン人俳優フランシスコ・ラバル。また、女性歌手ミーナが歌った主題歌(ジョヴァンニ・フスコ作曲、アントニオーニ作詞)は、日本でも大ヒットした。アントニオーニは本作で、1962年度カンヌ映画祭審査員賞を受賞した。
収録:フォトギャラリー
封入:解説リーフレット(執筆:遠山純生 36頁)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『情事』『夜』に続く、M・アントニオーニ監督の“愛の不毛”三部作の最終章。アントニオーニ映画の女神、モニカ・ヴィッティと仏映画界を代表するアラン・ドロンが、現代的精神を体現する男女を好演。62年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞。

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック