Amazon Kindleでは、 命もいらず名もいらず 上 ―幕末篇 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
命もい&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

命もいらず名もいらず_(上)幕末篇 単行本 – 2010/3/25


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 100
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 896 ¥ 51


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

命もいらず名もいらず_(上)幕末篇 + 命もいらず名もいらず_(下)明治篇 + いっしん虎徹 (文春文庫)
合計価格: ¥ 4,763

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本をどうする。お前はどう生きる。―最後のサムライ!山岡鉄舟、堂々の生涯。

著者について

1956年、京都市生まれ。同志社大学文学部美学及び芸術学専攻卒業後、出版社勤務を経てフリーランスのライターに。1998年『信長を撃つ』(祥伝社)で作家デビュー。99年『弾正の鷹』で小説NON短編時代小説賞を受賞。2002年長編作『白鷹伝』(祥伝社)を発表。2004年、『火天の城』(文藝春秋)が第11回松本清張賞を受賞。同作品は映画化される。また『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第140回直木賞を受賞しベストセラーになる。その他に『雷神の筒』(集英社)、『いっしん虎徹』(文藝春秋)などがある。現在最も人気・実力ともに備えた歴史小説家のひとりである。

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2010/3/25)
  • ISBN-10: 4140055804
  • ISBN-13: 978-4140055809
  • 発売日: 2010/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 84,718位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スイート・サイエンス VINE メンバー 投稿日 2011/1/9
形式: 単行本
山岡鉄舟に関しては、剣の達人程度のあやふな知識しか持っていなかったが、本書を読んで凄まじい男であることがわかった。

この男のすごいのは常に本気だということだ。生涯をかけて剣、書、禅の道を追求するが各々の道の究め方が半端ではない。人の10倍・100倍努力すると思い定めてそれを実行する。つねに全身全霊でものごとにあたるというのがこの男の信条。全身全霊と口に出すのは簡単だが、鉄舟はそれを生涯において実際に日常生活レベルで貫いたことがすごい。

幕臣として徳川慶喜に仕えて江戸幕府の平穏な幕引きに奔走し、明治に入ってからは天皇の侍従まで務めることになるが、自分の身を捨てて真正面から物事に取り組む姿勢が周囲の信頼を得て、物事を成し遂げることにつながったことがよくわかる。

なお、タイトルの「命もいらず名もいらず」というのは、幕末に西郷隆盛と江戸総攻撃を中止するよう談判した際に、西郷が鉄舟について「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困りもす。そういう始末に困る人物でなければ、艱難を共にして、国家の大業は為せぬということでございます」と語った言葉から来ている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 近藤智司 投稿日 2010/4/18
形式: 単行本
先日、新聞の書評欄に「〜私は唯一つ、久しぶりに真に美しい小説を読んだ、というだけでもう満足である。その美しさにおいて本書は山本作品の頂点である。」とあり、星が★★★★★もついていたので買ってみました。
江戸無血開城の真の立役者である鉄舟こと山岡鉄太郎 の生き様を見事に描いた良書。
鉄舟の人生に向かうその姿勢に心を打たれます。
静と動…。静かに、そしてフツフツと心が熱くなる良い小説です。

これから社会人になる方や、20代の若いビジネスパーソンにも是非読んでもらいたいなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 criticalreasoning 投稿日 2012/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本を上下巻読み終えるまですんなり読み進めることなくじっくりと歴史事実をかみしめながら読ませていただいた。山岡鉄舟といえば日本有数の剣豪に数えられているが、その天賦の才に至るまで様々な葛藤があったことを察することができる。剣と禅を極めた鉄舟であるが、それ以外にも書道を極め、そして何よりも他人を動かす心を持つにいたったことが素晴らしく、幕末の上巻では剣豪との戦いや騒乱の度にハラハラさせられた。そして一方、下巻の明治編では明治天皇にお仕えし、明治天皇の人格を磨いていくことに一役買っている。教育者、指導者として評価はさまざまであろうが間違いなく一流ではあったであろう。

 この本から読み取れることは歴史の物語ではあるが事実が大半であり、まるでノンフィクションを読んでいるかのごとくであった。

 登場人物も芹沢鴨、近藤勇、西郷隆盛、勝海舟、清河八郎、大久保利通など名だたる登場人物が描かれており、彼らと鉄舟との関わりが非常に興味深い。最後の浅利又七郎を剣気で負かすさまは鉄舟の剣の極みがどれほどのものであったかを表しており、並の人間ではなかったことを思い知らされる。

 読了後、久しぶりに何とも言えない余韻があった。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 五角五面 投稿日 2010/10/17
形式: 単行本
勝海舟が成し遂げたといわれる江戸の無血、無火災開城は本書の主人公、山岡鉄舟がお膳立てをしたという逸話を収録し、西郷をして「命も名も要らぬひとほど、始末におえぬ」と言わしめた鉄舟の半生を上巻で描く。浅利道場での死闘など見所がたくさん。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 月末の志士 投稿日 2011/1/18
形式: 単行本 Amazonで購入
 私は最近、つくづく「人間一番大事なのは外見だ」と思うのである。貌(かお)がイイと云う事が、何より大切なことだと感じるのだ。
 
 本作の主人公、山岡鉄舟という御仁をはじめ、幕末・明治の英傑たちの多くは真影を残している。その貌の良さ、男(女)っぷりのよさには驚くばかりである。鉄舟さんの写真もウィキペディアほか、数多くネット上に掲載されているのでご覧頂きたい。紋付袴姿で、刀を手挟んだ容貌は、まさしくサムライである。また、晩年の髷を落とし、髯を蓄えた姿には、不思議と洗練されたジェントルマン的な要素も感じる。単に整った顔なのではない。何か今にもこちらに語りかけてきそうな、深みのある貌なのだ。対峙する者にオーラを発する人物の大きさを感じさせる人間っぷりの良さがあるのだ。

 本作はその鉄舟の魅力を余すところ無く描いていて、一陣の涼風が身体の内を駆け抜けて行くような爽快感に満ちている。剣術と禅と放蕩に明け暮れる鉄舟の一直線の生き方が、小事に汲々とする平成の小市民に問いかけるモノは甚だデカい…。鉄舟のさんに、貧弱なわが肩にビシリと警策を与えられた心持だ…。
 
 ことに特筆すべき場面は、官軍の東征大総督参謀の任にあった西郷さんとの会見のシーンである。それは、幕府だとか官軍だとか、自らの立場や面子など全く問題とせず、日本国と民草を思い、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック