Amazon Kindleでは、 墓地を見おろす家 角川ホラー文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 605
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
墓地を&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫) 文庫 – 1993/12


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫) + ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫) + 黒い家 (角川ホラー文庫)
合計価格: ¥ 1,853

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新築・格安、都心に位置するという抜群の条件の瀟洒なマンションに移り住んだ哲平一家。問題は何一つないはずだった。ただ一つ、そこが広大な墓地に囲まれていたことを除けば…。やがて、次々と不吉な出来事に襲われ始めた一家がついにむかえた、最悪の事態とは…。復刊が長く待ち望まれた、衝撃と戦慄の名作モダン・ホラー。

登録情報

  • 文庫: 330ページ
  • 出版社: 角川書店; 改訂版 (1993/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041494117
  • ISBN-13: 978-4041494110
  • 発売日: 1993/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (56件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 16,520位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 HW 投稿日 2010/7/18
形式: 文庫
1晩で読み終えました。スラスラ読めるので読ませる力のある方だと思います。
後半強引な展開でいくつも疑問が残りました。

疑問

・彼ら(?)は何をしたかったのか?
・何故、一家を狙ったのか?何故他の人は(略
・なんで力があるのに壁を(略
・玲子さんの存在は何だったのか?
・停電中に炊飯器は何故、動いたのか?

ネタバレになりそうな所は(略しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 koukainame 投稿日 2011/1/16
形式: 文庫
ホラーが読みたくて、検索したところ、黒い家、ミザリー、天子の囀り、RIKA……といろいろ出てきた中に
この本も高確率で登場していたので購読しました。

途中まではぞくっとする箇所が何度かありました。

エレベーターでしか行けない地下室や、
哲平が管理人夫妻と地下室に下りたときの怪奇現象など、
ところどころは忍び寄る得体の知れないものにどきどきさせられました。

しかし、結局なぜそのマンションで怪奇現象が起こるのか。
計画倒れに終わった地下道の話の真相は。
墓地の真下に地下道を掘ったことが原因で、死者たちが怒ってこうなったのか?
まったく原因は分かりません。

そのうえ、マンションの住民たちがどんどんいなくなっていくのに、
あんな怖い目にあった主人公たちが1ヶ月もひと家族だけで暮らしていたのも
スゴイ……
仲のよかった家族が引っ越す際に、
霊たちが外に出させまいと、扉を閉めて閉じ込めたりしたのを目の当たりにしたのに。

いったいなぜ残ったのか分からない……
それこそ家具や荷物を倉庫に預けて、ウィークリーマンションに住んだり
なんとでもできるはずなのに、引越し先が見つか
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yuarn 投稿日 2003/10/12
形式: 文庫
怖いという評価があったので、読んでみた。
確かに一気に読めた。でもその理由は、ラストに期待してたせいかもしれない。なので最後のページを読み終えた時、「え?まだあるんじゃないの?」とページを確かめたほど。だけど残るのはあとがきのページだけ。
「得体の知れない何か」に恐怖を覚える人にはよい作品だと思う。
でも私のような「恐怖の原因が何か」を知りたい人にはちょっと不向きな感じがした。どちらかというと、「リング」のような小説が好きな私にとっては少し物足りない。ただ、読む人をぐいぐい惹きつけるその技術には納得。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ajin 投稿日 2013/11/1
形式: 文庫 Amazonで購入
ホラー小説が好きで探してました。
レビューがよかったので購入しましたが・・・

私的には全く面白くも怖くもなく。
つまらない心霊現象の小説だったな~というのが正直な感想。

少し残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 jun_kawamoto 投稿日 2004/12/12
形式: 文庫
徐々に追い詰められて行く心理的な恐怖の描写は、さすが!ですが、最終的にちょっと消化不良な感じでした。何故この家族が狙われたのか、たまたま最後まで残ったからなのか、地下道は存在したのか、ピヨコは彼らを助けたかったのかなど、沢山敷かれた伏線がそのまま途切れてしまった感がありました。後引くもやもや感が好きな人には良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 グズグジ VINE メンバー 投稿日 2004/5/7
形式: 文庫
だいぶ前に読んだ本だけど、もし、これから読もうとする人がいたら他の本を薦めたい。ラストのほうで人間や車がぱっと煙を上げて消えちゃう所があるが、そんなことどう考えたってありえないし…。ラストのほうのシーンは霊とかあの世とかのレベルを超えすぎちゃってて、ホラーとしての凄みを逆に損なっちゃってると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 真琴 投稿日 2006/8/9
形式: 文庫
ホラーの名作は古今東西、圧倒的に短編のほうに多い気がします。

そういう意味ではこの作品は稀少です。現代の傑作ホラーのひとつと言ってよいでしょう。

最後の最後まで「怖いもの」の正体の輪郭は明らかにならず、尻切れとんぼのような終わり方とも言えますが、それをどう捉えるかは読者しだいでしょう。私の場合今だ見えない「怖いもの」がとぐろを巻いていて、それはなんだか自分の近くにもあるような心持ちがします。

主人公の視点にうまく同化できれば、悪い夢を見たときのような後味の悪い恐怖感が味わえます。

恐怖の好みもいろいろあるかと思いますが、想像力が豊かで、感覚的な

怖さを求める方なら楽しめのではないでしょうか。

ホラーのイメージというのは一般的には「黒」なんでしょうが、この作品はなぜか、「白」という感じがします。

挿し絵が入っているのも、漠然とした不安感をかきたてる効果が味わえました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック