この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

場所をあけろ!―寄せ場・ホームレスの社会学 単行本 – 1999/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 429


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

今、ドヤの一室で、公園で、河原で、病院のベッドで、傷つき、病み、老いた日雇労働者が、野宿者が、ひとり、ひとり、「殺されて」いる。仕事にアブレ、ドヤから叩き出され、路上から追い立てられ、すべての居場所を奪われ…。新宿・釜ヶ崎・山谷、寿町、笹島、神戸…寄せ場と野宿者世界の知の解体へ誘う。

内容(「MARC」データベースより)

ホームレスの人々と、彼らが集まる新宿、釜ケ崎、山谷などの「寄せ場」に社会学的アプローチを試みる論考9編を収録。差別の構造や、行政による排除の動き、一般社会との隔離などの問題を取り上げる。

登録情報

  • 単行本: 291ページ
  • 出版社: 松籟社 (1999/01)
  • ISBN-10: 4879841986
  • ISBN-13: 978-4879841988
  • 発売日: 1999/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 520,791位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アウトドア好きのインドア派 投稿日 2011/12/29
形式: 単行本
 かなりの良書だと思います。
 前半の一章から四章までは、日雇労働者がおかれている差別状況やその構造についてが、日雇労働者、マスメディア、参与観察した結果等の視点から書かれている。
 後半の五章から九章は、具体的な場所(震災後の神戸、新宿西口、釜ヶ崎、笹島、寿町)を事例での研究が紹介されている。多くの事例が紹介されつつ、非常にまとまりがあるように感じた。
 また、コラムや脚注が充実しているので、用語などを知らない方にもとっつきやすい一冊になっていると思います。
 都市社会学や差別問題(野宿者だけでなく)に非常に役立つ良書だと思います。

 ※ 私は家の近くの古本屋で200円で買いましたが、アマゾンの中古品なら似た値段で(状態によっては)買えるようなので、かなりお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック