Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
変身 (新潮文庫)
 
その他のイメージを見る
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

変身 (新潮文庫) [文庫]

フランツ・カフカ , Franz Kafka , 高橋 義孝
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (116件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 350 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹の新刊
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、9年ぶりの短編小説集 『女のいない男たち』。表題作は書下ろし作品。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
文庫 ¥ 350  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

変身 (新潮文庫) + 異邦人 (新潮文庫) + 老人と海 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,246

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

古書について

古書は、 Amazonマーケットプレイス(R)でのみの取り扱いとなります。

・価格は出品者が設定したものです。また、古書には、年月の経過による紙の変質などがある場合があります。購入前にコメント欄の内容、コンディション、価格などの条件を必ずご確認のうえ、ご不明な点は出品者にお問い合わせください。

・古書の出品コンディションは、通常の書籍の出品コンディションと異なります。古書をご購入の前に、出品者にコンディションを確認されることをおすすめします。(コンディション・ガイドラインはこちら

・表示のタイトル、定価などの書誌情報は、発売当時の情報をもとにしている旨あらかじめご了承ください。

Amazonマーケットプレイス(R)の商品は、注文確定後、オンラインでのキャンセルはできませんのでご注意ください。キャンセルをご希望の場合は、出品者に直接ご連絡ください。

・古書についてのヘルプ、Q&Aはこちら--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。

登録情報

  • 文庫: 121ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1952/7/30)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4102071016
  • ISBN-13: 978-4102071014
  • 発売日: 1952/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 0.8 x 10.5 x 14.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (116件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,462位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
115 人中、102人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 現実社会にたくさんいる毒虫 2007/1/30
形式:文庫
カフカは、この作品が出版される際に、「表紙に毒虫の絵は描かないでくれ」と注文したという。

「毒虫」は、あくまで「疎外される者」の象徴である。
いつの時代、どの場所にも「毒虫」はいる。

社会的に疎外される者と、彼らを身内に抱える家族。
「家族だから」と庇護する気持ちと「邪魔だ」と疎んじる気持ちは、矛盾しているように見えるけど、きっとどちらも本心なのだろうと思う。

最後、グレーゴルがいなくなった後、リセットされたかのように晴れ晴れとした気持ちで、娘の将来に期待をよせるザムザ一家。
その未来には、「毒虫」の存在は欠片も残っていない。

この話は説明はなく、オチもない。
しかしだからこそ、その丸投げっぷりと残酷さは、ひどく現実的に思えてならない。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 究極のバッドエンド。 2011/4/18
By la9na
形式:文庫
 装飾や思わせぶりが全くない現実的な文章。虫になるというある種SFじみた設定が淡々とした文体で続くのに、そこにユーモアやナンセンス味、おかし味というものは感じられないし、ホラーじみた怖さすら感じない。寧ろ、在りえない状況に際したグレーゴルとその家族の反応や対応が余りに自然すぎて、切ないだの悲しいだのといった感覚が室内を一歩たりとも出ることのない閉塞感と相まって感じられる。
 今まで家族を養ってきたグレーゴルが虫になることで疎まれ、最後は彼の死が遺された家族の希望となってしまうというオチは究極のバッドエンド。切なさを残す後味の悪い終わり方。
 ふと、介護に疲れた介護者が被介護者を殺してしまう昨今の事件を彷彿とさせた。虫になったグレーゴルというあからさまな出来そこないのお荷物を、それでも捨てきれない家族の情はこの場合逆に無情であるのかもしれない。いっそ逃がしてしまえばグレーゴルにとっても家族にとってもいい結果になったかもしれないのに、結局家のなかで、しかも父の投げたリンゴが致命傷となって死んでしまうのは悲しい。しかもあれだけ熱心に世話してきた妹が最後、捨てようと家族に提案するところも救いようがない。
 何より、どんな扱いを受けても淡々としているグレーゴルの様子が無情を一段と強めている。憤りや不満などを一切嘆くことがないという部分がこの人物の特徴的な部分だと
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
56 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 虫になっただけじゃない、毒虫 2008/8/28
By 古新聞 VINE メンバー
形式:文庫
主人公はある日、職を失い、家族の信頼を失う。
働くべく前の職場に行っても追い返され、努力しても新しい職にもつけない。
やがて家族の中で「こいつはうちに居ない」ことにされる。
部屋から出ることも、家族の輪に入ることもできない。
うっかり人前にでてしまうと、とんでもないことをしたかのように言われる。
あげく、こんななら出て行くのが当然のように扱われ見殺しにされる。
死ぬ前に出て行けばよかったのか、出て行けば何とかなったのか。
これはそう言う話。
「毒虫になった」てのはきっかけでそれは「失業した」「病気になった」「ぼけた」など言い換えることができる。何かがきっかけで家族が家族でなくなるとどういうことになるか。
毒虫から立ち直るのにこの家族は何もしない。毒虫として扱うだけ。
結果、主人公は死に家族はすっきりとふたたび「きれいな家族」として暮らして行く。

いや、恐ろしい話だけど「毒虫になる」を文字通りとらなければ現実にありそうなホラー。
このレビューは参考になりましたか?
68 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 強烈な印象 2007/7/6
形式:文庫
 グレゴール・ザムザはある朝、一匹のばかでかい毒虫に変わっていた。家族の稼ぎ頭であった彼の変貌ぶりに、家族は当惑し嘆くばかりだった。母親は気絶してしまうほどだった。妹は始め兄に食事を差し入れるのだが、グレゴールは姿形ばかりか味覚までも変わってしまったようである。彼の大好きだったミルクが、今では嫌悪感を催す代物になってしまった。視力も虫の必要とする程度まで低下してくる。

 グレゴールが次第に「虫化」するにつれて、家族の態度もまた虫に対するものに変わってくる。毒虫が人目に触れるのを恐れる家族は、グレゴールを軟禁状態にする。だが、寂しさに耐えかねた彼はしばしば部屋の外に現れ、その姿を人目にさらす。父親からリンゴを投げつけられ背中についたままになって動く姿や、部屋に無理矢理押し込まれ背中から血を流したりする描写は痛々しい。しまいには、妹から「これを処分するしかないわ」という言葉がはき出されることになる。

 妹の論理はこうだ。「兄が人間ほどの思慮分別をまだ持っているのならば、家族に迷惑をかけまいと自分から家を出て行くはずだ」まもなくしてグレゴールは息を引きとる。グレゴール亡き後の家族は、家族の一員が亡くなったことを思わせないほど希望に満ちあふれている。家族の前途は明るい。まるでそんな余韻を残して終わっている。

 グレゴールを部
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 毒虫の毒とは
現代の疎外される者、人は個性が過ぎる人を疎む傾向があり、それを誇張することで極限の疎外される者を読書にわかり易い様に書いている。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: SHONAN
5つ星のうち 4.0 読み返し
学生時代に読んだ書籍を読み返そうと購入しました。

ユダヤ的な不条理を物語として、昇華している良書だと思います。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: 前田亮
5つ星のうち 5.0 でっかい芋虫になってしまった青年の話
はじめて読むカフカ。孤独な人だったそうである。文体は非常に淡々としており、どこか第三者的な視点である。シュールレアリズム、実存主義の先駆者であるとのこと。たしかに... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: アーリー
5つ星のうち 5.0
安倍の工房が好きな人は、この作品も好きになるはずである。
とりあえず、妹オイ! ってかんじだ。
時間が許せば、城を読みたい。
投稿日: 2か月前 投稿者: 小泉泰裕
5つ星のうち 4.0 人間って本当に怖い生き物である
ある日突然男が巨大な虫に変身してしまうという奇怪な設定だが、人間の裏をうまく描き出している。20世紀最高傑作と呼んでも過言ではない。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: TYLER DURDEN
5つ星のうち 5.0 満足です
納期も早く商品も満足いくものでした。
また機会があったらよろしくお願いします。
投稿日: 6か月前 投稿者: 木村祐子
5つ星のうち 5.0 そんな深刻なメッセージはないと思う
朝おきたら虫になっていた
そして母親が扉の向こうから「アンタ仕事の時間やで!何寝てんの!」... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: kei
5つ星のうち 3.0 ともかく虫になってしまったんだから、クヨクヨしてもしかたない
... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: カーマイン
5つ星のうち 1.0 ガッカリ
新品のはずなのに、裏表紙は印刷かすれや変色があったりと、書籍の状態が悪くがっかり。返品するのも面倒でガマンしてしまったけど、こんなことなら時間はかかってもTSUT... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: 山口彩子
5つ星のうち 5.0 わかり易い不条理
難解と言われるカフカですが、この「変身」だけは、誰にわかりやすく、数十年ぶりに読んだのに、改めて感動しました。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ぐうたら漁師
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xadfa6ed0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック