Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Kindleストアでは、 経済のしくみをカラー図解で読み解く! 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本<池上彰のニュースが面白いほどわか... を、 TARGET="_blank">Kindle無料アプリまたはKindle電子書籍リーダーで今すぐお読みいただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[図解] 池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫) 文庫 – 2011/8/27

26件のカスタマーレビュー

すべての 6 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,008 ¥ 689
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【Amazon 本買取サービス】 お手持ちの本・雑誌・コミック・洋書を、Amazonが買い取ります。1点から無料集荷、買取価格は事前に検索可能。



商品の説明

出版社からのコメント

「デフレ」「日経平均株価」「円高・円安」「国債」など、テレビのニュースや新聞の経済面には、毎日のようにさまざまな経済用語が躍ります。ですから、これらの言葉をよく知らないと、さまざまな情報をスムーズに理解することはできません。
本書は、経済関連の必要最低限のキーワードを、著者・池上彰氏ならではの語り口でわかりやすく解説し、経済のニュースを見たり読んだりするうえでの"虎の巻"です!

内容(「BOOK」データベースより)

「デフレ」「日経平均株価」「円高・円安」「TPP」「国債」…。経済ニュースに出てくる言葉を知らないと、情報を正しく理解することはできません。そこで本書は、テレビや新聞の経済ニュースを読み解くためのポイントを、図版を豊富に使ってわかりやすくまとめました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 中経出版 (2011/8/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806141569
  • ISBN-13: 978-4806141563
  • 発売日: 2011/8/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (26件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,436位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

最も参考になったカスタマーレビュー

46 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いしころ 投稿日 2012/6/29
形式: 大型本 Amazonで購入
本というものは著者がいて編集して出来るものだから
なるべく中立な立場で書いたとしても、主観が入るのは
当たり前だと思うので、
自分はこの本を取っ掛かりとして
「じゃあ反対の意見の人はなんと言ってるか?」
「表やグラフも別の角度からみたら違う数字が出てくるのでは?」
といった練習に使ってみようと思いました。

例として「消費税は増税しなければならないのか」
というページでは他の国との消費税率の比較のグラフがあります。
ヨーロッパの国々が20パーセント前後なのに対し、
日本が1番低いグラフになっています。
これをネットで調べてみると、国の税収に占める割合の事や
他の国は日本と違い食料品等には減税、または無税にしている
という事が分かりました。
「軽減税率を導入しようとすると、その適用範囲をめぐって利権が発生して問題が多い」
という意見の人もいました。

ま、調べ始めるとキリがないのですが、この本をベースに
自分が本の内容に納得したとしてもワザと反対意見の人の資料なり
ブログなりをネットで探すだけでも、結構勉強になるのではないでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 toko 投稿日 2013/8/30
形式: 文庫 Amazonで購入
ごく簡単な経済用語が分りやすく説明してあります。
新聞を読んでいて「この意味は?」と思った時
辞書のように使っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たれいぬ 投稿日 2013/11/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
池上さんらしくわかりやすい解説で経済の基礎について書かれています。
私はもう少し踏み込んだ内容を期待していたのですが、そのような方には合わないかなと思います。
例えば「円高とは何か」というようなレベルです。
これから経済の勉強をしたいという方にはぴったりではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しゅんこ 投稿日 2011/9/10
形式: 文庫
池上彰さんの解説はとてもわかりやすく良いと思います。

ただ

・TPPは参加すべき。
・公共事業は行うべきではない。

などなど、本来議論されなければならない内容が、池上彰さんの主観による結論ありきの解説が気になりました。

最近のメディア情報が偏りがちなだけ、TV発の著者の言葉はそのまま信じていいのか心配になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 Laylack VINE メンバー 投稿日 2014/2/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
サクサクと読み進められて、理解しやすい良い本です。
直近の経済の流れをさらっと読みながら感覚として『わかる』ような作りになっています。

各項目を掘り下げているわけではないですが、書かれていることをしっかりと理解できると、
日々の経済ニュースがより面白くなるはずです。

キンドル版を読みましたが、紙の本のほうが読みやすいタイプですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 zono 投稿日 2013/7/13
形式: 文庫
入門編としては疑問。池上さんの偏った考えはこういう本よりもノンフィクションで書いたほうがいいのでは。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/6/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
社会人にもなって経済に疎く、焦りを感じていた自分にとっては目からウロコの内容でした。
大変わかり易く、読み直さないと理解できないような言葉も殆どありませんでした。
仮に難しい言葉があったとしても、この本だけでとりあえずは完結できます。
仕事柄、技術的な書籍を読むことが多いのですが、その本だけで完結できるような本というのは非常に少ないと感じます。
前提知識が無いと何が書いてあるかを理解できない場合など、せっかく購入しても無駄に感じてしまいます。
そういった意味で、入門書籍として幅広い年齢層の方々に受け入れられる書籍だと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ライスカレー 投稿日 2013/8/31
形式: 文庫
経済の知識は人生で必要不可欠な知識であるにもかかわらず、学校教育で先生から教えてもらう機会はほとんどないのではなかろうか?
少なくとも私は学校で教わった記憶はない。
しかし、社会人になると経済の知識は否が応でも必要とされるため、私はこれまでの不勉強を反省すると同時に本書を読むことで必要最低限の経済に関する基礎知識を身に付けた。
経済の知識の有無が生きる力の有無に直結することを如実に実感するとともに、基礎的な経済の教育が疎かにされている教育の現場及び今後の日本の将来を非常に憂えている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぴょんぴょん 投稿日 2012/1/5
形式: 文庫 Amazonで購入
経済用語を分かりやすく解説した内容になっています。
なので、ただ単に基礎的な経済用語を理解したい方には適した本だと思います。
「消費税」「TPP」「公共事業」「国債」「格付け」など、
基礎的な経済用語を初心者でも分かりやすく理解することができます。

ただし、池上彰氏の政策への立場が非常に一方的であり、
読む際には注意が必要です。(以下にいくつか示します。)

◇消費税増税について
税収を増やすには「名目GDPを上げる(=デフレを脱却する)」
または「税率を上げる」という2つの手段が存在するにも関わらず、
「名目GDPを上げる」という手段について全く触れられていない。
「消費税増税の決断が迫られています」と本書に書かれているが、
必ずしも消費税増税が今必要とは限らない。

◇TPP参加について
「TPPに参加すべき」と本書で明言されてはいないものの、
TPP参加を肯定するようなニュアンスで書かれている。

◇公共事業について
「公共事業で景気回復は無理」と本書で明言されている。
しかし、他の先進国と比べると、日本は車1台当たりの高速道路距離が
短い国である。(つまり
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック