この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大韓民国の物語 単行本 – 2009/2


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,020


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

韓国内で猛攻撃を受けたベストセラーついに翻訳!親北朝鮮、反日の韓国の歴史はまちがっている。ソウル大教授の歴史学者が書いた本当の韓国の歴史。これを機に「新しい歴史教科書」作りがはじまった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

李/榮薫
1951年生まれ。ソウル大学校商科大学経済学科卒業。1985年、同大学院において「朝鮮後期土地所有の基本構造と農民経営」という論文で博士学位を受けた。その間、1977年から1982年にかけて芝谷書堂の漢学五年課程を修了した。以後、韓神大学校経済学科(1985~1989)と成均館大学校経済学部(1982~2002)を経て、現在、ソウル大学校経済学部教授として在職中である。経済史学会と韓国古文書学会の会長を歴任し、現在、社団法人落星垈経済研究所の所長を務めている

永島/広紀
1969年生まれ。筑波大学第一学群人文学類(史学主専攻・東洋史コース)卒業。九州大学大学院人文科学府博士後期課程修了、博士(文学)。外務省専門調査員などを経て、佐賀大学文化教育学部准教授。専門は朝鮮史学・日韓関係史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 347ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/02)
  • ISBN-10: 4163703101
  • ISBN-13: 978-4163703107
  • 発売日: 2009/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 123,983位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 (⁎˃ᴗ˂⁎) 投稿日 2013/3/15
形式: 単行本 Amazonで購入
韓国人にしては感情で歴史を語っていない。まともな先生。
内容はすでに知っている話ばかり。

多くの韓国人学者はまともな実証をせず、願望で脚色する。それが教科書になり、小説やドラマで繰り返し誇張して書かれ、いつしかあたかも事実であるかのように定着し、民族の記憶となった。
今や間違った認識を法律で公然化させるまでに至った。
李 榮薫先生1人で反論するには危険が伴うほどだ。
きっかけは、民族主義が吹き荒れた朴正煕時代。歴史家達はありもしなかった事実を作り出すことにより政治家と一般大衆の民族主義的な期待に答えた。
韓国では嘘でも自分に都合の良い嘘ならそれでいいのだ!

「日本の朝鮮統治は収奪だった」
これは事実ではない。
収奪ではなく輸出だった。法制度も整えられ、市場も活性化し経済が潤った。
土地が収奪された事実もない。
歴史家が「片手にピストルを、もう片手に測量器を抱えて」とおおげさに描写したが、そんな事実はない。
土地は朝鮮人の古くからの小作農に有利な条件で払い下げた。日本からの移民ではなくて。
日本が来てから差別が解消され平等な社会になった。
両班と平民が言葉を交わすようになり、白丁にも戸籍が与えられ人間扱いされるようになった
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 馬場伸一 投稿日 2009/5/6
形式: 単行本
本書の読後感は、実に爽やかであった。
読者は、韓国史における「意外な歴史的事実」の数々とともに、筆者が「事実」と向き合う姿勢の真摯さ、骨太な知性の逞しさを知ることとなる。

およそ、政治的言説と不可分となりやすい歴史認識において「事実を事実として論じる」ことが容易であったことはめったにない。我が国においても言論の「こわばり」に類することはいくらでもあった。筆者が「事実を事実として論じた」あとに起こったことどもについて本書は淡々と報告しているが、知性には「勇気」の裏打ちが必要であることを、教えられる。

本書が、日韓の多くの人に読まれることを願ってやまない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鐚一文 投稿日 2009/7/19
形式: 単行本
 著者は歴史家を「歴史と格闘する知識人」であると定義しています。そしてその歴史とは一般大衆の過去の出来事にたいする集団的な記憶のことをいい、よって歴史は特定の利害をもった集団や政治家に操作されやすいから、資料に基づいて大衆にそのことを知らせるのが歴史家の役目であると書いています。

77ページ⇒『私は敢えて言います。このような教科書の内容は事実ではありません。全く事実にそぐわないものもあり、似たような事実はあっても内容が誇張されていたり、誤って解釈されるものが大部分です。びっくりされる方も多いと思いますが、単刀直入に言うと、そのような話はすべて、教科書を書いた歴史学者が作り出した物語です。』

被害の捏造であろうとなんであろうと、日本人をただ恨む材料にするほうが簡単で韓国人に受け入れられ易いのに、事実と事実ではないことを把握して韓国人の精神を向上させようとしています。日本によい顔をしているわけではなく、日本のしでかした事実は厳しく批判した上での母国への愛のむち。韓国を愛しているからこそ、逃げないで事実を認識してほしいという情熱によって書かれた本です。

著者は歴史学者ではなく歴史家なんですね。韓国人の認識している歴史と格闘していますもん。国を良くしたいという思いがバシバシ伝わってきます。自分の歴史観と合わないからとバッシングして著者のような人を潰そうとするのか、冷静に受けとめるのかで国の将来はかなり変わってくると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 日本 たろう 投稿日 2009/12/8
形式: 単行本
日本、アジアの近代史に興味の有る方には一読の価値ありかと。(当たり前ではありますが)どの国の国民も自国の立場からの論理で歴史観を持ちそれを信じておりますが、それが歪められた愛国心教育によって培われたものであったとしたら彼らのナショナリズムも当然歪んでしまいます。それが次世代へ継承されていくということはなんと恐ろしいことでしょうか・・・
著者は韓国人という立場にありながら実に緻密に、冷静に歴史のタブーと向き合い、違った歴史観を私に授けてくれました。日本人の私には時に耳に痛くつらい内容もありましたが、それよりも「こんな(韓国での一般的な歴史観を否定する)内容の本を韓国で出版して著者の身に危険はないの?」という感想の方が強く残りました。
本書は歴史を冷静に、客観的に見つめていきたいと考える私にはひとつの良い教材となりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック