この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

士道サンライズ (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2011/5/19


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 196ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/5/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088791622
  • ISBN-13: 978-4088791623
  • 発売日: 2011/5/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミスターI 投稿日 2011/5/21
形式: コミック
「日本人をナメるな」

時は明治19年。近代日本創世の時代。

世界と対等であろうとした日本国としての気概が、
この主人公 雪村のセリフに集約されている。

正直、一冊で完結させるには惜しい作品。
ロシア側の艦長と雪村の日露戦争での再会が見たくなるなあ。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2011/5/26
形式: コミック
「士道」の続編という位置づけだが、前作を読んでいない方でも全く問題なく楽しめる。
主人公が前作主人公の息子という事以外は、前作からのストーリー上のつながりは
無いのでご安心を。
明治政府の軍艦に乗った主人公たちが遭難に遭うというストーリー。
これ以上ストーリーを書くとネタバレになるが、短い話ながらも非常に盛り上がり、
ワクワク感が素晴らしい。
そして作品タイトルでもある「武士道」をこれでもかと見せてくれる。
著者の作品では女性キャラの美しさも楽しみの1つであるが、今回はストーリー上
女性が登場しないのが残念、と思いきや、萌えキャラ(?)も登場する。
長編のプロローグとして最高のストーリー展開であったのに、これで完結してしまって
いるのが非常に勿体ない。是非ともシリーズ化してもらいたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 oneday-jamrock 投稿日 2013/4/17
形式: コミック Amazonで購入
士道とついているだけあって
雪村でした。

「日本人は全員サムライだ」と

なるほどなぁ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 セブンス 投稿日 2011/10/5
形式: コミック
士道 本編を全巻読み終えて、そのノリでこちらも読みました。
世代を超えた続編みたいな書き出しです。

コミックスの内容自体はとても面白い。お勧めです。
ただ、士道シリーズとして読むとなんだか中途半端。
消化不良。
とくに大義を背負っているように感じないのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック