Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
図書館戦争
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

図書館戦争 [単行本]

有川 浩
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (229件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
ポイント:86pt (5%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「最大10%ポイント還元」
ニコニコカドカワ祭り「艦隊これくしょん」シリーズほか。10/31まで。 キャンペーンページ へ。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 ¥ 1,728  
文庫 ¥ 720  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

図書館戦争 + 図書館内乱 + 図書館危機
合計価格: ¥ 5,184
ポイントの合計:  258pt (5%)

選択された商品をまとめて購入
  • 図書館内乱 ¥ 1,728
  • 図書館危機 ¥ 1,728

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!

笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。

この六名が戦う『図書館戦争』、近日開戦!

内容(「BOOK」データベースより)

正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。

登録情報

  • 単行本: 345ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/02)
  • ISBN-10: 4840233616
  • ISBN-13: 978-4840233613
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (229件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 171,560位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
259 人中、204人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 焚書は最大の野蛮 2006/8/20
投稿者 香桑 VINE メンバー
形式:単行本
図書館の自由。司書の勉強をしたとき、公共図書館をめぐる社会運動の歴史を背景に持つこの文言に感銘を受けた。実在する「図書館の自由に関する宣言」がそのまま目次になっているところに惹きつけられて即座に購入。設定や仕掛けの見事さに脱帽。

物語は、スピーディでコミカルで、一応ラブが中軸で、一気に読みたくなる上質のエンターテイメント。ライトノベルっぽいけれども、知る権利や言論の自由について、自由という権利と責任という義務について、正義と正義を振りかざす暴力について、テーマは充分に大人向けで、楽しいだけで終わらない。

無抵抗では自由を守ることができなくなったとき、どうすることができるのか。本を焼く国はいずれ人を焼くのだ。そんなイヤな世の中になったらイヤだなあ。ほんとにイヤだ。

図書館司書の勉強をした人はもちろん、図書館を愛する人たち、読書が大好きな人たちにオススメ。日々、戦っているライブラリアンに敬意と感謝をこめて。
このレビューは参考になりましたか?
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 作者はより広い視野を 2014/3/3
投稿者 mejiro
形式:文庫
この本の大きな特徴の一つに、(主として女性にとっての)恋愛面での"萌えポイント・ツボ"の押さえ方が絶妙であること、それを各所に盛り込んでくる点があげられます。さながら少女マンガのようで、周囲ではこの一点だけでも高評価という人が非常に多かったです。
気になった点ですが、有川浩の作品全般に言えることですが作者の中で正解・不正解の基準が明確に定められすぎているように感じます。すなわち視点が非常に一方向的であり、読み手としては心理描写には物足りなさを感じます。
主張はかなり一方的で大雑把なので、読み手がこの作品の「正解」側の登場人物に共感できる場合、気持ち良いまでのズバズバとした代弁には爽快感を覚えるかもしれませんし、これがこの作品の魅力の一つであるという見方もできます。
しかしあまりの善悪の区分の強烈さ、わざわざ明らかな悪人を用意し「正解」側の登場人物に華を持たせる点(こういう手法でしかアプローチできないのは明らかに作者の技量不足)、作者自身の主張を「正解」側の人物に投影させているとさえ思えるような自己顕示にも似たいやらしさを感じることも少なくありませんでした。
ストーリーも宣伝にあるように恋愛を主眼においており、緻密さや論理性・矛盾の有無は二の次という印象を受けました。
この本に何を求めるかによってかなり評価の変わる作品です。設定の発想は面白いものだっただけに勿体無いです。
このレビューは参考になりましたか?
44 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 マーキー
形式:文庫
月9連ドラがコンセプトらしい。少女小説のようなキャラと人間ドラマで氷室冴子を思い出す。 しかしなぜこんな舞台設定にしたのだろうか。図書館を戦場にドンパチする良化特務機関と図書隊は双方公務員。言わば自衛隊と警察が戦うようなもので、対犯罪者ならともかく、殺し合う公務員と武器に税金投入が許されるか? 戦場と化す図書館を利用する市民がどれだけ存在するのか? 著者の本好きは分かるがこの設定、ディテールに凝れば凝るほど非現実感が増す。基本ラブコメだし、普通の図書館でも充分成り立つと思うのだが。
このレビューは参考になりましたか?
189 人中、142人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 好きになれない 2008/7/5
投稿者 gurren
形式:単行本
まず言及させていただきます。レビューの評価はあくまで私個人の感じたことであり図書館戦争シリーズのレベルがこうであるとは思ってはいないです。

まず主人公の郁が好きになれない人は向かない作品。
殺さない程度に銃器の使用はOKとか……全くリアリティ出ない。

同じ著者の塩の街は話的には好きなのですが、キャラの心情表現とかが気持ち悪く感じる、これは図書館戦争になっても変わりませんでした。
この話って所々に入るギャグネタに魅力を見出すべき作品なんでしょうが、一切笑えなかったです。

2巻までは読んでみましたが、私はこの作品が一切好きになれなかった。
というか私という読者に有川浩は合わないという方が正しい言い方になるでしょう。
有川浩好き、好きな人には好きな作品になるものだろうと思います。
このレビューは参考になりましたか?
49 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 感想 2012/2/22
投稿者 kansou
形式:単行本
いまひとつ面白くなかった。
設定が納得できないのもあるが、最も気に食わなかったのは敵方を全く描いていないことだ。

常に主人公側にスポットが当てられており、良化特務機関がただ悪魔的なものとしてしか示されていない。
敵さんの考えが示されていないのだ。
いや、示されている。彼らは本の検閲を行い、公序良俗とやらを守らんとしているのだ。
だが、それはあくまでも総体的なお話である。
その組織が「人間」によって構成されている以上、
良化特務員ひとりひとりの人格、人間性を描かなければ嘘になってしまうように思う。
本当に心の底から本の検閲は必要不可欠だと思っている隊員もいるだろう。
自分らのしていることは果たして正しいことなのかと悩んでいる者もいるかもしれない。
あるいは、図書隊に恨みをおぼえて良化特務機関に入ることを選んだ者。

そういった個物性が全く明かされていない。
もはやショッカーとなんら変わらない。
彼らはショッカーと違い、理知的な作戦を立て、サブマシンガンを使いこなすにも関わらずだ。

1巻しか読んでいない。後々描かれているのかもしれない。
だとすれば、嬉しい。
物語が「人間」を疎かにしてはならない。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 2.0 一応全巻読んでみたけど
小説としては、さっぱり感情移入が出来ない。つまらない部類に入ってしまった残念な本。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 風
5つ星のうち 5.0 面白い
友達から借りて3回読んだ。
購入してから2回読んだ。
面白いわぁ。
投稿日: 2か月前 投稿者: 上田慶子
5つ星のうち 1.0 うすっぺら。大人が読むものではありません。
もし新幹線の窓が開くなら、迷わず投げ捨ていたと思う。それくらい読み進めるのが辛い。
投稿日: 4か月前 投稿者: 青猫
5つ星のうち 2.0 こういう設定だと割り切って読んだけど
コミック、ラノベとも余り感動しなかった。図書館は資料収集の自由、資料提供の自由があるようだが良書化委員の検閲を拒否する権限を持つわけだ。こんな法律、いくらゆとりの... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: Andrei Kalinin
5つ星のうち 4.0 「ありえないだろう」で終わってはいけない
 「こんな世の中ありえないだろう」

 読み進めていくうちに、こんなことをつぶやく人もいるかもしれない。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 久保田真史
5つ星のうち 3.0 肩の凝らないテンポと内容。気分転換になりました。
映画になっていた記憶があったので手に取りました。
肩の凝らないテンポと内容なので、よい気分転換になりました。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: SlapShot
5つ星のうち 1.0 何が面白いのか心底分からない
実は、以前ケーブルテレビでアニメ版を見ました。
言論を弾圧する政府と表現の自由を守るライブラリー・タスクフォース。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: S.Saeki
5つ星のうち 5.0 「熱血バカ。」
「しまったぁ――――――――――――――!」「え……えええ――――――――――――――――――!」うるさい郁。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ばんぺいゆ
5つ星のうち 5.0 まんまとはまった…笑
有川浩天才だと思った…。図書館・軍隊・恋愛の前人未到のミックスをさらりと。... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ぺろ
5つ星のうち 1.0 本当に時間のムダでしかありません
面白くありません。
ライトノベル?漫画みたい?だったら漫画を読めばいいと思います。... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: 諸葛孔明
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック