通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
大学と&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2012 10/15 第三刷 角、フチに多少のヨレ、コスレあり。他、目立った外傷なく、概ねコンディション良好です。*used商品(中古品)につき、多少の使用感、経年変化はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

大学とは何か (岩波新書) 新書 – 2011/7/21


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 428


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

大学とは何か (岩波新書) + 大学教育について (岩波文庫) + 大学の教育力―何を教え、学ぶか (ちくま新書)
合計価格: ¥ 2,333

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いま、大学はかつてない困難な時代にある。その危機は何に起因しているのか。これから大学はどの方向へ踏み出すべきなのか。大学を知のメディアとして捉え、中世ヨーロッパにおける誕生から、近代国家による再生、明治日本への移植と戦後の再編という歴史のなかで位置づけなおす。大学の理念の再定義を試みる画期的論考。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉見/俊哉
1957年東京都に生まれる。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究・メディア研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/7/21)
  • ISBN-10: 400431318X
  • ISBN-13: 978-4004313182
  • 発売日: 2011/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 32,906位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Y. Naito 投稿日 2013/1/1
形式: 新書
著者は現在、東京大学で副学長、教育企画室長、大学総合教育研究センター長といった役職に就いており、「入学時期等の教育基本問題に関する検討会議」委員も務めています。東大発で世間を騒がせている「九月入学」にも相応にコミットしているものと思われます。
ヨーロッパの歴史の中で、いかなる要請に基づいて大学というものが成立し、いかなる経緯によって日本がその制度を取り入れたのか、その後、どのように変容していったのかが、著者の観点からきわめてわかりやすく語られています。単なる制度の変遷ではなく、どういった人々が、どういった志を持って集うことで大学という場が生まれ、その後、大学に集う人々とその営みがどう移ろっていったのかという視点が与えられているため、展開が活き活きとしており、ぐいぐい読みすすめることができます。
また、多額の教育費を家庭が拠出せざるをえない状況を、国家が長年にわたって放置しつづけた結果、さまざまな歪みが蓄積した現在の日本の中等、高等教育の異形についても、端的に指摘しています。その上で、現在の日本において、大学に求められる、また大学が果たすべき使命は何かを真摯に考えることで結んでいます。学術研究としての価値は私には計れませんが、私のような生命科学を専攻する大学人にとっては、他に求めがたい価値のある一冊でした。
「九月入学」をはじめとする東大の動きに同調する
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Bibliothekar 投稿日 2011/8/16
形式: 新書
 気鋭の社会学学者が、自らの足許「大学」を再検討する議論で、その包括性と議論の視野の広さは、今の日本の大学が対峙する問題を総合的に取り扱う。大学の歴史に関しては、古代から中世、ルネサンスを経て、近代のヨーロッパの大学、特にフンボルトが建学したベルリン大学創設とその思想性を重視、従来大学史研究者がやや敬遠気味であったカントの諸学部の闘争の意味にも深く言及した力作。
 日本の大学は、今まさに危機に直面する。その諸構造を明らかにするために、既存の大学論を総ナメして、あるべき大学論と日本の隔絶ぶりを指摘し、再建の方途を探る試み、大学に務める立場で大きなエールを送りたい小さな力作の登場である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 絵本朗読者 投稿日 2012/7/30
形式: 新書
カルスタの人が書いた大学論、というくらいの関心で読み始めたのだが、各章、各節で完結した叙述でまとまっている上に、非常にわかりやすい論理の運び、大学について語られる様々なイメージがこの本のおかげで整理された。とてもよい本だと思う。引用され根拠とされる文献も、大学論としては著名なものばかりで、なるほど、これらをまとめるとこうなるのか、という感じ。具体的にいくつか挙げると、フンボルト理念の英米への影響、シェイクスピア文学に依拠するアーノルドの試みはまるっきりベルリン大学そのものように思われたし、アメリカの古典的な大学に研究志向を追加してできたのが大学院というのも腑に落ちる。日本の大学制度の発展についても興味深い。通常は、東京大学の歴史が中心となるのだろうが、メディアという観点を中心に据える本書では、むしろ自発的なネットワークと出版メディアを備えた私学の方がオーソドキシーという扱いであるのが面白い。さらには、私学が、かたやキリスト教、かたや法律学校から出発している点が、神学部と法学部からなるヨーロッパの大学に近いという点で、国立より私学の方が大学の理念に合致しているとも書いてあった。極めつけは、官僚制的経営体としての大学の未来をどう占うか、というところだろう。もっとも、ウェーバー「職業としての学問」の文脈ではいわんとすることはよく分かったのだが、残念ながら、本書の中でおそらく最も言いたかっ...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ざんくさん 投稿日 2013/2/25
形式: 新書 Amazonで購入
ヨーロッパでの大学の発祥から始まり、フンボルト思想やアメリカでの大学院の発明、そして大衆化した現在の大学、現在の日本の大学の法人化や秋入学問題まで扱っており、現在の大学を取り巻く問題の歴史的位置づけが読み取れると思います。大学関係者(に限らず)は是非一読ください。日本の大学が直面する閉塞感のようなもの、それを大きな歴史の流れのなかで考えてみるのもいいと思います。ここ10、20年で大学はもう一度死ぬのかもしれません。そして、その後、不死鳥のように再び蘇るのかもしれません。今、私たちがいるのは、大学の終わりの始まりで、フンボルトが出てくる直前の時代なのかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 新書
本書は、中世の大学、近代国民国家における大学、大日本帝国における大学、そして戦後日本の大学と、大学の変遷を追い、それぞれの特徴を明らかにしたうえで、現在大学が直面している危機までも論じている。
たいへん包括的な内容だが、章ごとに要点がしっかり押さえられているので読みやすい。
また、メディアとしての大学およびリベラルアーツと専門知という視点から大学の変遷を捉えるという切り口も成功している。
とくに面白いのは、戦後日本の大学改革に関する章だ。
そこで論じられている問題は、まさに現在進行中だ。
大学はどこへ行くのだろうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック