中古品の出品:2¥ 2,357より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

大怪獣空中決戦 ガメラ対ギャオス [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 2,357より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオスを今すぐ観る ¥ 216 より

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


登録情報

  • 出演: 本郷功次郎.笠原玲子.丸井太郎.北原義郎.夏木章.上田吉二郎.蛍雪太郎
  • 監督: 湯浅憲明
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • DVD発売日: 2007/10/26
  • 時間: 87 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000UABXAG
  • EAN: 4988111284181
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 179,802位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

●超音波メスを発射するギャオスとの空中バトルが見所。
本作にてシリーズ初の主題歌「ガメラの歌」が登場!子供の味方という設定も始まった。

<ストーリー>
富士火山帯の異常活動で目を覚ました怪獣ギャオスは、300万サイクルの超音波メスであらゆるものを真っ二つに切り裂く。
子供に襲い掛かろうとしたその時、ガメラが富士の噴火に引き寄せられ姿を現す!

<特典>
予告編

<キャスト>
本郷功次郎/笠原玲子/丸井太郎/北原義郎/夏木章/上田吉二郎/蛍雪太郎

<スタッフ>
監督:湯浅憲明
脚本:高橋二三
音楽:山内正
特撮合成: 金子友三
特殊撮影: 藤井和文

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大映が手掛けた本格怪獣映画「ガメラ」シリーズの第3弾。富士火山帯の異常活動で目を覚ました怪獣ギャオスが、300万サイクルの超音波メスであらゆるものを真っ二つに切り裂く。陸・海・空を舞台に、ガメラとギャオスの死闘が繰り広げられる。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 セノピー のっぽ君 VINE メンバー 投稿日 2012/5/18
形式: DVD
私が初めて観たガメラ作品が「ガメラ対ギャオス」でした。
映画館のスクリーンいっぱいに繰り広げられる、怪獣同士の闘いは子供の目には圧倒的なリアル感をもって本物に映りました。

ギャオスの造形、生物としての設定が素晴らしい。
コウモリに似ているが、グライダーのように飛行し、無敵の切れ味を誇る超音波光線で、あらゆるものをまっぷたつに切断する。
新幹線も(もちろん0系)ヘリも怪獣映画ではお馴染みのF104も切られてしまう。
ガメラも腕、頭部、尻尾をやられてしまう。
太陽に弱い、人間を常食するなどドラキュラに似ているのも面白い。

戦いは何度も行なわれ、人間も英知を尽くして挑むが、あと一歩のところで失敗するか逃げられてしまう。

最後の手段として自ら山火事を起こし、ギャオスを苦しめガメラを呼び寄せる作戦に出る。

作品中、観客の主役である子供たちの分身のような存在の英一君の子供ならではの本質を見抜く観察力がギャオス攻略の決め手になるのが自然に描かれているのも特筆すべき点である。
また、英一君の演技が、それこそオスカー賞ものでここまで子供を自然に演じることのできた俳優は他にいないんじゃないでしょうか。

特撮も戦いの場が山中、空中、海上
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2002/10/16
形式: DVD
富士山周辺の村を通る道路建設を巡って、金丸村長率いる村人達と道路公団の建設職員達が対立する中、地底から飛行する吸血怪獣ギャオスが登場。ガメラでさえ敗退したギャオスを倒そうと、人類は敢然と立ち向かうが……。
怪獣映画は多々あれど、ドラマ部分でのバランスが一番取れているのは本作ではないでしょうか。
特に感心したのが、子役の使い方。後のガメラシリーズがそうなってしまったように、子供を主役に据えた怪獣映画というのは「子供だまし」という形容しかできないような作品が多いのですが、ここに出てくる金丸村長の孫・英一(阿部尚之)がいい。最初に怪獣を発見するのは当然、目撃者として呼ばれた対策会議で「ギャオースと鳴くからギャオスだよ!」と主張して無理矢理ギャオスという愛称を定着させたり、ガメラに助けられて背中に乗ったり、村の土地を高く売るという思惑が外れて村長を責め立てる村人達に「おじいちゃんをいじめるな! おまえらだって欲張ってたじゃないか!」と自分のおもちゃを投げつけて応戦したり、ポイントを押さえまくり。
こういった部分が出しゃばらずに、ガメラやギャオスのリアルな描写、常にギャオスの弱点を把握してそこを突く人類側の作戦がバランス良く配置され、実に完成された構成に感心させられます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モンスターボーイ 投稿日 2006/9/4
形式: DVD
人気シリーズ第3弾。後にだんだん低予算&子供向け化してしまうガメラですが、この頃は内容もしっかりしていて今でも十分楽しめます。そして何より、敵であるギャオスを怪獣というより動物として扱っていたのが個人的には嬉しかったです。最後にこの映画でガメラを演じた新垣輝雄さんは、「怪獣総進撃」(1968)でラドンを演じて、「ウルトラマン」(1966)、「ウルトラセブン」(1967)では、登場する怪獣や宇宙人の大半を演じた人です。今はどうしているのかなぁ・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ken 投稿日 2013/5/26
形式: DVD
子供の頃、親にせがんで観に行った映画。(今は跡形もない金沢大映だったんだろうなぁ)
ところが、当時の東宝怪獣映画(伊福部昭の音楽はおどろおどろしいが、怪獣自体はかなりユルくなっていた)とは全く違って、大映の怪獣は血を出すんだ!こんな巨大な生物が本当に生きていると思っていた(?)。
ギャオスの殺人音波光線でガメラの前肢が血を噴き出しながらちぎれかかったり、ガメラの頭頂部から血がドクドク流れ出したり。
しかも、その血が赤ではなく、濁った緑色。
今思うと赤い血では子供にはショッキングすぎるので、緑色にしたのかもしれないが、緑の血でも十分ショッキング!
ギャオスも、人間を食べたり、食いちぎられた後肢が日光を浴びると縮んだり。まるで吸血鬼。
大魔神シリーズや怪談映画もそうだが、大映映画には子供に長くトラウマとして残るものが多いように思う。
いずれにしても、「ガメラ対バルゴン」(大人のどす黒い欲望のぶつかり合いが子供にはやはりトラウマ)と並んで昭和ガメラシリーズ中の傑作だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック