この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

夢の足音がきこえる Single, Maxi

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の 水原薫 ストア


登録情報

  • CD (2008/11/26)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: Lantis(K)(M)
  • 収録時間: 17 分
  • ASIN: B001GM72JS
  • EAN: 4540774405503
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 156,022位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 夢の足音が聞こえる
  2. delight and alive
  3. 夢の足音が聞こえる (off vocal)
  4. delight and alive (off vocal)

商品の説明

内容紹介

TVアニメーション『喰霊-零-』のエンディングテーマは、水原 薫が歌う
「夢の足音が聞こえる」。

2008年秋アニメで、最も「驚き」のあるアニメーション、『喰霊-零-』。
驚愕の第1話で四課を葬った、諫山黄泉。
その黄泉を演じるのが、水原 薫です。
エンディングテーマである「夢の足音が聞こえる」は、『喰霊-零-』そして「黄
泉」と完全にリンクした楽曲。
メロディ、アレンジ、歌詞、全てが『喰霊-零-』と「黄泉」をイメージして作られています。
『喰霊-零-』に興味を持った方は、必聴の楽曲です。

カップリング曲も「黄泉」を意識して作られた楽曲。
こちらもご注目ください。

『喰霊-零-』、始まりました。

メディア掲載レビューほか

声優、水原薫がシングルをリリース!未知の存在、ダークホースながら期待大の作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 naught VINE メンバー 投稿日 2008/11/27
形式: CD
TVアニメ「喰霊 -零-」のEDテーマソング。
歌うのは同作品にて土宮神楽の姉代わりの存在で、後に敵となる諫山黄泉を演じる水原薫さん。
OPの「Paradise Lost」が神楽をイメージして作られたのと同じように、こちらは黄泉をイメージして作られています。
作詞はc/wも含めてランティスの顔とも言える畑亜貴さんが担当しているのですが、相変わらずの良い仕事で、見事に黄泉というキャラクターを捉えた歌詞に仕上がっております。
まず「夢の足音がきこえる」ですが、こちらは作・編曲を数々のアニメやPCゲームの主題歌を作ってきた虹音さんが担当し、儚さと力強さを兼ね揃えた楽曲になっています。
また、歌詞には黄泉の葛藤や後悔、諦めといった感情が表現されており、内容を知っている方には納得の出来だと思います。
対して、c/wの「delight and alive」の作・編曲はBEMANIシリーズで有名なTatshさんとランティスの楽曲ではよくお目にするchokixさんが担当。
しっとりとした儚い楽曲に、黄泉の神楽に対する想いや決意などの感情が込められた歌詞が相俟って、ある意味「夢の足音がきこえる」よりも黄泉らしさが出ている楽曲になっています。

どうしても茅原実里さんが歌うOPの「Paradise Lost」と比
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 marx 投稿日 2010/11/21
形式: CD
アニメを全話見た人にとってこの曲は名曲中の名曲であろう。
名曲の条件は派手なストリングスやキャッチーさ、そして音程の完ぺきな人が熱唱することでは決してない。
アニメのテーマである愛情、嫉妬、独占欲、葛藤そしてイノセンスの消滅。最後に黄泉が選んだのはインセンスの復活、死であった。
前半部分だけならポリスの”見つめていたい”が最適だと思うが、すべてを総合するとやはりこの曲がよい。

水原さんの不安定で少し揺れている声はまさしく”黄泉”そのものである。
そして哀愁巻を帯びたマイナー調のメロディーとギターもいい。
作詞者と作曲者が同じでないのにこれほど巧く溶け合っているのはすごいと思う。

2も曲調は同じであるが力強さであるとか暗い決意に対するふっきれた感じは1に比べると少しおとなしい感じがする。

このアニメの主人公ーその心を中心に描かれた人ーはやはり黄泉だと思う。
この曲は地味ではあるが少なくとも黄泉を知っている人には傑作である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アニメ「喰霊 -零-」のED曲を収録したシングル。
歌うのは主人公の1人、諫山黄泉役を演じる水原薫さん。

曲自体の良さもさることながら、作品内容とリンクした歌詞もあいまって素晴らしいと思います。
OP曲ばかりが注目を浴びがちですが、作品の雰囲気にはむしろこちらのほうが合っているような気さえします。
C/W曲の「delight and alive」は作中では使われていませんが、リードトラックに負けず劣らずの名曲です。

どちらもアニメ本編を全て見た後に聞くと、より一層切なすぎて泣けます。
水原さんの歌声も良いと思います。

他のアルバム等にはフルサイズで収録されていませんので、ぜひこのシングルで楽曲を聴いてもらいたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
タイトル曲の「夢の足音がきこえる」、c/wの「delight and Alive」共に
黄泉の心情を歌った曲です。
物語で彼女は神楽との楽しい日々を送るのですが、悲しい結末に。
そんな神楽への想いと自分の置かれている現実が切なく綴られています。
どちらの曲も、爽快と言うものとは掛け離れている曲ではありますが、
聴くたびに切なく、メロディも儚さの中に美しさがあるように聞こえます。
どちらかと言うと聴くと沈んじゃう曲ですが、ココロに訴えかけるものがある
ので何度も何度も聞き返してしまう、そんな曲です。

ただ、作品を見た後と見る前でどのうように聞こえ方が違うかが今更ながら凄く
気になりますね。

喰霊の続編でないかなぁ…。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック