Amazon Kindleでは、 夏への扉 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 夏への扉 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF) [文庫]

ロバート・A. ハインライン , 福島 正実
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (90件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 799 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 520  
文庫 ¥ 799  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF) + 星を継ぐもの (創元SF文庫) + 旅のラゴス (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,084

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福島/正実
1929年生、1976年没、作家、評論家、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 383ページ
  • 出版社: 早川書房 (2010/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 415011742X
  • ISBN-13: 978-4150117429
  • 発売日: 2010/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (90件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,855位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
104 人中、94人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 あえて、「聞く」夏への扉を。 2011/10/25
By 武士
形式:文庫
小説の内容については、もう多数の方がこれ以上ないほどの賛辞を送られているので、
あえて、耳で聞く「夏への扉」の話を。
始めてこの小説を読んだとき、たまたま友人に借りていた、山下達郎のオーディオテープが手許にあった。
なにか切なさを感じる曲で、小説を読む前も聞いていたけど、読み出してからいくつもの単語が
リンクするのに気づいた。貸してくれた友人に聞いたら、「あぁ、何か、小説がヒントだとか聞いたことがあるような」と
頼りない返事。
聞き続け、読み続けるうちに、世界観が完全にリンクしていると分かった時! 

終盤の、一気に幸せに向かって突き進む展開と合わせて、テープをエンドレスで流しまくりましたよ!
耳からも、目からも、そして脳裏にも、終わらない夏への扉へ向かっていく一人と一匹の姿が焼きついて離れない!

たぶんもう一生涯でも、あんな幸せな読書体験はないと思う。

名作と称されるSF作品の中でも、珠玉の極みなハッピーエンドを、その小説をイメージした楽曲をBGMに読了する、
二度とないであろうくらい心地よい読後感でした。涙が出た。

この小説を手に取ろうという方は、一度、山下達郎氏が歌う「夏への扉」も聴かれてみては?
このレビューは参考になりましたか?
36 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 素晴らしい翻訳 2012/5/3
形式:文庫|Amazonで購入
自分はミステリーはかなり読んでて、最近SF食指を伸ばしたのですが、何作か読んだ中でこれが一番おもしろかったです。
ところで、ストーリーはもちろんですが私はこの本の翻訳にとても感銘を受けました。
翻訳の中には、英語の文章をそのまま直訳してしまうためか日本語として違和感があったり、あまりなじみのない古い単語なんかが多くて、頭にすんなり入ってこないことがままありますが、この本の訳は違います。結構古い作品にもかかわらず、非常に読みやすい。この翻訳の質の良さもこの本を楽しく読み進められたことの要因だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
79 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By KeY
形式:文庫|Amazonで購入
 「夏への扉」を探し回る(本箱を漁る)が、いつも見つからない。仕方がないので、買ってしまう。その繰り返しで、この本は、この家に、一体全体、何冊あるのだろうか?
 買う度に、表紙が違う気がする。読む度に、感じるものが違う気がする。少年の時は、夢を見た。青年の時は、抗う心の糧にした。壮年の時は、苦痛から逃れる道具にした。老いて、今、再びの白日夢を見るようだ。忘れていた情熱、苦悩を懐かしく思いつつ、良く考えると、この結末の時代を通り越してから、初めて読んだことに、はたと気が付いた。更に感慨深い。
 現世は、作者の想像以上に進んでおり、創造以上に、進んでいない。それでも、人の心は、同じである事を、改めて、嬉しく感じる。人生の際に向かって、また、夏への扉を探してみようかしら。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 夏への憧憬 2011/1/12
By onnma
形式:文庫
遠い記憶のこの小説には、今もかわらぬ温もりがあります。

ピートの焦れる夏への想い、その愛しき本能。

お人好しの主人公とその場所へと辿りゆく、
幾度の奮闘劇に、きっと読者は勇気を得ます。

厳しい冬をよく心得て、こうして話を結べる力。

私のとってのSF小説は、ハインラインの
このユーモアへの憧れなのかもしれません。
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 大きく生きよう 2010/2/19
By Cocoro
形式:文庫
過去と未来を行き来する主人公は、時を変えるごとに価値観も変えてゆく。そして変わらないもの。
普通では早すぎる心の変化は、冷凍睡眠と時間旅行の急激な環境の変化と対比して考えられるから面白い。
この構成が巧いから読み手が感情移入しやすく、大切な事を考えさせてくれる。

扉は開いているのだから前へ進もう
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 時を超えて巡り会えた珠玉の一冊 2012/10/18
形式:文庫
遠い遠い昔の記憶・・・。
あれは私がまだ小学生の事だった。
本好きだった私は図書室で夢中になって読んだ本があった。
それは子供向けに翻訳された「夏への扉」だった。
どきどきワクワクする展開と、眩しい未来の高揚感に
子供ながら感動し、きゅん!と恋を感じてしまった。
 やがて時は過ぎ、高校生になった頃ふと思い出し、
あの感動に再会したと思うようになった。
しかし肝心の題名を覚えておらず、会いたいのに会えない
悶々とした日々が続いた。
当時パソコンもケータイも存在しない時代、インターネットも無い時代。
子供向けの昔の本でSF・・・有るわけ無いかぁ・・・。
SF好きで通学の帰りには毎日本屋に寄っていたある日、
何か気になって手を伸ばした一冊・・・。
「 ん?夏への扉?」ページをめくる。
!!!!!  うわっ! こ れ だ ぁ ・・・!!!!!
そう、ついに初恋の物語に再会できたのだった。

さらにあれから40年・・かぁ。
何度か引っ越しでいろいろ処分してきたが
この本は手放せない珠玉の一冊である。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 夏への扉
Kindleで何十年かぶりに読み直して見たけど、やはり好きだなあ。原作が出たのは私の生まれた年だし、訳が古くさく感じるのはやむを得ない。... 続きを読む
投稿日: 8日前 投稿者: 熊谷五郎
5つ星のうち 4.0 痛快で、読後感が爽やか
SF的には秀逸かどうか分からないが、勧善懲悪でハッピーエンドで、ファンタジーで、

読後感が非常に爽やかである。... 続きを読む
投稿日: 19日前 投稿者: hijikata
5つ星のうち 4.0 懐かしい空気
実は今さらはじめて読んだ。なんというか、ノスタルジックな。
タイトルからのイメージはちょっと違ったかな。
投稿日: 1か月前 投稿者: 原 久高
5つ星のうち 5.0 やっぱり最高でした
35年ん前に文庫本で読んで、今は電子化された本で読んでも面白さは変わらずです
投稿日: 1か月前 投稿者: ドクターエックス
5つ星のうち 4.0 不思議な30年
読みたいと思ってから30年が過ぎてしまいました。まだ途中ですが、現実の30年とハインラインの想像した30年とが実に面白く不思議です。
投稿日: 1か月前 投稿者: 長田一仁
5つ星のうち 3.0 古典SFの傑作と名高いロバート・A・ハインライン「夏への扉」読了
簡単に要約するとタイムパラドックスもの。
この作品が1957年に執筆されたというのだから、... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 なぜ人気なのかが分かる!
実際に読んでみるとなぜこの作品が日本でこれほど人気なのか分かる。
理由はタイムトラベル+萌え。いわゆるオタクにはたまらない。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: fantastic
5つ星のうち 5.0 うまく説明できない
たぶん、三度目の読了。
この物語の良さは、残念ながら言葉で上手く説明できない。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: azami77
5つ星のうち 5.0 タイムマシンものは数々ありますが、古典のナンバーワンをH.Gウエルズの「タイムマシン」とするなら現代ならこれで決まりです。
SFファンなら誰もが認める作品であることは間違いありません。何回読み返しても飽きることはないでしょう。山下達郎さんがつくられた同名の曲も是非聴いてほしいです。彼が... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: mogmog
5つ星のうち 3.0 うーん、、、
内容は今でも十分通じるが、ちょっと古いというか、他の方も
書いている題材なので、現代においては新しさがちょっと足りないかな。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: はり
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック