Amazon Kindleでは、 国防軍とは何か 幻冬舎ルネッサンス新書 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 926
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
国防軍&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

国防軍とは何か (幻冬舎ルネッサンス新書 も-5-1) 新書 – 2013/6/27


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 26


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

国防軍とは何か (幻冬舎ルネッサンス新書 も-5-1) + 日本を、取り戻す。憲法を、取り戻す。 + 国防 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 3,108

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いま直面している国防上の脅威。自衛隊では対処できない!前防衛大臣、現自民党幹事長、憲法学の泰斗が、日本の安全保障の全てを語り尽くす!

著者について

森本 敏(もりもと さとし)
1941(昭和16)年東京都出身。前防衛大臣。防衛大学校卒業後、防衛庁に入庁(現防衛省)。1979(昭和54)年、外務省に入省し、在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長などを歴任。1992(平成4)年、野村総合研究所研究員に。専門は安全保障・防衛・国際政治・外交問題。2005(平成17)年、第20回「正論」大賞受賞。主な著書に『米軍再編と在日米軍』、『イラク戦争と自衛隊派遣』、『日本防衛再考論』、『漂流する日米同盟』、『普天間の謎』、『日本の瀬戸際』、共著に『早わかり国民保護法』、『国防の論点』など。

石破 茂(いしば しげる)
1957(昭和32)年鳥取県出身。慶應義塾大学卒業後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。1986(昭和61)年、29歳で衆議院議員初当選、以来9期連続当選。農林水産政務次官、農林水産総括政務次官、防衛庁副長官、防衛庁長官を経て、2007(平成19)年に防衛大臣、2008(平成20)年に農林水産大臣。自由民主党では過疎村対策特別委員長、安全保障調査会長、高齢者特別委員長、総合農政調査会長代行、政務調査会長等を歴任。2012(平成24)年から自由民主党幹事長を務める。主な著書に『職業政治の復権』、『国防』、『国難』、共著に『坐シテ死セズ』、『軍事を知らずして平和を語るな』、『こんな日本を作りたい』など。

西 修(にし おさむ)
1940(昭和15)年富山県出身。早稲田大学大学院博士課程修了。政治学博士。法学博士。プリンストン大学、メリーランド大学、エラスムス大学などで在外研究。駒澤大学名誉教授。専攻は憲法・比較憲法学。著書に『憲法体系の類型的研究』、『日本国憲法はこうして生まれた』、『よくわかる平成憲法講座』、『日本国憲法を考える』、『ここがヘンだよ! 日本国憲法』、『図説日本国憲法の誕生』、『日本国憲法成立過程の研究』、『現代世界の憲法動向』、監修に『有事法制の現況』など。

登録情報

  • 新書: 306ページ
  • 出版社: 幻冬舎ルネッサンス (2013/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477906080X
  • ISBN-13: 978-4779060809
  • 発売日: 2013/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 131,312位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/9/2
形式: 新書
 本書は、民主党政権時に防衛大臣であった森本敏氏、自民党の国防の重鎮で元防衛大臣の石破茂氏、憲法学を専攻する学者の西修氏の3者による対談形式の本です。対談形式ではありますが、内容的には深いものがあり、構成もしっかりしているので、現在の日本の防衛の問題点がよく理解できる本です。

 3人の立ち位置・主張は似通っており、基本的に「憲法9条の改憲を進めるべき」「憲法や法律上の制約を整理して、自衛隊の国防や国際協力の活動をやりやすくすべき」という立場の人たちの議論です。なので、「防衛問題について、(自衛隊に反対の立場も含めて)異なる立場から多面的に論じる」というような本ではありません。

 私は、3人の意見には基本的に同調しますが、人によっては「偏っている」とか「軍国主義的な改憲論者」と感じて拒否反応を示す人もいるかもしれません。
 しかし、本書を読むとわかることですが、本書は軍国主義的に偏った本ではありません。むしろ、現在の国際情勢と現行憲法の矛盾点を的確に分析し、目指すべき対応策を示した本です。冷静で説得力のある議論と言えるでしょう。
 300ページにわたって充実した議論がされている本ですので、一読の価値がある本と思います。お勧めできる本です。

 なお、本書はていねいにきちんと解説されている良書ではあるも
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TOKYO BOY 投稿日 2013/12/13
形式: 新書
この本は、前防衛大臣の「森本敏氏」と自民党の防衛族のドンである「石破茂氏」と憲法学者の「西修氏」が国防論について議論をした話です。

これまで、タブーだった国防軍や集団的自衛権について論じているので、面白いですね。

特に、中国が軍拡をしているので、日米同盟を含めて、日本がどのような対応を取るべきかを実践的に論議している点が重要な点だと思います。

以下、各章のまとめです。

第一章 日本が直面している国防上の脅威とは

1:「中国・北朝鮮・ロシアの脅威」と題して、中国は尖閣諸島に関しては本気であるとしています。また、東アジアの不安定は北朝鮮と中国であるとしています。ロシアは、リーマンショックのせいで、国内の経済が悪化し、領土問題で柔軟にするべきではないと言う対応をしたとしている。

2:「生物・化学・原発テロの脅威」と題して、実際に起きるまでわからないのがテロとしています。また、アメリカを含め、先進国が恐れているのは、核兵器とテロが最悪の組み合わせとしています。また、ジャンボ・ジェットが原発に飛び込む恐怖も怖いとしています。そして、軍事力や防衛力は多様化していて、海上保安庁、警察、消防と線引きができなくなっているとしています。

3:「海外で
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gdd29 投稿日 2013/7/2
形式: 新書
途中まで読んでのレビューです。専門家3人の議論(対談集)なのでたしかに文章が硬くなりがちで、スイスイ読むと言うより慎重に噛み締めながら読んでいます。3人のうちのひとり、憲法学者の西氏が安全保障専門家二人(石破、森本両氏)の議論の要所要所で基礎的な解説をしてくれます。安全保障の真の最前線にいる人々に現状がどう見えているのかがよくわかる本です。話題もタイムリーで、橋下市長の発言が国際社会でどのような現実や結果を生み出しているか、また中国の身勝手な排他的経済水域の解釈が尖閣問題にどのような影響を与えているかなどよくわかります。最近アメリカが中国軍との合同演習で中国を米西海岸に呼ぼうとしているとのニュースがありましたが、これもこの中国独特の排他的経済水域解釈を無効にするための努力なのかと思いました。

日本国内で普通に生活しているとどうしても視点が日本中心、国内中心になりがちで、ごく単純化したものの見方になりがちですが、この本は厳しくけして完全ではない現実の世界の中の日本が本当はどういう姿なのかを教えてくれます。それにしても石破、森本、西の3氏のコンビ、大変豪華な執筆陣、こういう本がタイムリーに新書で読めるのはうれしいことです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 金吾庄左ェ門 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/6/28
形式: 新書 Amazonで購入
 3人が国際法や国内法を引用しながら、国防軍とはどうあるべきかについて対談しているのですが、新書というよりは専門的な学術書を読むような感じで難しくて厳しい内容でした。
 単純に戦争やテロに対応する為に、憲法を改正し自衛隊を国防軍にして法制度を整える必要性を話しているだけではなく、集団的自衛権を行使できるようになる事で今まではなかった犠牲を強いられる事や、戦争は起きないという日本の制度同様に自衛隊員が脱走したり敵前逃亡しないと判断するのはおかしいとして、刑罰の強化を唱えています。国民に対しても、戦争や軍事に対してちゃんとした知識を持つように求めています。
 自衛隊を国防軍にする事でバラ色の明るい未来がありますよとしているのではなく、厳しい内容ながら国防軍にする事のメリット、デメリットについてキチンと話してくれているのは良かったと思います。自衛隊以上に国民や他国から尊敬される国防軍への道程は決してラクなものではなさそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック