Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 夜のピクニック(新潮文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
夜のピ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。aa1258
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

夜のピクニック 単行本 – 2004/7/31

380件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724 ¥ 9

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

夜のピクニック + 舟を編む + 天地明察
合計価格: ¥ 5,292
ポイントの合計:  108pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第26回(2005年) 吉川英治文学新人賞受賞
第2回(2005年) 本屋大賞受賞

商品説明

『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!
POP王の作品を拡大する POP姫の作品を拡大する

(Copyright© Web本の雑誌 POP王 POP姫)


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 342ページ
  • 出版社: 新潮社 (2004/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103971053
  • ISBN-13: 978-4103971054
  • 発売日: 2004/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (380件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,772位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

137 人中、114人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゴブリン男爵 VINE メンバー 投稿日 2008/6/19
形式: 文庫
本作品に出てくる「歩行祭」と同じイベントが、私の母校にもありました。
真夜中に駐車場でワイワイ騒いで、近所のおじさんに怒鳴られたりしたものですよ。
私は、「とにかく早くゴールしたい派」で(本作品にもそういうヤツがいますね)、友達とダベることもなく一目散にゴールを目指していました。
内心は、女子とお喋りしながらちんたら歩いて、楽しそうにゴールする人たちのことを羨ましく思っていましたけど^^;
でも、「俺はそんなキャラクターじゃねぇし」と硬派ぶったりしてね。
素直じゃなかったなぁ・・・。

社会人になって同窓会があった時、既に人妻になっていた高校時代の憧れの女性から、「あの時、一緒に歩こうと思って探したんだよ〜」と衝撃の告白!!
「うわぁぁぁぁ青春し損なったぁぁぁ!!」と激しく後悔しましたよ。
本作品の終盤で、主人公の1人である融が「もっと、ちゃんと高校生やっとくんだったな」と後悔の言葉を漏らします。
が、私から言わせると、「何言ってんの融。ギリギリ間にあったじゃん。贅沢言うなよ」ですよ(笑)

読了後に私が抱いた感想は、こうです。
『青年には青年にしか、中年には中年にしか、お年寄りにはお年寄りにしか生きられない人生がある。前ばかり見て突っ走るのではなく、ゆ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 譲葉 投稿日 2011/4/4
形式: 文庫
この本を初めて読んだ時、私はまだ中学生でした。
忍といい美和子といい、主人公の友人たちが物凄く素敵で、「私もこんな高校生活送りたい!」と何度も思いました。

しかし最近読み直してみると、どうも「不倫」が引っ掛かって、いまいち楽しめません。
私が特に不倫ものが苦手なせいもあるでしょうが、読んでいてもやもやします。
融が貴子を避けるのは当たり前だろう、と。

美和子の台詞で、自分が貴子の立場だったら、融と仲良くして、周りにも見せびらかしちゃう、というようなものがありました。
当時はこの言葉で、美和子をスマートでかっこいい高校生だと感じました。
しかし今は、融の母親の気持ちを考えると、あり得ないと思ってしまいます。
貴子の母親についても、中学生の時は良いお母さんだなぁ、と思っていました。
しかし、今になって考えると、元愛人が葬式に顔を出すってものすごい修羅場だろう…、と引いてしまいました。

このように感情移入する人物が変わったのは、私の視野が拡がったということなんでしょうか?
不倫行為における最大の被害者である融の母のことまで頭が回っていない様を見ると、確かにリアルな高校生が描かれているのだとは思います。

まあつまりは、中高生のうちに読んでおいたほうがいい本です。色んな意味で;
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 美花絵留 VINE メンバー 投稿日 2005/8/15
形式: 単行本
高校最後の一大イベント、歩行祭。修学旅行の代わりにあるというこの行事。ただただ、80キロの道のりを歩くというそれだけのことだが、生徒たちは、語り合い、大切な人と寄り添いあい、ゴールをひたすら目指す。修学旅行では絶対味わうことのできない、達成感、長い時間をともに過ごすことで得られる友情のありがたみ、、。
自分にとっては遥か彼方昔になってしまったこの時代を、懐かしく思い起こしました。あの頃は人生のうちで一番燃え盛っていたなぁ、と。そして傷付きやすかったなぁ、と。
何も「事件」のようなものはおきず、淡々としたすすみに、前半は少し読み進みにくかったけれど、後半になって彼らと一緒に歩いているかのような錯覚に陥り、「この大切な時間が終わらないで欲しい」とまで、思っている自分がいました。
私自身、高校時代、30キロを歩く行事があったのですが、あれこれ理由をつけ、2回さぼった事を、この本を読んでつくづく後悔しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ringo 投稿日 2007/7/18
形式: 文庫
恩田氏の作品は、やたらと登場人物が多い印象があります。

この作品で言えば、主人公の男女2人、サブキャラが数名。
普通ならゴチャゴチャしてしまう人間関係を、しかし恩田氏は「さりげなく」展開させていく。
それが才能なのだと思います。

新潮社の文庫は割と薄いイメージがあるのですが、この作品は極厚。
始めは「これ読みきれるのかな・・・」と、登場人物が完走(歩?)する前に、
自分が諦めそうになっていました。

「無理そう」から始まり、「まだここか?」、最終的に、「いやだな、もうすぐ終わってしまう」
読書は、歩くことに似ている、この作品を見てそう感じました。
無理かもしれないと思っていた読破が、達成できる。
しかも、読破することを、寂しく感じる。そんな作品です。

高校時代に似たような行事を経験された方は、共感できる部分も多いのではないでしょうか。
ぜひ読んでほしい作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック