Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
土門拳 腕白小僧がいた (小学館文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

土門拳 腕白小僧がいた (小学館文庫) [文庫]

土門 拳
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 853 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【まとめ買いで最大30%OFF!】journal standard Furnitureオリジナルブックカバー
ここでしか手に入らない、Amazon.co.jp限定journal standard Furnitureオリジナルブックカバー全8デザイン。文庫新書ハードカバーの3サイズ展開(ハードカバーは一部のみ)。ACME Furnitureと合わせていずれか2点で20%OFF3点以上で30%OFF。 対象商品をすべて見る

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

土門拳 腕白小僧がいた (小学館文庫) + 筑豊のこどもたち
合計価格: ¥ 3,769

選択された商品をまとめて購入
  • 筑豊のこどもたち ¥ 2,916


商品の説明

内容紹介

昭和20年代後半から30年代初頭、日本中に貧しいかれど元気いっぱいに遊び回るこどもたちが溢れていた。土門拳が彼らの中に溶けこんで、生き生きとした仕草や表情を捉えた傑作の数々を、土門自身のエッセイとともに収録。
 土門拳は昭和20年代後半から30年代初頭にかけて、精力的にこどもを撮影した。みな貧しいけれど、生き生きと目を輝かせて遊ぶこどもが町に溢れていた時代。土門はとりわけ東京の下町のこどもを愛し、彼らの中に溶け込んで、その仕草や表情をみごとに捉えたスナップを数多く残した。
 それらを収めた「東京のこどもたち」、戦前の代表作を含む「日本各地のこどもたち」、昭和35年の発表当時、大きな話題となった名作「筑豊のこどもたち」の3部構成による土門拳の写文集第4弾。

内容(「BOOK」データベースより)

土門拳は昭和20年代後半から30年代初頭にかけて、精力的にこどもを撮影した。みんな貧しく、でも生き生きと眼を輝かせて遊ぶこどもが町に溢れていた時代。土門はとりわけ東京の下町のこどもを愛し、彼らの中に溶け込んで、その仕草や表情を見事にとらえたスナップを数多く残した。それらを収めた「東京のこどもたち」、戦前の代表作を含む「日本各地のこどもたち」、昭和35年の発表当時、大きな話題となった名作「筑豊のこどもたち」の3部で構成する土門拳写文集第4弾。

登録情報

  • 文庫: 207ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/08)
  • ISBN-10: 4094114254
  • ISBN-13: 978-4094114256
  • 発売日: 2002/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 319,773位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 懐かしさだけでなく 2004/8/7
形式:文庫
なにより子どもたちの表情の中に,にすべてが凝縮されている。最初に目を通したとき,懐かしさが蘇る。次に見ると,いろいろな思いがわき起こる。表紙を飾る「お使い小僧」に登場している2人は,は実にいい顔をしている。子どもの笑顔はすばらしい。今の子どもたちにも,こんな笑顔をしてもらいたい。その為に今,大人は何をすべきか,考えさせてくれる一冊である。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 見るべし。 2012/12/27
形式:文庫|Amazon.co.jpで購入済み
写真を趣味にしている方は是非見るべし。
デジタルカメラが無い時代にこれだけのスーパーショットが撮れるのは
撮影者のテクニックの他に被写体に対する「深い関心」があるからだろう。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 土門拳さんの優しい眼差し 2012/3/18
By 読書散歩 トップ100レビュアー
形式:文庫
写真家・土門拳が1935年から60年に撮影した写真と50年から85年に発表したエッセイを「下町のこどもたち」「日本のこどもたち」「筑豊のこどもたち」に区分して編集した本。
「路地ですべて学んだ(群ようこ)」「こどもの心で撮った父の写真(池田真魚)」「時代を超えたメッセージ(柳田邦男)」の短文が付いている。
わたしと同世代の子どもたちの生活と空気がそこにある。「メンコ」「コマ」「ちゃんばら」「紙芝居」「しゃぼんだま」「スモウ」等々。
「筑豊のこどもたち」には時代の共有はあるが,生活は違う。この貧しさ,不幸はわたしの廻りにはなかっただけにショック。
 高度成長の歪みを告発する正義感は,土門拳にあっては子どもたちに対する優しい眼差しと一体だった。生地の酒田市には記念館がある。上記,池田さんは土門拳の娘で,館長。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ものが豊かでなくても 2004/8/6
形式:文庫
ただ,あの時代が懐かしいというのではない。今の私たちが,忘れてしまっている何かを思い出させてくれる一冊でもある。表紙の2人の子どもたちの笑顔。なぜ,いまの時代の子どもたちは,あんな笑顔がみられないのか・・・時代は過去のものでも,私たちにこれからの時代,大切にしなければいけない何かを教えてくれるお奨めの一冊と言える。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xae735c60)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック