Amazon Kindleでは、 報道の脳死(新潮新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 799
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

報道の脳死 (新潮新書) 新書 – 2012/4/17


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

報道の脳死 (新潮新書) + 「朝日」ともあろうものが。 (河出文庫)
合計価格: ¥ 1,749

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

なぜ新聞、テレビの報道はかくも陳腐なのか?パクリ記事、問題意識の欠如、専門記者の不在……役立たずな報道の背景にあるのは、長年放置されてきた構造的で致命的な欠陥だ。豊富な実例をもとに病巣を抉る。

出版社からのコメント

【抜粋】 はじめに 「3.11報道」で見えた日本の報道の問題点は何でしょうか。「ポスト3.11」という新しい時代に、報道はどんな姿になるのがいいのでしょうか。そのためには何をすればいいのでしょうか。それを議論するための一つの視点を提供すること。それが私がこの本を書く目的です。 2011年3月11日に起きたM9・0の東日本大震災。それが引き起こした巨大津波。そして福島第一原子力発電所の暴走と、放出された放射能による広範囲にわたる放射能汚染。どれひとつとっても国や社会が想定しうる最高度の甚大クライシスです。これより深刻な危機は「戦争」「大規模テロ」ぐらいしかありません。 このクライシスをまとめて「3.11危機」あるいは単に「3.11」と呼びましょう。3.11は日本という国が維持してきた様々なシステムの問題を露呈しました。東京の中央省庁、地方行政、電力業界、学界など、数が多すぎて数えきれないほどです。地震の巣のような日本の上にある原子力発電所が、実は想像以上に脆弱であること。放射能の飛散予測、住民の避難など「万一」に備えた準備をしていない、あるいはしていてもほとんど役に立たなかったこと。その多くが論者の指摘と批判を受けていますので、ここでその全部を上げることはしません。 その中でも新聞やテレビを中心とした「報道」のあまりにも惨めな醜態の数々に、被災者だけでなく、読者・視聴者は激しく落胆し、怒りました。私は福島県の被災者に聞いて回って確かめましたが、報道が機能不全を起こしたために、とるべき行動がわからないまま放射性物質に被曝する実害まで起きています。こうした「報道が本来果たすべき機能を果たさないために、国民の生命や財産が大規模に毀損されること」を、私は「報道災害」と呼んでいます(詳しくは『報道災害 原発編』〔幻冬舎新書〕をご覧ください)。 東京の都心に家族と暮らす一人の市民として、私は放射性物質の影響から避難する必要があるのかどうか、3月11日以降、必死でテレビや新聞を注視しました。しかし結果は虚しかった。いくらそこに書いてあることを丹念に読み、スクラップして情報をつなぎあわせても、逃げるべきかどうか、わからないのです。私は新聞社に17年勤めた「ニュース記事をつくる側」の人間ですが、その私でもさっぱりわからないのです。一般の人々はもっと混乱したことでしょう。 結局、外国のニュース媒体のサイトや政府機関のウエブ、ネットラジオ、果てはツイッター、フェイスブックといったSNSまで連日ぐるぐるまわりようやく「どうやら東京から危急に脱出する必要はなさそうだ」という感触を得たのです。その判断の根拠になった多くは、外国の政府やニュース、SNSで知り合ったアメリカ人やヨーロッパ人が教えてくれた情報であり、日本の新聞やテレビは「存在してもしなくても同じ」くらいに不能でした。 私たちはもう、結論を出していいのではないでしょうか。「戦争にも匹敵する危機の中、市民が命をかけた判断をするときに、判断材料として役立たない報道に何の存在価値があるのだろうか」と。「存在価値はない」と。

登録情報

  • 新書: 255ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106104679
  • ISBN-13: 978-4106104671
  • 発売日: 2012/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 161,062位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

46 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Kkitada 投稿日 2012/4/15
形式: 新書
私は、本書を読んで、著者は、まるで有名なアニメ「北斗の拳」の主人公ケンシロウではないか、と見紛ってしまった。
本書の冒頭で、著者は、こう宣言するのである。
「オールド・メジャー・メディアは、既に脳死(状態)である。」と。
著者は、17年間の朝日新聞での記者経験があり、同社退社後には、9年間のフリーランス記者として活動して来ている。著者は、日本ではとても珍しく、日本の「報道業界」のほぼあらゆる職種を経験しており、現在でも、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の3紙を購読している、という。
著者は、類稀な、報道ウォッチャーなのである。
本書では、その経験や知見が見事に生かされている。
第一章では、「新聞の記事はなぜ陳腐なのか」として、パクリ記事、セレモニー記事、カレンダー記事、えくぼ記事など、上記の3紙に頻繁に登場する記事について解説を施す。
これは、とにかく、3紙を併読していないと、決して分からない内容であり、新聞社内部での記者経験がないと、これらの記事の解説はできないであろう。これだけ読むことができるだけでも、本書を買って読む意義が十分にある。
第二章は、そのような陳腐な記事のオンパレードが何故続くのか、についての分析である。
それは、空間的、時間的、組織的な「断片化」によるものだと著者は言う。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中野拓 投稿日 2012/4/20
形式: 新書 Amazonで購入
3.11からしばらくの後、全くと言ってよいほどTVを見なくなった。口幅ったい物言いかもしれないが、ただ騒々しく、穢らわしいとまで感じるようになったからだ。

 事実、3.11の報道に対して、日本のTVは(それまでと同様)無力だった。地震・津波の直後は、いわゆる当局発表そのままの「20kmの同心円」が描かれた日本地図を背景に、SPEEDIのデータはおろか、風向きすらも考慮に入れない、役に立たない解説がだらだらと流れた。ドイツ気象庁のウェブサイトは早くからトップページで日本地図と放射能の飛散状況を提示していたにも拘わらず、だ。その後、甚大な放射能被害について、当局や東京電力株式会社への、真実を明らかにするような責任追及は何もなかった。東電の、資本・人的ネットワークが、この国の権力構造とどのように、どの程度関係しているのか、TVからは見えてこなかった。絶望した。東京電力が2010年に広告費として260億円もの金を使っていたのを知ったのは、昨年9月の英エコノミスト誌を通してだった。

 新聞でも状況は似たようなもののようだ。このクライシスの最中に、ニュースと呼ぶべきでない、「微笑ましい」逸話を、各社揃ってニュースとして取り上げていたのだ。たとえば、津波で流されずに生き残った、復興のシンボルとなるべき松の木の話など。

 僕は、こう
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 岩田 祐一 投稿日 2012/9/17
形式: 新書
米欧が必ずしも、卓越したメディア環境を有しているとまでも思わないが、

資本、そして競争構造の面においては、
日本のメディア環境に対する、何らかのインプリケーションがあるのではないか。
(直ちに役立つ云々、というより、
 違いを違いとして認識しておく意味があるのではないか。)

・(より意義ある)報道の成立、と、
・資本として(企業として)の成立 
が表裏であることは、

(当たり前だが)
忘れてはいけない、分析点なのではないか、と感じる。

米国にいらっしゃった経験から、
この分析に一章を割かれていたならば、
より著者のカラーが出た(読み物として面白い)
一冊に仕上がったに違いない。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 新書 Amazonで購入
 本のタイトルは「報道の脳死」ですが、今や「脳死」は、世界的な現象となっています。
 
 世界の政治的、経済的な大混乱の原因は、現代エリートの「脳死状態」が原因ではないでしょうか。
 中国や韓国のトップの言動は、彼等が完全に「大脳の脳死状態にある」という事実を物語っていると、私は思うからです。
 
 この本は、朝日と毎日を主体に記してありますが、この両新聞社は既に「マスゴミ」と認定されていますから、既に脳死しています。
 著者は、「[報道の脳死宣告]をする時が来た。私はそう考えます。」と記しています。が、報道の脳死が、今や最終期に入っている事は、マスゴミと認知されている事実が、明確に証明しています。
 
 朝日が、これまでに繰り返した大誤報に対し、「一度も謝らない、訂正もしない」という実態は、「自らの脳死を証明する」事実です。
 
 さらに加えれば、私は「日本教育界の脳死」は、マスゴミ以上と思っています。皆さんは如何でしょうか。

 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック