通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースに多少のキズありますが、盤面に目立つキズや汚れはなく、概ね良い状態です。Amazon配送センターより送料無料で、安全・迅速に発送されます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 2,370
通常配送無料 詳細
発売元: メディア堂 ☆ コンビニ決済・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます☆
カートに入れる
¥ 2,375
通常配送無料 詳細
発売元: ほんとDVD☆お急ぎ便もできます☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

吸血鬼ノスフェラトゥ [DVD]


参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,370 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,734 (42%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、森之丘 ZAKKA&BOOKS 【毎日発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,015より 中古品の出品:4¥ 1,200より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マックス・シュレック, アレクサンダー・グラナハ, グスタフ・フォン・ワンゲンハイム, グレタ・シュレーダー
  • 監督: F.W.ムルナウ
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アイ・ヴィ・シー
  • DVD発売日: 2004/09/24
  • 時間: 64 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002T24WQ
  • EAN: 4933672226552
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 108,443位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ドイツ表現派の巨匠、F・W・ムルナウがブラム・ストーカーの小説を映像化した吸血鬼映画の原点。スキンヘッドに異様な鷲鼻とギョロ目という吸血鬼の造形と、超自然的な恐怖を積み重ねていく演出によって独特な映像カタルシスに誘われる怪奇映画の古典。

内容(「Oricon」データベースより)

ブラム・ストーカー原作の物語を映画化した、吸血鬼映画の原点となった作品。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ニックの神風 投稿日 2011/4/15
伯爵はハゲ頭の無口なじいさんなんだけど、すらっと背の高い痩身で、病的な表情に物々しい風貌をしていて怖いです。
立っているだけで、あるいは影が写るだけで、不吉な風が吹くよう。
しかも汚いじいさんなのに、やはり伯爵然とした高潔さや上品さは感じるんですねぇ。
ホラーでサイレントなんて大丈夫かと不安でしたが、このじいさんのキャラといい見せ方はかなり不気味でうまかったです。

噂を笑い飛ばしていたハーカーも、
実際にノスフェラトゥと立ち合い、徐々に不安になり、ついに怖くなり…
そしてハーカーとの接触から間もなくドイツ中に広がるノスフェラトゥの魔の脅威。
もともとドラキュラ神話は流行病の感染が基になった話という説もありますが、
この作品はネズミも効果的に用いて“感染”的に恐怖が拡大していく様が
サイレントならではの大袈裟さで印象的に描かれてた。
ホラー映画の元祖としてもなかなか興味深い演出が多くあったと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モンスターボーイ 投稿日 2006/9/11
全体的に少し物足りない感じがしますが、マックス・シュレックの吸血鬼は怖く、これに比べたら後のベラ・ルゴシやクリストファー・リーの吸血鬼なんてカワイイもんです。この作品では吸血鬼は紳士的な存在ではなく見ての通り化け物であり、恐怖の存在として描かれています。しかもサイレントでモノクロ、そして映像の画質が悪いから余計に怖いです。それにモンスターの本で調べてみた結果、本当の吸血鬼はこの映画に出ている者に近いそうです。真の吸血鬼が見たいと言う人は是非どうぞ・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dionaea 投稿日 2005/9/8
ブラム・ストーカー夫人の許可が下りず、
ドラキュラという名前を使用できなかったことも有名な最初期の吸血鬼映画。
これ以前にも一応吸血鬼映画は作られていて、
19世紀末の『悪魔城』という作品が最初らしいのですが、
フィルムが現存していないそうです【世紀末ホラー劇場 (シネマハウス)より】
この映画はモノクロのサイレント映画にも関わらず、
監督F・W・ムルナウの演出があまりにも優れていて、ベラ・ルゴシ主演のハリウッド版や、
ハマーの作った一連の作品よりも緊張感を持って見ることが出来ます。
ルゴシ版やハマーはドラキュラにダンディズムというか、エロティシズムというか、
キャラクター性を与えて、それを重視した作り方をしていましたが、
この映画はトータル・バランスを追求しているのが素晴らしいです。
マックス・シュレック演じるノスフェラトゥの異常な風貌と抜群の雰囲気や、
古典ホラーならではの『直接映像を見せずに、心理的に恐怖を掻き立てるという演出』
はやはり映画史に残る名作というだけあると思います。
カリガリ博士や吸血鬼(カーミラ版)と共に、ドイツ表現主義の頂点を極めたと言われる傑作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 besteffort トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/8/29
ドラキュラという名前こそ権利の問題で使っていませんが
ドラキュラ映画としては原点となる本作

一般的なドラキュラのイメージである
耽美的で、マントを着た貴族の姿は本作品ではまだ確立されてません。
この後のベラ・ルゴシ主演『魔人ドラキュラ』がそのイメージではありますが
こちらの、ネズミ男のような風貌の方がより原作に近いとのこと。

世界最大の映画投票サイトIMDbでもTOP250にランク・インしており
ドイツ表現主義の歴史を振り返る際に外せない名作となってます。

ただ、今日の映画と比して「ストーリーだけで純粋に楽しめるか?」というと
やはり厳しいです。撮影技術とかの制約が大きいのですが、
私自身“朝と夜の描写が全く分からなかった”ですし、自分物の描き方も
サイレント時代風というか、心理描写などが極端でわざとらしく感じてしまうことが
いくつかありました。*台詞による表現がないので仕方がない。

映画という芸術は撮影技術とともにその表現の幅を広げてきたのだと思うので
古典というだけでむやみにオススメする映画でもないかと思います。

映画好きで、映画発展史を含めて好きな人にはよいかもしれませ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック