Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 300

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
君を幸せにする会社
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

君を幸せにする会社 [単行本(ソフトカバー)]

天野 敦之
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (30件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,404  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

君を幸せにする会社 + 宇宙とつながる働き方 経済を回復させるたった一つの方法
合計価格: ¥ 2,808

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

大学在学中に公認会計士試験に合格し
30万部ベストセラー『会計のことが面白いほどわかる本』を
26歳で生み出した俊英・天野敦之の新境地!

ベストセラー執筆後、証券会社の投資銀行業務を経て
外資系コンサルティングファームで活躍する著者が、
理想と現実の狭間で暗中模索の末に気づいた
“働くことの本当の意味”を、寓話に託して表現する意欲作。

目先の利益を追求するばかりで誰も幸せになれない
私たちの社会の行き着く先を見据え
“ビジネスや企業の新しいあり方”を提示する。

あなたも、本書の主人公「クマ太郎」になったつもりで
読んでみてください。

「成功や利益を追いかけているけど、果たしてこれでいいのか」
「働けば働くほど何かを失うような気がする」――ひたすら利益追求を求められる現代社会。
このような疑問や矛盾を感じ閉塞感を抱いているビジネスパーソンに読んでいたただきたい1冊です。

福島正伸さん、山田真哉さんはじめ各界著名人絶賛!

<あらすじ>
舞台は、ある温泉街の老舗旅館「クマの湯ホテル&リゾート」。
2代目のクマ太郎は、旧態依然とした経営を立て直そうと、ビジネススクールで学んだ手法を導入。
ところが業績は一向に改善せず、断行したリストラも状況を悪化させるばかり。
「どうすればよいのか」自問自答をくり返し、答えを模索する毎日が続く。
そんなドン底状態で、ある事件が起きる。その先にクマ太郎の気づいたものとは……。

内容(「BOOK」データベースより)

大学在学中に公認会計士試験に合格し、30万部ベストセラー『会計のことが面白いほどわかる本』を26歳で生み出した俊英・天野敦之の新境地!ベストセラー執筆後、証券会社の投資銀行業務を経て外資系コンサルティングファームで活躍する著者が、理想と現実の狭間で暗中模索の末に気づいた“働くことの本当の意味”を、寓話に託して表現する意欲作。目先の利益を追求するばかりで誰も幸せになれない私たちの社会の行き着く先を見据え“ビジネスや企業の新しいあり方”を提示する。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 190ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2008/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534044429
  • ISBN-13: 978-4534044426
  • 発売日: 2008/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (30件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 78,915位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 感謝が大切 2009/1/18
投稿者 かつお
形式:単行本(ソフトカバー)
最近、お客様、従業員などの関係者に感謝することがたいせつだという本が多いですね。。。

この本の評価すべき点は、「お客様の幸せといっても自社の利益のためにお客様を利用しているだけじゃないですか。偽善ですよ。」という言葉があり、自分の利益のための感謝ではいけないという指摘をしながら、話を進めているところかなと思っています。
 そこから、さらに苦難があり、主人公は「幸せは自分の心の中にある」ことに気づくのだが、それが心の中に定着しないで更に悩んでいく。「常に感謝の気持ちを持つためには・・・」を考えて、「他者と競ったり比較しないことから自由になれば、すべてに感謝の心をもって幸せに生きることができる」ことを理解し、「自分がよりすばらしい心を持てるように、自分が成長していければそれでいいんだ」と気づき、事業が好回転していく。

とても、読みやすいので1時間30分程度で読み終わりました。。

ただ、なんだか物足りない感じがしています。。。
このレビューは参考になりましたか?
62 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 なぜか、こころに響かない 2008/12/25
投稿者 Kay
形式:単行本(ソフトカバー)
書かれている内容自体には、いささかの問題ありません。それどころか、とても
素敵な内容。物語で経営の「本質」を伝えるスタイルも、登場人物がみんな動物
である構成もユニークで、楽しく読めます。

それにもかかわらず、この本は、なぜか、こころに響かない。「ビジネスには、
物を売ってお金をもうけることよりも大事なことがある」、というこの本のメッセージと、
著者ご自身の言動が矛盾しているからでしょう。著者のブログなどを拝見するにつけ、
この書籍の販売キャンペーンに奔走され、売り上げをしきりに気にされる姿勢は、
「あ、やっぱりこれも、売るための本だったのかな」、という気にさせます。

一旦そう感じてしまうと、ユニークで楽しい筈の本の内容が、「マーケティング」
という言葉と摩り替わっていくようです。「経営者の生き方と、顧客に発する
メッセージが矛盾していると、結局その商品も顧客のこころに響かない。
したがって、思うように売れずに苦悩する。」というのは、著者がクマ太郎に託した、
ご自身の経営理論そのものだったはずです。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 シーザー
形式:単行本(ソフトカバー)
企業は利益を上げなければ存続することはできません。
誰もが分かっていることで、誰もが利益を上げようと頑張っていることと思いますが、
その利益を上げるためには、社員の意識が大きく影響します。
社長1人が粋がっても何にもなりません。

仮に成果を出せない社員がいたとしても、単純に解雇するのではないということ、
人には得手不得手があり、それを見極めてこそ、リーダーの資質があると言えるのだと思います。
言われてみると当たり前のことかもしれませんが、改めて教えられた感じです。

多少の強引さはありましたが、面白かった本です。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 st1402
形式:単行本(ソフトカバー)
内容はとても読みやすいものになっています。

全体としては経営者としての成長物語となっていますが、
働く人間としての個人の成長を描いてもいるので、
主人公の「葛藤」、「いらだち」、「気づき」についても
身近に感じることができ、読み終えるとすっきりした感覚になりました。

最近はビジネスパーソンとして、
思考術など、身につけるべき技術や知識について扱われている書籍が多く、
そういったジャンルに食傷気味の方にはこの本を読んで一度小休憩してもらうと
良いかもしれません。

あまりにも読みやすく、それがかえって特徴がない印象をもってしまいましたが、
後半に愛とかシンクロニシティとかその文言が出てきたので、
最近の流行を取り入れたのかな・・、と邪推してしまいましたが。。

なぜ働くんだろう、と
ふと考えがよぎったらまた読み直したいと
思った本でした。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者
形式:単行本(ソフトカバー)
リゾートホテルの経営者であり、MBAホルダーでもある
クマ太郎が経営再建のプロセスの中で、悪戦苦闘しながらも、
本当に大切なものに出会うまでを描いた物語です。

「みんなががんばって働いているのに、みんな幸せから
遠ざかってる気がする」とか「利益と幸せは矛盾するのか?」
といった一見、重苦しいテーマを扱ってはいますが、
トラ助、ヒョウ吉など動物を用いた名前が出てきて、
楽しく読み進めることができます。

個人的に心に残っているのは、二つあります。
一つは「ずっと競争社会にいたクマ太郎にとって、
競争しないという考え方には、身体が拒絶反応を
示してしまう」というところ。「競争しないことは逃げること
と同じじゃないかと本能的に感じてしまう」というところは、
個人的経験と重なって、ズキッときました。

もう一つは、これまで幸福を外に求めていたクマ太郎が、
自分の中にあるということを悟るシーン。私たちが
ついつい忘れがちな感謝する心を取り戻すきっかけになります。

ちなみに、偶然にもこの本をリーマン破綻の日に読みました。
一体これからはどうなるんだろうと世の中全体が不安にな
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 見えにくく、地味な本質を、物語で伝えてくれる本。
近年、手っ取り早く夢を実現できるという「ノウハウ本」が非常に多くあふれています。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: むむ
5つ星のうち 4.0 一杯のかけそば、的に批判はできるかもしれないけれども
出だしこそちょっともたつくけれども、途中から一気に読ませる本でした。... 続きを読む
投稿日: 2011/7/18 投稿者: maui
5つ星のうち 4.0 コンパクトな物語形式
自己啓発書や経営指南書には、いろんなタイプがありますが、... 続きを読む
投稿日: 2011/7/5 投稿者: pommier_pomme
5つ星のうち 5.0 そのまま共感
クマ太郎社長の物語は、実はよくある物語です。
例えば、星のリゾートの星野社長の物語。... 続きを読む
投稿日: 2011/1/6 投稿者: 志をもってMBAに挑戦
5つ星のうち 5.0 読み出したら止められなくなった、寓話風であるが、経営やリーダーシップの本質に辿り着いている
何冊もの本を併読するのが常だが、この本は読み出して止められなくなった。

どうやったら経営をうまく軌道に乗せることができるのか... 続きを読む
投稿日: 2010/2/15 投稿者: Saint Francesco
5つ星のうち 5.0 働くことの本当の意味とは
動物を主人公にした寓話で表現しようとしているのは「働くことの本当の意味」です。経営者は目先の利益ばかりを追求してもみんな幸せにはなれません。21世紀の社会の行き着... 続きを読む
投稿日: 2009/7/4 投稿者: はしもと
5つ星のうち 5.0 とても素敵なお話で感動しました。
とても読みやすい内容で、エッセンスは、シンプルかつ本質的です。
経営において、というより、人生において、大切なことは何かを... 続きを読む
投稿日: 2009/7/2 投稿者: たんぽぽ
5つ星のうち 5.0 働くことの本当の意味
本書は、「幸せな仕事」と「利益の追求」、この二つの重要な経営命題を
実現するうえで重要な「ビジネスや企業のあり方」について、... 続きを読む
投稿日: 2009/6/4 投稿者: 早
5つ星のうち 5.0 これから増えてくる経営スタイル
3時間足らずで一気に読んでしまいました。

会社を経営して、お金が不足してくると考えがちなパターンや... 続きを読む
投稿日: 2009/3/19 投稿者: 大倉幹也
5つ星のうち 3.0 会社の存在意義を教えてくれる
... 続きを読む
投稿日: 2009/2/27 投稿者: サトマン
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック