通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
図書館&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

図書館戦争 単行本 – 2006/2

234件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720 ¥ 1

Prime限定ポイント
Amazonプライム・Amazonファミリー・Amazon Student会員なら、この商品は+3%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
AmazonStudent
さらに、Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

図書館戦争 + 別冊 図書館戦争〈2〉
両方の価格: ¥ 3,240
ポイントの合計:  98pt (3%)

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!

笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。

この六名が戦う『図書館戦争』、近日開戦!

内容(「BOOK」データベースより)

正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。

登録情報

  • 単行本: 345ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/02)
  • ISBN-10: 4840233616
  • ISBN-13: 978-4840233613
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (234件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

284 人中、226人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 香桑 VINE メンバー 投稿日 2006/8/20
形式: 単行本
図書館の自由。司書の勉強をしたとき、公共図書館をめぐる社会運動の歴史を背景に持つこの文言に感銘を受けた。実在する「図書館の自由に関する宣言」がそのまま目次になっているところに惹きつけられて即座に購入。設定や仕掛けの見事さに脱帽。

物語は、スピーディでコミカルで、一応ラブが中軸で、一気に読みたくなる上質のエンターテイメント。ライトノベルっぽいけれども、知る権利や言論の自由について、自由という権利と責任という義務について、正義と正義を振りかざす暴力について、テーマは充分に大人向けで、楽しいだけで終わらない。

無抵抗では自由を守ることができなくなったとき、どうすることができるのか。本を焼く国はいずれ人を焼くのだ。そんなイヤな世の中になったらイヤだなあ。ほんとにイヤだ。

図書館司書の勉強をした人はもちろん、図書館を愛する人たち、読書が大好きな人たちにオススメ。日々、戦っているライブラリアンに敬意と感謝をこめて。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/6/14
形式: 文庫
薦められて読んでみました。海の底や塩の街などは読んだ事があります。が、こちらは 話のまとまらなさ、誰に視点を置いた会話の書き方なのか解らない等、自分にはとても読みづらいです。

半分程読んでみましたが、読みづらいのと先の話を見たいと全く思わず読むのを辞める始末。

これがシリーズ化されているんですね。何故人気なのかわかりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mini52 投稿日 2012/8/18
形式: 文庫
過去のベストセラー本を探している際に見つけ、手に取りました。

当初、そのタイトルから
「本をめぐる様々な社会問題との知力を駆使した戦い」
と勝手な想像をしていましたが実際は
「厳しく検閲を強行しようとする団体 VS 検閲から本を守ろうとする図書館
の、武力VS武力の攻防戦の中
上官と部下(主人公)のじれったくも甘い恋愛模様」をメインとするストーリーでした。

恋愛ものを学生以来読んでいない私にとって
思わぬ選書となりましたが
ラブ要素があると分かった時点で頭を切り替え
単純に楽しもうという意気込みで読み進めました。

作中の組織や制度の矛盾点は目につくことがありましたが
そういう設定なのだ!と割り切って読むのをおすすめします。
いちいち「この設定で○○はありえない」などと考えてしまうと一気に覚めてしまいます。。

とにかくラブシーンは甘い!甘くて顔がにやけてしまいます。
なんだかこういう感じは久しぶりだな〜と
純粋にウキウキ気分を楽しみました。

戦闘シーンは若干物足りない感もありましたが
あまり詳細に泥まみれ・血まみれに書かれても
ラブシーン
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
212 人中、156人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gurren 投稿日 2008/7/5
形式: 単行本
まず言及させていただきます。レビューの評価はあくまで私個人の感じたことであり図書館戦争シリーズのレベルがこうであるとは思ってはいないです。

まず主人公の郁が好きになれない人は向かない作品。
殺さない程度に銃器の使用はOKとか……全くリアリティ出ない。

同じ著者の塩の街は話的には好きなのですが、キャラの心情表現とかが気持ち悪く感じる、これは図書館戦争になっても変わりませんでした。
この話って所々に入るギャグネタに魅力を見出すべき作品なんでしょうが、一切笑えなかったです。

2巻までは読んでみましたが、私はこの作品が一切好きになれなかった。
というか私という読者に有川浩は合わないという方が正しい言い方になるでしょう。
有川浩好き、好きな人には好きな作品になるものだろうと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
87 人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みかんの皮 投稿日 2011/11/24
形式: 単行本
友達に薦められて読んでみました。

ストーリーの切り口は悪くないけど、作者に「読ませる」力がない。文庫で読みましたが、薄いのにとても疲れました。

最悪なのは地の文まで話し言葉だということ。これ、皆さん読みにくくないの?

会話文の「〜〜じゃないよ」
という言い方も文章にすると一瞬「?」となります。否定を表すのでない時は、「〜〜じゃないの」と表記する方が分かりやすいと思います。

コメディタッチの会話文も面白くない・・けど、これは単純に笑いのツボの違いか?

あれこれ設定を詰め込んだのに生かしきれていない、それどころかキャラクターに頼りきっているのにそのキャラクターが貧弱。キャラが立っていないというわけではなく、「いい味出してる」訳じゃない・・・ということです。

小説としてはもちろん、ライトノベルと思ったって読者をこの世界に引き込むだけの力はない。

・・・以上は私の個人的な感想で、引き込まれてる人も若い世代には大勢いる訳だからそれなりに面白い要素があるんでしょうね。私には見つけられませんでしたけど。

でも、これだけははっきりしています。
フツーの本を読んでいる、高校生以上の人間には時間の無駄。読んでても暇なので暇つぶしにも向きません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック