通常配送無料 詳細
通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
在日 (集英社文庫 か 48-1) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■2011年第15刷です。■目立つ傷み・汚れ・書込み等のない美品です。 ★お支払いにはクレジットカードや銀行振込、コンビニ払いがご利用いただけます。一点一点丁寧に検品・清掃・梱包してお送りしています。万が一商品に不備がありましたらご対応いたしますので注文履歴ページよりご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

在日 (集英社文庫 か 48-1) 文庫 – 2008/1/18

5つ星のうち 2.9 68件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 在日 (集英社文庫 か 48-1)
  • +
  • 母 -オモニ- (集英社文庫)
  • +
  • 心
総額: ¥2,430
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「鉄男」から「尚中」へ
朝鮮戦争のさなか、「在日二世」として生まれた著者。その生い立ち、心の遍歴を赤裸々に綴った初の自伝。

一九五〇年、朝鮮戦争が始まった年にわたしは生まれた。なぜ父母の国は分断されたのか。なぜ自分たちは「みすぼらしい」のか。「在日」と「祖国」、ふたつの問題を内奥に抱えながら青年期を迎えたわたしは、日本名「永野鉄男」を捨て「姜尚中」を名乗る決意をした。在日二世として生きてきた半生を振り返り、歴史が強いた苛酷な人生を歩んだ在日一世への想いを綴った初の自伝。文庫化にあたり大幅に加筆。

内容(「BOOK」データベースより)

一九五〇年、朝鮮戦争が始まった年にわたしは生まれた。なぜ父母の国は分断されたのか。なぜ自分たちは「みすぼらしい」のか。「在日」と「祖国」、ふたつの問題を内奥に抱えながら青年期を迎えたわたしは、日本名「永野鉄男」を捨て「姜尚中」を名乗る決意をした。在日二世として生きてきた半生を振り返り、歴史が強いた苛酷な人生を歩んだ在日一世への想いを綴った初の自伝。文庫化にあたり大幅に加筆。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087462536
  • ISBN-13: 978-4087462531
  • 発売日: 2008/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,747位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私はこの人の著書を我慢してでもすべて読むようにしている。
相変わらず荒唐無稽の戯言ばかりだ。
この人は「日本のナショナリズム」(確固として、そのようなものが存在するかは別にして)は批判するくせに、自分は民族ナショナリズム(北朝鮮ナショナリズム)を全く脱する気配のない、二枚舌人間である。
「母 オモニ」で示される母親像と本書の母とは、まるきり別人である。
永野商店を知る人間は口が重いが、こんな母親ではなかったという。
「在日」では、北に渡った我々兄弟たちの人権よりも南北統一のみを目標とし、総連の基本路線の則った現状の合わない思考が目にあまる。
どこかで、鄭大均氏が姜尚中を批判していたが、鄭氏の言われる「在日論」が多くの、我々在日の一般的常識多数論であり、既に韓国政府、北のナショナリズムとは遠く離れたより日本人により近い存在なのである。
このことは否定しようのない事実であり、年々帰化希望者が増えていることでも明らかである。
いまさら本国の謂いに乗せられたり、北の狂った妄想に同調する輩はほんの1%もいないのではないか。
在日で姜尚中のような考えの人間は、もはや極少数であり、異端でしかない。
日本人の一部にも姜尚中のいうような、「在日像」を期待する向きもあるのは承知しているが、実態と著しく異
...続きを読む ›
コメント 133人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
朝鮮民族は永らく朱子学の影響下にあり、「理」と「気」のバランスをうまくとりながら、おのおのが思考し、行動してきたらしい。

しかしその朝鮮民族である姜尚中の場合はどうであろうか。完全に「理」と「気」のバランスが崩壊している。姜氏の場合「気」→「情念/怨念」で脳味噌がヒートしており、「理」性の運用がままならなくなっている。これは単なる「外国人嫌い」の表明であり、それ以上のものでもそれ以下のものでもない。この本は朝鮮人の書いた「日本呪詛」の本である。縷縷と述べられた「怨み節」。やっていることは、朝鮮民族による「大和民族差別」である。しかし一方的に日本のことばかり悪くは言えまい。「なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て」である。姜氏の知識の多寡や学者としての資質について私は多くを知らないし、またここで問うつもりはない。そして彼の「在日」という出自も、この際どうでもいい。しかしそれ以前に私はこの人の品性を疑う。軽蔑する。そして厳しく糺したい。遺恨を活字にすることが学者の仕事か、と。差別されたから差別しても構わないという思考回路は許容されるのか、と。

しかもこれは無位無官の一朝鮮人の戯言ではない。姜氏には「東京大学教授」という肩書きがある。彼の発言力、影響力は大きい。ゆえに責任も大きい。この本の存在によって、却って「在日」の同胞たちは迷惑するのでは…。火
...続きを読む ›
コメント 162人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ないものねだり。と自己憐憫と、感傷の塊。

自国の歴史を直視することもできず、もちろん受け入れる事もできない。

自民族のありのままの姿を受け入れる事もできず、嘆き、感傷に浸り
自分たちを受け入れないから、当然、何もかもすべての原因を自分達
じゃないものに責任転嫁しようとする。

とにかく、自分達を直視しないで、こんなはずじゃない。
こんな目にあうのは自分達のせいじゃない。
感情的で、何の客観的原因も考えないで、ひたすら他人に
責任を転嫁し、自分たちを変えない。変えないから成長もしない。
まわりにも受け入れられない。するとそれすらも自分達のせいじゃない
全部まわりが悪いという発想になっていく。

まともな在日は帰化するか、外国人として、前向きな人生を歩く一方
半島本土も含めて、とにかく、自分を直視せず、自分を反省せず
他人の責任ありきで妄想する半島人特有の卑屈さと、他力本願さ。
粘着さと被害者意識、自己憐憫、感傷的、責任転換にあふれている。

結局彼は、自分達の文化を全く客観的に考えてみたこともない。
どこかで、どっか、こんな事になったのは、自分達民族のせいじゃない
という発想から抜け出せていない。
コメント 176人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全ての物事が結論ありきで公平性や客観性に欠けます。
まず「日本が加害者、韓国(在日)は被害者」という結論ありきで全て物事が論じられるの非常に不可解です。

論理的に語られているようでその実、悪い意味で感情的な本でした。
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック