Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
太陽の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

太陽の塔 (新潮文庫) 文庫 – 2006/6/1

160件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 105
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 太陽の塔 (新潮文庫)
  • +
  • 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
  • +
  • 四畳半神話大系 (角川文庫)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森見/登美彦
1979(昭和54)年、奈良県生れ。京都大学農学部大学院修士課程修了。『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101290512
  • ISBN-13: 978-4101290515
  • 発売日: 2006/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (160件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 obachannel 投稿日 2004/3/2
形式: 単行本
この本の特徴を一言で言うと「文体」である。世界の思想を語るよ
うな壮大な単語を駆使し、日常生活の機微を自身と自負に満ちた言
い切りの文章で切れ味よく写し取っていく。

そこで語られる内容は、男ばかりのむさくるしいばかりの生活であ
り、汗臭さでむせかえるようだ。たとえば徹夜で飲んだ次の日の記
述は圧巻である。ねっとりとした臭気を肌で感じさせる。飲んだ次
の日の倦怠感と自己嫌悪的な重苦しさをべたべたと背負いつつ自分
のねぐらに帰り、再度眠りにつくのだろう。

水尾さんに袖にされた主人公森本は恋愛とはいまや無縁で「水尾さ
ん研究」にいそしむ京大5回生。気宇壮大天上天下唯我独尊な内面
と、瑣末な日常生活に一喜一憂し埋没しがちな実寸大の自分とのギャッ
プが、諧謔的な笑いを誘う。

そう、この小説は笑えるのだ。背伸びをし虚勢を張っている主人公
の内面の理屈は、首尾一貫しているように見えながら実は融通無碍
であり基本的に「すべて彼らが間違っている。なぜなら私たちは正
しいからだ。」という「真理」から「論理的」に導かれるため、完
全無欠なのだ。この真面目くさった屁理屈がだんだんと笑いを誘う。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2009/10/4
形式: 文庫 Amazonで購入
主人公はひたすら傲慢不遜でその上やってることはただのストーカーなのだが、長篇一本通して読者に嫌悪感をまったく催させない微妙な匙加減がほんとすごい。
インテリストーカーをこれほど愛すべき存在として描出する筆力とバランス感覚は見事としか言いようがない。
主人公の持つ傲慢さや過剰な自意識は学生時代の男子ならばだれでも通過するものとして共感できるように描かれているし、やってることの悲壮さや惨めさもユーモアにまで見事に昇華している。
どちらのマイナス要素をも作品内でプラス要素に転換しているのだ。
文体も非常に面白い。意図的に前時代的な文体で面白みを引き出す手法なのだが、巧いなあ。
単なる思いつきだけで、ここまでの長篇を書ききれるものではない。確かな文章力、豊富な語彙、知識、教養がバックボーンにあって初めて書ける馬鹿小説。
知識や教養、洞察力が不毛な方面に活かされているのは主人公だけでなく、この作品構造自体についても通じている。
しかし不毛さを突き詰めるとひとつの芸として成立するという好例でもあり、同時に主人公同様に悶々と日々懊悩する底辺インテリたちの希望でもある逸品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カズキョン 投稿日 2004/4/27
形式: 単行本
修学旅行でしか知らない「古都京都」だが、ここに描かれている京都は狭くて、寒くて、へんてこな世界。
京都に土地鑑がないのが残念。
知っていればもっと楽しめそう。
一気に二度、読みました。
展開のよさ、スピード感、若さゆえのばかばかしさがあってすごく楽しめる小説。
それにしても、頭がよすぎるのも考えものだなー。
一般人が感じえないものごとも、よりいっそう深みにはまって考えてしまう精神構造が笑えるのだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/25
形式: 単行本
埒のあかない京大生男子のどんよりした日常が活写された前半は笑いっぱなし。この描写だけでも作者の実力のほどがうかがわれます。ファンタジーノベル大賞といいながら、どちらかというとこっちのほうがメインのような気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 わだんら トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/8/18
形式: 文庫
漱石、百間への憧れが強い文体がオタッキーで、なかなか面白い。話の展開は、山本周五郎への憧れが強いかとも思う。今回、新潮文庫の夏の特集の1冊にも選ばれていて、近くの本屋さんではちょっとしたブームのようになっている。今はモテモテじゃないでしょうか。
 妄想のかなた、失恋からの再生を学生時代特有のドタバタをまじえて書いているあたりは考えつきそうでなかなか考えつかないコロンブスの卵。実を言うと、もう少し「権威ある京大生」というところを完全に笑い飛ばして欲しかったような気もしないこともないが、一気に読めるので、まあ、こんなところか。
 この秋、見事に大学に合格した甥には、この本と、東野圭吾の「あのころぼくらはアホでした」を薦めようと思う。そうして、勉学に恋愛に友情に妄想に思いっきり取り組んで元気に生きていって欲しいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック