Amazon Kindleでは、 嘘だらけの日韓近現代史 (SPA!BOOKS新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 821
通常配送無料 詳細
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
嘘だら&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書) 新書 – 2013/11/30


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 110


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書) + 嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書) + 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
合計価格: ¥ 2,463

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

反日という妄執に囚われて、歴史を捏造し自我を保つ哀れな隣人につける薬。悪か邪か?韓国人の歴史観はファンタジーだった。

著者について

1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。
在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、同大学で日本国憲法を教え現在に至る。日本近現代史の泰斗でもある鳥海靖教授に師事し、
同教授の退任に伴って同大学院を退学。2012年、希望日本研究所所長を務める。著書に『誰が殺した? 日本国憲法! 』(講談社)、『検証 財務省の近現代史』(光文社)
、『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』(ともに小社)など。
現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」でも積極的に言論活動を行っている。

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2013/11/30)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4594069525
  • ISBN-13: 978-4594069520
  • 発売日: 2013/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (45件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 16,112位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

224 人中、201人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/11/30
形式: 新書
「歴史とはそんな単純なものではありません。戦前と戦後で区切って一方的な善悪できめつけられるほど、人間の営みは単純ではないのです」「韓国人の歴史的記述態度は、常に自分の生きている時代に合わせた評価です」。

刺激的な語り口でありながら、核心を突いた解説を試みている本だった。朝鮮半島の歴史を古代からざっと振り返った上で、日本と韓国の間の近現代史についてわかりやすく論じた本である。

著者は、まず、韓国梨花大学の韓国史入門における「韓国民族は70万年前の旧石器時代から新石器・青銅器時代へと移り、古代国家を成立させて以降、現在まで東アジアの主役として堂々と固有の歴史を守り続けていた」といった記述を引用しながら、韓国人の歴史観は常にファンタジーであると指摘している。そして、実際の朝鮮半島の歴史は、中国の歴代政権と日本をはじめとする周辺国の歴史に翻弄された「場」でしかないことを明らかにしていく。

近現代史については、「検定韓国高等学校近現代史教科書」の内容を確認しながら韓国の歴史認識について史実との乖離を検証しながら解説を行っている。高宗、大院君、閔妃の3人を中心とした流れ。日本の統治によって急速にもたらされた文明。当時は日本の一部だったので韓国は日本と戦ったわけではない。それぞれの時代の日本側の対応の問題点や、戦後の韓国の大統領た
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
174 人中、149人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JINPACHI 投稿日 2013/12/1
形式: 新書
最近インターネットを中心として韓国を批判する言論が多く、本書もその類書、、、かと思って購入したが、さにあらず。
近現代の日韓関係、正確には朝鮮半島と日本の関係を通じて日本人に猛省を促す書です。

著者もはじめに書いていますが、韓国とは本当に厄介な相手、そして本当に哀れな人たちなのです。

哀れな人たちは何とかして救いたい・・・というのがごく普通の日本人的心情であり、われわれのご先祖様も
それ以外の動機ももちろんありましたが、その心情を持って接してしまったのです。

結果的には重大な誤りでしたが、その誤りから学ぼうというのが本書の重要なテーマのひとつだと思います。

韓国の虚言を批判して溜飲を下げよう、という方には少々酷な内容かもしれません。しかしそういう人たちにこそ
本書の購読を検討してほしいです。是非最後まで読んで、著者が日韓関係を通じて韓国批判以上の何を伝えたかったのか、
考えてみてください。

あ、ちなみに本書の内容自体はかなり高度なものです。歴史にまったく興味がないという方には
同じ著者の「総図解 よくわかる 日本の近現代史」を先に読むことをオススメします(マ)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
58 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 とも トップ500レビュアー 投稿日 2013/12/7
形式: 新書
日本の大マスコミがどんなに擁護しようが。
テレビ局を中心にメディアが韓流を広げようとしようが
しかしネットの時代になると、既存のメディアを通じることなく情報が入ってくる
かつては、大マスコミでしか知る事が出来なかった情報が、ネットを通じれば誰もが知る事ができる

政治家やメディアが日韓友好を叫ぶ中で、韓国で繰り返された反日の数々を、韓国メディアのサイトを通じて知った
多くの人たちが嫌韓に走ったのは当然の成行きでしょう。
日本のメディアが日韓関係の大切さを語っている裏側で、韓国のメディアは、露骨な日本蔑視の報道を繰り返す。
こうしたネットを通じて隠し切れなくなった実態を知ったことが、嫌韓を広げた理由であること
それを理解するべきだと思います。
それだけに嫌韓と反メディアは、かつては一体のものとして語られていた
嫌韓が議題に出れば、必ずメディアへの苛立ちや批判が起こっていた。
李明博大統領の竹島上陸と天皇蔑視発言さらには、対馬の仏像盗難問題などが広がり。
韓国への反発がメディアも含めて広がると、かえってネット上の嫌韓は控え目になってきたようにも思える

何れにしても本書のような韓国の歴史を非難する書籍が続々と出る様になったのも、こうした日
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
53 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 温泉大好き。 トップ50レビュアー 投稿日 2013/12/19
形式: 新書
 「嘘だらけの近現代史」シリーズの三作目。初めに「韓国人の主張」を掲げ、それが如何に彼らお得意のファンタジーであるかを解き明かして行くという形式で書き進められている。彼らの唱える自国の歴史がことごとく作り話であることを承知している人にはややインパクトに欠ける内容だが、日本は韓国に永遠に謝罪しなければならないと本気で思い込んでいる人には恰好の入門書と言える。時代の潮流を読めず、強い国に阿(おもね)り、国としての主体性を保つことも出来ずにいた半島の歴史は、著者の言う通り、「場」としての歴史でしかない。
 自国の歴史をこれでもかと飾り立て、自らを日本の被害者に仕立て上げようという彼らの病理の根源はどこにあるのか。それは、「劣等感」と「日本への憧れの感情の裏返し」である。彼らが百遍反日を口にする合間に日本人が一言反韓を口にすると彼らがあれほどまでに逆上するのは、極度の劣等感に苛まれた人間特有の反応である。古来からのありのままの史実をごく自然に尊重する日本人から見れば、嘘をつき続けることで精神の安寧を得ようと努める(無論、実際には得られるはずもないのだが)憐れな病気国家の有り様は、無間(むげん)地獄と評する他ない。
 日本に憧れながら四六時中反日を唱える彼らの姿は、好きな女の子にわざと意地悪をする幼稚園児か小学校低学年の児童の姿そのものである。彼らが反日を口にし続ける限り
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック