Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 724

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
大震災’95 (河出文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

大震災’95 (河出文庫) [文庫]

小松 左京
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,026 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【まとめ買いで最大30%OFF!】journal standard Furnitureオリジナルブックカバー
ここでしか手に入らない、Amazon.co.jp限定journal standard Furnitureオリジナルブックカバー全8デザイン。文庫新書ハードカバーの3サイズ展開(ハードカバーは一部のみ)。ACME Furnitureと合わせていずれか2点で20%OFF3点以上で30%OFF。 対象商品をすべて見る

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

大震災’95 (河出文庫) + 3・11の未来――日本・SF・創造力 + 完全読本 さよなら小松左京
合計価格: ¥ 5,346

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

『日本沈没』の作者は巨大災害に直面し、責任感に突き動かされるように、その全貌の記録と総合的な解析を試みようとした。阪神・淡路大震災の貴重なルポにして、未来への警鐘を鳴らす名著、待望の復刊。

内容(「BOOK」データベースより)

巨大災害に直面した『日本沈没』の作者は、この私たちの体験を風化させないためにという祈りを込め、責任感に突き動かされるように、その全貌の記録と総合的な解析を一年間にわたり精力的に行った。阪神・淡路大震災の歴史的ルポにして、未来への警鐘を鳴らす名著。単行本未収録「阪神大震災の日 わが覚書」他を巻末に収録。

登録情報

  • 文庫: 413ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/2/4)
  • ISBN-10: 430941124X
  • ISBN-13: 978-4309411248
  • 発売日: 2012/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 424,286位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 小松左京の取材力はすごいですね 2012/3/25
毎晩、5日かかったが読了。1996年6月刊行された単行本を文庫化。

1995年1月17日午前5時46分52秒。阪神・淡路大震災。

その後の4月から1年間に毎日新聞に毎週連載された異変の記録である。本書は震災直後、その後の復興と同時並行のレポートであり、徐々に明らかになった初動対応の遅れの事実、学者らとの対談により活断層や前兆現象、こころのケアを話題にしている。

その時になにがあったかの一次資料を残しておくことは重要だ=本書のテーマである。

7月18日付の全国紙夕刊に、政府が中央防災会議を開いて防災基本計画を24年ぶりに改定したとの記事が出た、という(9月9日の章、163頁)。ここに取り上げられた基本計画の4つの柱とは、'@国家中枢への情報伝達系統の確立と強化。'A自衛隊の協力強化。'B近隣自治体や公共機関の相互協力、ボランティアや外国からの救援の受け入れ。'C一般市民も自主防災態勢を強化する、である。

今では、どこまで出来上がっているのだろう。これらを支える人的な訓練が政府側ではなされているのだろうか。

本書を読んでいると、今では流行語になった「想定外」というキーワードが頭に浮かんでくる。当時は、海溝型地震(三陸沖、東海東南海など)を想定してきたが都市
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xadab5318)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック