¥ 1,080
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
天才ド&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

天才ドリル 立体図形が得意になる点描写 単行本(ソフトカバー) – 2008/2/13


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 589


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

天才ドリル 立体図形が得意になる点描写 + おりがみで学ぶ図形パズル + 天才ドリル 立体図形が得意になる点描写【神童レベル】
合計価格: ¥ 3,240

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

著者からのコメント

■やはり立体図形はつまずきどころだった

 今年の2月に、『天才ドリル 立体図形が得意になる点描写』を刊行したところ、おかげさまで読者のみなさまからたくさんのご支持をいただきました。

 お子さまの反応もよかったようで、ありがたいことに、

「少しずつ集中力がついてきた」

「楽しみながら、空間の把握が早くできるようになった」

「勉強している感覚はなく、楽しんでやっている」

といったおはがきもいただきました。

 このようなみなさまの声を聞くにつけ、肌身で感じていたことではありますが、

「やはり立体図形は、中学受験でよく出題されているのに、ここでつまずいてしまう子はまだまだたくさんいる」との認識を新たにしました。



 立体図形の感覚は、継続して取り組ませることで身につくものです。

 そこで、みなさまからの続編へのご要望に応える意味も込めて、前版をヴァージョンアップさせた本書をつくりました。

 本書は、「前版の復習問題」(天才編まで)+「新作の面・線対称の問題」(神童編)という構成になっています。

 そのため、前版を解いたお子さんも、前回同様、楽しみながら取り組むことができ、さらに高度な問題にも無理なくチャレンジできることと思います

(今回、はじめて本書を手に取られた方は、ウォーミングアップのためにも、若干易しい前版を先に解かせることをお勧めします)。 --このテキストは、 単行本(ソフトカバー) 版に関連付けられています。

出版社からのコメント

<著者よりコメント>
「立体図形」は、中学受験でよく出題される問題でありながら、小学生が最もつまずきやすい問題の一つです。
実際によくあることなのですが、小学校高学年の児童に、事前に練習をさせないで、立方体を描くように指示したとします。
すると、驚くことに、正しく描ける児童はごくわずかで、ゆがんだ立方体を描く児童の方が多いことがわかります。
また、ゆがんだ立方体を描く子に、口頭で「正方形と平行四辺形を組み合わせて描けばよい」といくら指導しても、上達はしません。
結局、立体図形が苦手な子は、頭の中でイメージできていないからです。

立体感覚も、ほかの学習能力と同じように、年齢とともに向上していくものですが、これまでの指導を通じてわかったことは、
適当な年齢でタイミングよく刺激を与えると、立体感覚が養成され開花することがある、ということです。
たとえば、ご存じのように、幼児期に積み木を使って遊ぶことは、立体感覚の養成に有効なことがわかっています。
では小学生の時期に、立体感覚を養成するのに最適なのは何でしょうか。それが、この「点描写」です。
実際、ゆがんだ立方体を描く児童に、「点描写」で練習をさせてみたところ、すぐに要領よく描けるようになりました。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 112ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887596200
  • ISBN-13: 978-4887596207
  • 発売日: 2008/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 18 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 15,002位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

40 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CCB 投稿日 2008/3/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
小3の息子は、図形が大の苦手。

いろんな教科書ワークを買い与えてみても、まったく興味を示さない。
そんなとき、店頭でこの本を見て、買ってみたところ、
これならできそう、と少しずつがんばっています。

段階的にレベルが上がる構成になっているので、
「ここまでできたよ!」とだんだん自信がついてきたみたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ryukoro 投稿日 2008/9/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
息子が「天才」と言うことばに引かれ、黙々と物指しを使って図形を描いています。
すごい集中していてビックリです。
あっと言う間に初級編が終わってしまったので、続編が発刊される事を楽しみにしています。
点描写と「立体王」「なぞぺ〜」など併用すると、ある程度図形への苦手意識がなくなるんじゃないかな、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しめじ 投稿日 2009/2/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
読み間違えや、うっかりミスの多い一年生の息子に購入しました。
このような場合、文章を丸写しするトレーニングが良いと国語の勉強方の本に書いてありましたが、こちらは図形力も養われるので、これから図形の学習が始まっていく低学年の子供には一石二鳥でオススメです。
もちろん、図形が苦手な中学年以上の子にも良いと思います…。

星4つの理由は、白黒で低学年の子には面白さや楽しさ少ない点と、更に本自体が普通のドリルと違い小さいので、これも低学年の子には扱いづらいことです。
この2点がクリアされれば、私にとっては希望通りのドリルです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 後生畏るべし 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 正立方体(六面体)□を広げて平面にしたらどのような図になるでしょうか?次の1から5のうち正しいものを選びなさいという内容の問題がありました。そんな問題を思い出しました。本編は、課題の図形を右に映すことから始まり、「これは簡単だ」と思っているうちに、複雑な立体が回転してどのような形になるかを問われる問題へと変わり、「はて?」という感じで、難易度が上がります。頭がねじられるような感じが笑えました。いずれこどもにもやらせてみます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 berrysmama 投稿日 2014/6/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
脳トレみたいに普段と違った刺激を子供達に与えられたらいいかな、と思って購入。初級・中級・上級・天才!とレベルが上がっていくと、初めは甘く見ていた子も真剣にやるようになります。立体感覚や図形分野が苦手な子には、もしかしたら喜んでやるようなものではないかも。中1数学の教科書に、もろ出てくるような立体図形もあります。  面白いのは天才!レベルの90度回転。数個の積木が重なったものを90度回転させたらどう見えるか、を想像して書くと言うのは大人でも結構頑張らないとなりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック