Amazon Kindleでは、 四月は君の嘘(1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 484
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
数量:1
四月は&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン) コミック – 2011/9/16


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 484
¥ 484 ¥ 199


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン) + 四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン) + 四月は君の嘘(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
合計価格: ¥ 1,410

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

「あの日、僕はピアノが弾けなくなった‥‥」仄暗い青春を過ごす元・天才少年、有馬公生。夢も恋もない世界に佇む、彼に差し伸べられた手は名も知れぬ少女のものだった!!

母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年有馬公生。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い‥‥。だが友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト‥‥少女・宮園かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 青春を切り取る注目の作家・新川直司がおくる、切ない青春ラブストーリー最新作第1巻!

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063713016
  • ISBN-13: 978-4063713015
  • 発売日: 2011/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (39件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タマリンドウ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/10/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
母を失いピアノが引けなくなった主人公が、天真爛漫で天才肌のヴァイオリン少女と出会い再び音楽の道に引き戻されていく。
一巻を読んだ時点ではありきたりな設定だが、その一巻にも先に続く大きな伏線が隠されている。
かをりはなぜ公生と出会い、彼を音楽の道に引き戻そうとしたのか、なぜ涙を流す描写が多いのか。
奇妙なタイトルに隠された嘘の正体を予想するのがとても切ない作品。
三巻くらいまで読むと話の大筋が見えてくるので、とりあえず読んで見てほしい。
少なくとも一巻で予想される爽やかなだけの青春漫画ではないことがわかる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 海影 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/22
形式: コミック
母が死んで以降、ピアノが弾けなくなった少年が主人公です。
ピアノが弾けなくなったものの音楽から離れることが出来ない生活をしていた主人公は、友人達と遊ぶ約束をします。そこで奇妙な女の子と出会い、彼女の出演するヴァイオリンのコンクールへ行くことに……。

1巻では主人公がピアノを弾けなくなった理由も明かされますし、1巻内で回収される伏線もあり、コメディ要素も色々あったりと飽きません。主人公達が中学生ということもあってか、恋愛要素もちょっぴり切なくて今後の展開が気になります。

また、作中に出てくる曲をYOUTUBEで聴くことが出来るのも面白いです。YOUTUBEで「四月は君の嘘 挿入曲」と検索すると聴けますので、購入を検討している方はそちらを先に聴いてみるのも良いかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/11/24
形式: Kindle版
アニメを先に見てから、マンガを読みましたが、まんま一緒でしたね。
マンガファンだった方は、アニメが原作を裏切らないものに仕上がってるし、相乗効果でどちらも更に人気が出るでしょうね。
青春音楽ラブストーリーで爽やかで素敵な話です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック
幼い頃のトラウマのせいでピアノから遠ざかっている中学生が
直球型のヴァイオリニストである同級生の女の子と出会う話。

類まれなる才能を持ちながらも今はピアノ演奏に抵抗がある、という設定は
あまり新鮮なものではなく、ストーリーとしての引きはそこまで強くない。
変化球でいくなら「のだめカンタービレ」などのように
一気にその世界に引き込まれる魅力が欲しかった。

また、劇中で観客を惹きつけている演奏場面では
ぜひ読者も同様の気分にさせて欲しいが、
そのあたりも「BECK」などと比べてかなり弱いのが残念。

物語の軸であるヒロインの言動が相当に自分勝手であり、
そういうキャラクターとはいえ、魅力が感じられなかった。
特に、嫌がる主人公を無理やりピアノに向かせようとするのは
どうにも読んでいて抵抗感を感じた。

音楽を扱うマンガ、というのは非常に難しいとは思うが、
もう少し感情移入できるキャラクターや、
主人公たちのスゴさを伝える表現力が欲しかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: Kindle版 Amazonで購入
 アニメ化したそのアニメは視聴していて、なんとなく気になっていたマンガだった。
 Amazonのキンドルで無料だったためにダウンロードしてみたが、予想以上にツボに入った。
 アニメだと演奏表現に対する聴衆の反応などで、リアリティはどうなの? という気持ちが生じてしまうこともあるが、マンガだとテンポよく感じられる。
 何より見開きの使いかたがとてもいいと思った。
 画面に思わず見入ってしまった。
 続きがぜひ読みたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しゃび 投稿日 2014/11/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ化で初めて知った作品だが、切なさと甘酸っぱさの嵐。早く続きが読みたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
38 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 1979 投稿日 2012/6/7
形式: コミック
母親の死がきっかけでピアノが弾けなくなった少年が、ある少女との出会いによって再びピアノに向き合っていく、という爽やかな青春を描いた作品。
書店で購入した際に巻かれていた帯に、
森川ジョージ先生の推薦文にある「音が視える。」の評は
一巻のヒロインの演奏シーンで確かに感じる事ができた。
しかし、一巻から三巻まで続けて読む中で、
作者の表現力不足を感じざるを得なかった。
演奏シーンの描写は前述のように優れているが、
表情の描き方が硬い。
また、リアルな画風でない為仕方がないのかもしれないが、デッサン力不足。
三巻で主人公の指について言及している部分があるのだが、
「大きくて節くれだった手」と言われてもそこに描かれた手には説得力がない。
表現力不足が非常に惜しいと感じた。
手放しで絶賛したい漫画ではないが、今後の展開がどうなっていくのか気になる漫画。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック