Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
在日 (集英社文庫 か 48-1)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

在日 (集英社文庫 か 48-1) [文庫]

姜 尚中
5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (61件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 518 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 ¥ 1,620  
文庫 ¥ 518  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

在日 (集英社文庫 か 48-1) + 母 -オモニ- (集英社文庫) + 悩む力 (集英社新書 444C)
合計価格: ¥ 1,868

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「鉄男」から「尚中」へ
朝鮮戦争のさなか、「在日二世」として生まれた著者。その生い立ち、心の遍歴を赤裸々に綴った初の自伝。

一九五〇年、朝鮮戦争が始まった年にわたしは生まれた。なぜ父母の国は分断されたのか。なぜ自分たちは「みすぼらしい」のか。「在日」と「祖国」、ふたつの問題を内奥に抱えながら青年期を迎えたわたしは、日本名「永野鉄男」を捨て「姜尚中」を名乗る決意をした。在日二世として生きてきた半生を振り返り、歴史が強いた苛酷な人生を歩んだ在日一世への想いを綴った初の自伝。文庫化にあたり大幅に加筆。

内容(「BOOK」データベースより)

一九五〇年、朝鮮戦争が始まった年にわたしは生まれた。なぜ父母の国は分断されたのか。なぜ自分たちは「みすぼらしい」のか。「在日」と「祖国」、ふたつの問題を内奥に抱えながら青年期を迎えたわたしは、日本名「永野鉄男」を捨て「姜尚中」を名乗る決意をした。在日二世として生きてきた半生を振り返り、歴史が強いた苛酷な人生を歩んだ在日一世への想いを綴った初の自伝。文庫化にあたり大幅に加筆。

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/1/18)
  • ISBN-10: 4087462536
  • ISBN-13: 978-4087462531
  • 発売日: 2008/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (61件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 196,794位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
153 人中、128人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
朝鮮民族は永らく朱子学の影響下にあり、「理」と「気」のバランスをうまくとりながら、おのおのが思考し、行動してきたらしい。

しかしその朝鮮民族である姜尚中の場合はどうであろうか。完全に「理」と「気」のバランスが崩壊している。姜氏の場合「気」→「情念/怨念」で脳味噌がヒートしており、「理」性の運用がままならなくなっている。これは単なる「外国人嫌い」の表明であり、それ以上のものでもそれ以下のものでもない。この本は朝鮮人の書いた「日本呪詛」の本である。縷縷と述べられた「怨み節」。やっていることは、朝鮮民族による「大和民族差別」である。しかし一方的に日本のことばかり悪くは言えまい。「なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て」である。姜氏の知識の多寡や学者としての資質について私は多くを知らないし、またここで問うつもりはない。そして彼の「在日」という出自も、この際どうでもいい。しかしそれ以前に私はこの人の品性を疑う。軽蔑する。そして厳しく糺したい。遺恨を活字にすることが学者の仕事か、と。差別されたから差別しても構わないという思考回路は許容されるのか、と。

しかもこれは無位無官の一朝鮮人の戯言ではない。姜氏には「東京大学教授」という肩書きがある。彼の発言力、影響力は大きい。ゆえに責任も大きい。この本の存在によって、却って「在日」の同胞たちは迷惑するのでは…。火
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
102 人中、85人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 簡単に論破 2012/6/4
By reinhardt VINE メンバー
形式:文庫
在日朝鮮人の苦難など、100年前に中南米に移民した我等日本人の苦難に比べたら・・・。
書いてて恥ずかしくならないのかな???
読んで痛々しく、読み終えて哀れ・・・。
このレビューは参考になりましたか?
111 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 感情的すぎる 2011/12/3
形式:文庫
全ての物事が結論ありきで公平性や客観性に欠けます。
まず「日本が加害者、韓国(在日)は被害者」という結論ありきで全て物事が論じられるの非常に不可解です。

論理的に語られているようでその実、悪い意味で感情的な本でした。
このレビューは参考になりましたか?
110 人中、91人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 「在日」=著者なのか 2010/9/18
キッズレビュー
形式:単行本
本書は、「在日とはなにか」を問うものというよりは著者の自伝であり、やや感傷的な文章でつづられている。
これまで背負ってきた「在日」という属性にどのように悩まされ、また、克服したのか、という私的体験を語っている。
「在日」という烙印は、押された側にしか解からないこともあるだろう。
しかし、知的エリートとして成功した著者は、容易に国境を越えることが出来(日本語、ハングル、英語、ドイツ語がわかるはずだ)、日本で生まれ育った二世、三世(日本語しか出来ない人も多いだろう)とは、根本的に何かが違うのではないかと思う。
一般的な「在日」にとっての「日本と朝鮮半島」という葛藤は、著者が語る「世界の中の日本と朝鮮半島」とは別物ではないのか。
その意味では、「在日」というタイトルは、インテリが一方的に語る「連帯」のような軽薄さが感じられる。

そもそも、格差の固定化が進み、大学進学さえままならない若年層が出現しつつある現代日本では、「フリーター」という属性のほうがはるかに悲惨であり、成功した在日二世の語る悲壮感には、なかなか共感できない。
若い頃は、家庭教師や非常勤講師の仕事をしてきたそうだが、外国留学まで出来た経済的なバックグラウンドを語らないのは、一面的な主張できないだろうか。
このレビューは参考になりましたか?
176 人中、145人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 いわゆる反日参考書 2010/7/5
形式:単行本
とりあえず在日である著者の体験記。

明らかにおかしい点は,まるで在日が日本で弱者のように書かれているところ。たしかに母国の韓国での在日の扱いは同情すべき点はあるが,彼らは税制面では日本国民より優遇され,ほかの在日外国人とも比べると,出入国など多くの自由が認められている。
在日は自分達が日本国内でどのような位置にいるのか認識してほしいとこの本を読んで改めて思う。
このレビューは参考になりましたか?
174 人中、143人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 自己憐憫とないものねだりの巣窟 2010/3/10
形式:単行本
ないものねだり。と自己憐憫と、感傷の塊。

自国の歴史を直視することもできず、もちろん受け入れる事もできない。

自民族のありのままの姿を受け入れる事もできず、嘆き、感傷に浸り
自分たちを受け入れないから、当然、何もかもすべての原因を自分達
じゃないものに責任転嫁しようとする。

とにかく、自分達を直視しないで、こんなはずじゃない。
こんな目にあうのは自分達のせいじゃない。
感情的で、何の客観的原因も考えないで、ひたすら他人に
責任を転嫁し、自分たちを変えない。変えないから成長もしない。
まわりにも受け入れられない。するとそれすらも自分達のせいじゃない
全部まわりが悪いという発想になっていく。

まともな在日は帰化するか、外国人として、前向きな人生を歩く一方
半島本土も含めて、とにかく、自分を直視せず、自分を反省せず
他人の責任ありきで妄想する半島人特有の卑屈さと、他力本願さ。
粘着さと被害者意識、自己憐憫、感傷的、責任転換にあふれている。

結局彼は、自分達の文化を全く客観的に考えてみたこともない。
どこかで、どっか、こんな事になったのは、自分達民族のせいじゃない
という発想から抜け出せていない。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 在日コリアンの人生
在日コリアンの話。
このような人生があったとは思うけれど、全員が全員そうではない、と念頭に置きながら読むことが大切だと思いました。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: ふぁす。
5つ星のうち 1.0 かわいそうな人です
まず、この人の学生時代は親北=左派・親南=右派で現在の大統領クネクネの親父を殺そうとまでしたお仲間がいたバリバリのサヨクです。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: joe
5つ星のうち 5.0 熱く共鳴した
日本は朝鮮半島を侵略し、女性は袋につめて日本に送り従軍慰安婦やセックススレーブとして人身売買をした
男は炭鉱に閉じ込めて強制労働を強いた... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: notaka
5つ星のうち 2.0 これが「在日」の本心なのか?
自伝なので、その中身や言い様にケチをつけるつもりは無い。しかし、在日と言うタイトルとする事により、姜氏以外の在日にとってどの様に映るのだろうか?そんな気分で読み進... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: 中野守龍
5つ星のうち 3.0 姜さんの生い立ちです
在日朝鮮人の方に偏見があってはいけないと、正しい理解のための一助として読んでみました。... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: ヘビーユーザー
5つ星のうち 5.0 在日
姜尚中さんの人生の足取りと色合い・縁取りがよく理解できました。
投稿日: 14か月前 投稿者: 道喜公一
5つ星のうち 2.0 人生は楽しむものである。彼の人生は苦しい。
著者は理想主義者である。そこに彼の弱点がある。彼は理想を掲げてそれが正しいと思って生きている。彼にとって理想から外れる事は間違っている事になる。彼は現実を見たとき... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: タカ
5つ星のうち 5.0 痛み (※ 後日、追記しました:2012/8/26)
... 続きを読む
投稿日: 2012/5/4 投稿者: ninnik amazon
5つ星のうち 1.0 唾棄すべき反日の書
私はこの人の著書を我慢してでもすべて読むようにしている。
相変わらず荒唐無稽の戯言ばかりだ。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/21 投稿者: risakiti911
5つ星のうち 1.0 日本人と日本の国体にとって最大の危機!
外国人参政権、人権擁護法案という日本憲政史上最低、最悪の悪法が施行されつつあり日本の危機が目前に迫りつつある。それ以上に皇室と日本の国体護持も危うくなっている。皇... 続きを読む
投稿日: 2012/3/30 投稿者: TS.LOVE
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック