Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
城下の人―石光真清の手記 1 (中公文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

城下の人―石光真清の手記 1 (中公文庫) [文庫]

石光 真清
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 802 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

城下の人―石光真清の手記 1 (中公文庫) + 曠野の花―石光真清の手記 2 (中公文庫) + 望郷の歌―石光真清の手記 3  (中公文庫 (い16-3))
合計価格: ¥ 2,448

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

☆良好です♪表紙アマゾンのものとは違うデザインです♪本書年数による軽いやけあり♪マーカー等書き込みありません、表紙多少のスレ、キズあり♪注文請けてから本体クリーニング、小口研磨後、防水、保護をして、48時間内に発送いたします☆10段階中87,5

登録情報

  • 文庫: 330ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1978/7/10)
  • ISBN-10: 4122005507
  • ISBN-13: 978-4122005501
  • 発売日: 1978/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 148,265位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
34 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0  近代の幕開け…明治の息吹 2007/3/6
形式:文庫
「坂の上の雲」に出てくる秋山真之はバルチック艦隊とともによく知られているがこの石光真清の名を知っている人は少ないだろう。同じ明治元年(1868)生まれで同じ軍人の道を歩き日露戦では同じ少佐で従軍した。二人は明治という近代日本の歴史舞台の表と裏を生きたのではないか。そして二人とも誠実であった。この手記は年代順に4編に分かれた構成。手記ではあるが時代を超えた伝記小説としての興奮をもたらす。

石光真清は昭和17年まで生きたがそれはまさに時代が歴史を刻むのに歩をあわせた生涯であった。明治維新の動乱とその後の富国強兵策、そして大陸への進出と日清、日露戦役に見る人の世の移り変わりは「坂の上の雲」にも詳しいがこの石光真清の手記もまた編者のいうとおり身をもって日本近代の歴史を前者に劣らず語ってくれる。ともあれ焼却されんとしたこれらの膨大な資料を良く纏め上げた編者(長男真人氏)の労に感謝したい。

 

「城下の人」は題のとおり細川藩士産物方頭取石光真民の次男として熊本城下に待望されて生まれたところから始まる。やがて西南の役が始まり城下の住人として戦火に巻き込まれてゆくが、子供の目を通した新旧の戦いの様や風俗の変化が新鮮だ。樺山資紀、児玉源太郎、野田豁通などその後の歴史上の人物も出てきて興味が尽きない。その後畏敬する慈父を亡くして東京に出
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 それから トップ1000レビュアー
形式:文庫
戦後教育を受けたものにとって、明治維新から日露戦争までの知識はほとんど空白であったのが実情ではなかったか。そこに司馬遼太郎が現れ、坂本竜馬、高杉謙作、西郷隆盛そして日清・日露戦争の人物像を生き生きと描いて見せた。その時代に対する興味や知識を我々に与えた功績は偉大なものと思う。しかし、そこに現れる人物像はあくまでも司馬遼太郎ワールドであり、自分でその時代や実像を確かめてみたくなる。この手記はそのためのよき材料となるだろう。

「城下の人」は、明治元年に生まれた石光真清の手記全4巻の1巻目である。熊本城下で士族の子として育てられ、神風連の乱、西南戦争も身近な出来事として経験する。その後、陸軍幼年学校・士官学校を卒業、近衛師団に配属されて、日本中を震撼とさせた大津事件に出会う。大国ロシアの脅威のなか天皇以下、日本中が不安に駆られた事実が語られる。この手記は、日清戦争後、コレラやマラリアに悩みながら台湾討伐に参加して無事凱旋、ロシア留学を始めるところで終る。明治人の生き方がよく伝わってくる手記である。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まるで大河ドラマを見ているように 2008/9/25
投稿者 sirou55 トップ500レビュアー
形式:文庫
明治元年に生まれた著者が書き残した手記を死後息子の手によって完成させた。大正、昭和にわたる大作で全部で4巻になるが、この巻では生まれてからロシアに留学する明治32年までの出来事が書かれてある。

熊本細川藩の産物方頭取として藩の重責にあった父の四男として著者は生まれたが、明治になって次々と世の中が変わっていく様が子供の目線で正直に書かれてある。武士の子として育てられながら散髪廃刀令によって髷を切り刀を手離すように父にいわれてその通りにするが、相変わらず堂々と髷を結って刀を袋に入れて手に提げて往来を闊歩する神風連の人々に羨望の目を向けていた。
西南戦争では熊本城下に進軍してきた薩摩軍に子供心で見物に出かけ、実際村田新八と言葉を交したりしたが、戦火の熊本城下の様子を家族や親戚縁者を含め城下の人々がどのように生きたか活写している。その後著者は軍人となって日清戦争やその後の台湾討伐に加わるのだが、初めて突撃したときの様子が正直にリアルに書かれてあって説得力がある。

後の大蔵大臣高橋是清がペルー銀山事件に関わってほとんど全財産を失ったことを自伝に書いているが、この国際詐欺事件の代表を務めたのが著者の兄だったとは知らなかった。兄もこの事件で多額の債務を負うことになる。

大きな時代の波の中で家族が必死に生きていく様がまるで大河ドラマをみているように生き生きと描かれている。言葉もやさしくて読みやすい。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
本書(『城下の人』)の著者=石光真清が晩年に原稿焼却の試みを思い止まってくれて、本当に幸いであった。明治元年八月熊本生まれの著者は、年少の頃とは言え、神風連の乱、西南戦争を同時代人として見聞している。幼名を正三といった著者が座敷で目撃した熊本鎮台からの客は、美髯が目立つ不惑の少将谷干城、そして樺山資紀中佐と児玉源太郎少佐の三人だったという。

一方、著者が出会った薩軍の将は、熊本城攻めの総大将を務めた池上四郎と岩倉遣欧使節団に随行しそのままフランスに留学した村田新八だったという。歴史ファンの一人としては思わぬ登場人物にわくわくするが、激戦の田原坂、城山で空しく散った薩軍将帥の最後を、著者は複雑な思いで耳にしたことだろう。

やがて亡父の希望どおり陸軍幼年学校から士官学校に通うことになる著者だが、初めての都会生活での紆余曲折ぶりが面白い。近衛師団配属となり、ロシア皇太子遭難の大津事件に際しての緊張対応や親友との意に副わぬ仲違いなどを経験しながら、青年将校として成長してゆく。

日清戦役では黄塵吹き荒ぶ中での行軍を経験し、続く台湾守備名目での清軍討伐では白兵戦を潜り抜け、蔓延するコレラとマラリアに罹りながらも九死に一生を得た。日本軍部の衛生管理の劣悪さ、無頓着さが記述からよく判る。小隊長に対する従卒の献身ぶりや台湾女性兵士の遺
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 西南の役、熊本編
恥ずかしながら、盧溝橋事変の年に生まれながら、これまで石光真清の存在を知りませんでした。人伝手に知り、まず手始めに「曠野の花」から読み始めました。特に意味があった... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 仁詩邑厚生
5つ星のうち 5.0 人の人生っていったい何なんだろう?
本来は「城下の人」、「曠野の花」、「望郷の歌」、「誰のために」の4編がまとまって一つの作品である。長編である。日記のようなもので、発表を前提としてなく、原稿は一度... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: いか塩辛
5つ星のうち 5.0 滅びゆく武士階級の葛藤と苦闘
断髪に廃刀。神風連の乱に西南の役。時代の奔流に流され滅びゆく武士階級の精神的葛藤が、幼いころの経験をもとに描かれている。... 続きを読む
投稿日: 2012/6/9 投稿者: 魚名
5つ星のうち 5.0 やっぱり髷と刀はサムライの魂だったんですね・・
4部作の第1弾、明治元年に生まれ、マゲを切るところから始まり神風連の乱、創成期の日本軍に参加し日清戦争に従軍。その後、ロシアに渡り諜報活動に従事。日露戦争へと進む... 続きを読む
投稿日: 2009/5/25 投稿者: 日本太郎
5つ星のうち 4.0 近代日本の裏面史
... 続きを読む
投稿日: 2009/1/3 投稿者: Fernald
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック