Amazon Kindleでは、 嘘だらけの日韓近現代史 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 474

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)
 
 
1分以内にKindleで 嘘だらけの日韓近現代史 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書) [新書]

倉山 満
5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (44件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 821 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 600  
新書 ¥ 821  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書) + 嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書) + 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
合計価格: ¥ 2,463

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

■哀れな隣人につける薬とは?

「反日」という妄執に囚われ、捏造で自我を保つ国・韓国。著者は本書で「韓国人の歴史観はすべてファンタジー」と斬り捨てる。
「2000年の歴史のなかで常に『中華帝国の第一の子分である』ということにのみアイデンティティを置き、
自助努力で独立しようという意思も能力も見せることがなかった。日韓併合が許せないと言いますが、それでは当時、現実的にどんな選択肢があったのか?
朝鮮は独自の王朝を持ってはいても、独立国家の要件をまるで満たしていない。国というより単なる地名です」と容赦ない。
これまで中国史の一部でしかなかった朝鮮半島史を、気鋭の憲政史研究者が冷徹に分析し見えてきたものとは?
「嫌いな国を無理に好きになろうとする必要はありませんが、自分を嫌っている相手にこそ言うことを聞かせるべきです。
これこそが、哀れな隣人と付き合う要諦なのです」――日韓近現代史の「真実」を明らかにすることで、厄介な「隣人」の正体を描きだす。

■本書の内容
第一章 嘘だらけの「自称」朝鮮史
・朝鮮半島は常に「場」にすぎない
・「高麗」――他国の栄光は自分の歴史
・「忠烈王」――王様は売国奴? etc.

第ニ章 目覚める日本と眠る朝鮮
・朝鮮の歴史は常にファンタジー
・無礼な朝鮮――征韓論の真相
・日朝修好条規はなぜ不平等条約だったのか? etc.

第三章 代理戦争の「場」でしかない朝鮮
・壬午事変でとにかく中華様に媚びる
・日清戦争は朝鮮の約束違反が招いた
・日露戦争はロシアに媚びた朝鮮が招いた etc.

第四章 日本に「帝国」は似合わない
・朝鮮など併合したくなかった
・日本に植民地を持つ資格なし
・お人よしすぎる日本人 etc.

第五章 韓民族が「反中親日」だった時代
・朝鮮を守るために満州事変は起きた
・創氏改名・強制連行、慰安婦について語っておこう
・反日を叫ぶほど金日成賛美になるジレンマ etc.

第六章 やっぱり「地名」にすぎない韓国
・米ソ冷戦に振り回される半島
・李承晩に鉄槌を下した外交官
・帝国陸軍の申し子、朴正煕 etc.

第七章 自ら地獄に落ちる韓国
・北朝鮮に核武装を許した金泳三
・北に浸透される反日国家
・泥舟中国にすり寄る朴槿恵と日本の運命 etc.

内容(「BOOK」データベースより)

反日という妄執に囚われて、歴史を捏造し自我を保つ哀れな隣人につける薬。悪か邪か?韓国人の歴史観はファンタジーだった。

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2013/11/30)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4594069525
  • ISBN-13: 978-4594069520
  • 発売日: 2013/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (44件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 28,027位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
224 人中、201人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアー トップ10レビュアー
形式:新書
「歴史とはそんな単純なものではありません。戦前と戦後で区切って一方的な善悪できめつけられるほど、人間の営みは単純ではないのです」「韓国人の歴史的記述態度は、常に自分の生きている時代に合わせた評価です」。

刺激的な語り口でありながら、核心を突いた解説を試みている本だった。朝鮮半島の歴史を古代からざっと振り返った上で、日本と韓国の間の近現代史についてわかりやすく論じた本である。

著者は、まず、韓国梨花大学の韓国史入門における「韓国民族は70万年前の旧石器時代から新石器・青銅器時代へと移り、古代国家を成立させて以降、現在まで東アジアの主役として堂々と固有の歴史を守り続けていた」といった記述を引用しながら、韓国人の歴史観は常にファンタジーであると指摘している。そして、実際の朝鮮半島の歴史は、中国の歴代政権と日本をはじめとする周辺国の歴史に翻弄された「場」でしかないことを明らかにしていく。

近現代史については、「検定韓国高等学校近現代史教科書」の内容を確認しながら韓国の歴史認識について史実との乖離を検証しながら解説を行っている。高宗、大院君、閔妃の3人を中心とした流れ。日本の統治によって急速にもたらされた文明。当時は日本の一部だったので韓国は日本と戦ったわけではない。それぞれの時代の日本側の対応の問題点や、戦後の韓国の大統領た
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
174 人中、149人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ただの韓国批判にあらず。 2013/12/1
形式:新書
最近インターネットを中心として韓国を批判する言論が多く、本書もその類書、、、かと思って購入したが、さにあらず。
近現代の日韓関係、正確には朝鮮半島と日本の関係を通じて日本人に猛省を促す書です。

著者もはじめに書いていますが、韓国とは本当に厄介な相手、そして本当に哀れな人たちなのです。

哀れな人たちは何とかして救いたい・・・というのがごく普通の日本人的心情であり、われわれのご先祖様も
それ以外の動機ももちろんありましたが、その心情を持って接してしまったのです。

結果的には重大な誤りでしたが、その誤りから学ぼうというのが本書の重要なテーマのひとつだと思います。

韓国の虚言を批判して溜飲を下げよう、という方には少々酷な内容かもしれません。しかしそういう人たちにこそ
本書の購読を検討してほしいです。是非最後まで読んで、著者が日韓関係を通じて韓国批判以上の何を伝えたかったのか、
考えてみてください。

あ、ちなみに本書の内容自体はかなり高度なものです。歴史にまったく興味がないという方には
同じ著者の「総図解 よくわかる 日本の近現代史」を先に読むことをオススメします(マ)
このレビューは参考になりましたか?
60 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 嫌韓って立場であえて語らないが 2013/12/7
投稿者 とも トップ500レビュアー
形式:新書
日本の大マスコミがどんなに擁護しようが。
テレビ局を中心にメディアが韓流を広げようとしようが
しかしネットの時代になると、既存のメディアを通じることなく情報が入ってくる
かつては、大マスコミでしか知る事が出来なかった情報が、ネットを通じれば誰もが知る事ができる

政治家やメディアが日韓友好を叫ぶ中で、韓国で繰り返された反日の数々を、韓国メディアのサイトを通じて知った
多くの人たちが嫌韓に走ったのは当然の成行きでしょう。
日本のメディアが日韓関係の大切さを語っている裏側で、韓国のメディアは、露骨な日本蔑視の報道を繰り返す。
こうしたネットを通じて隠し切れなくなった実態を知ったことが、嫌韓を広げた理由であること
それを理解するべきだと思います。
それだけに嫌韓と反メディアは、かつては一体のものとして語られていた
嫌韓が議題に出れば、必ずメディアへの苛立ちや批判が起こっていた。
李明博大統領の竹島上陸と天皇蔑視発言さらには、対馬の仏像盗難問題などが広がり。
韓国への反発がメディアも含めて広がると、かえってネット上の嫌韓は控え目になってきたようにも思える

何れにしても本書のような韓国の歴史を非難する書籍が続々と出る様になったのも、こうした日
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
53 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 温泉大好き。 トップ50レビュアー
形式:新書
 「嘘だらけの近現代史」シリーズの三作目。初めに「韓国人の主張」を掲げ、それが如何に彼らお得意のファンタジーであるかを解き明かして行くという形式で書き進められている。彼らの唱える自国の歴史がことごとく作り話であることを承知している人にはややインパクトに欠ける内容だが、日本は韓国に永遠に謝罪しなければならないと本気で思い込んでいる人には恰好の入門書と言える。時代の潮流を読めず、強い国に阿(おもね)り、国としての主体性を保つことも出来ずにいた半島の歴史は、著者の言う通り、「場」としての歴史でしかない。
 自国の歴史をこれでもかと飾り立て、自らを日本の被害者に仕立て上げようという彼らの病理の根源はどこにあるのか。それは、「劣等感」と「日本への憧れの感情の裏返し」である。彼らが百遍反日を口にする合間に日本人が一言反韓を口にすると彼らがあれほどまでに逆上するのは、極度の劣等感に苛まれた人間特有の反応である。古来からのありのままの史実をごく自然に尊重する日本人から見れば、嘘をつき続けることで精神の安寧を得ようと努める(無論、実際には得られるはずもないのだが)憐れな病気国家の有り様は、無間(むげん)地獄と評する他ない。
 日本に憧れながら四六時中反日を唱える彼らの姿は、好きな女の子にわざと意地悪をする幼稚園児か小学校低学年の児童の姿そのものである。彼らが反日を口にし続ける限り
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 思わず笑ってしまった
韓国の歴史に特化して勉強している学者は著者が知る限りいない、なぜなら朝鮮半島はずっと属国だったから。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: カメ子
5つ星のうち 5.0 端的に日本と韓国の関係が分かる。満足です。
多くの日本人に読んで欲しい一冊です。日本人でありながら、いつまであなたは、自虐史観で日本をみるのですか?
投稿日: 2か月前 投稿者: mm
5つ星のうち 3.0 読みやすく面白いのですが
文体が軽快なのでさっと読めるのが良いことで悪い事でもあるんでしょう
朝鮮。韓国に関しての記述には、すかっとする面があるのですが... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: てつ
5つ星のうち 5.0 本当に嘘だらけです
韓国に関しては20年前より嫌悪感を抱いておりました。その訳がすっきり、はっきりした思いです。本書では詳しくは述べられておりませんが、在日の人達も強制されて日本に連... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 東尋坊
5つ星のうち 4.0 分かりやすい
この手の本の中では分かりやすく、胸がすーっとする本。
この国を同情するだけではなく、私たちは正しい知識を身につけないと、... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: サルヲ
5つ星のうち 5.0 なるほど・・・
なかなか興味深い内容でした。知らないことが沢山ありました。さてもう一度読み直そう。
投稿日: 5か月前 投稿者: 殿様カエル
5つ星のうち 5.0 日本国民は靖国に手を合わせるべき!
この歳まで知らなかったことが恥ずかしい。一部の新聞社や政党が、この国、国民を卑屈にして貶めたが納得できた。戦争に行った、父親世代は本当に偉かった。今更遅きに失する... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: shimoyama
5つ星のうち 5.0 Fun, FUN,FUN
So funny and hilarious! There is a lot of facets of true history behind Korea... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 田中ケイ
5つ星のうち 5.0 日本は正しく韓国を支配したか?
「日米」、「日中」と続いた三作目ですが、著者が初めに朝鮮は「場に過ぎない」と言っているように、内容は日本の対朝鮮政策が中心になりがちです。この原因は朝鮮の主体性の... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 偏執狂的読書暦
5つ星のうち 2.0 「嘘だらけの日米・日中近現代史」だけで十分です
嘘だらけシリーズ最新作ですが,
「嘘だらけの日米近現代史」
「嘘だらけの日中近現代史」... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 名無し
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック