中古品
¥ 255
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、小汚れ、ページ側面小ヤケがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

名前のない女たち―企画AV女優10人の人生 単行本 – 2009/3/6

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 255

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

名前さえ紹介されることなく、アダルトビデオの内容にあわせて時には女子校生、時には人妻に変身する企画AV女優たち。日雇い労働者のように、呼ばれた現場で過激なセックスを披露して、けっして高額ではないギャラを手にして消えるように辞めていく彼女たちは、何故、セックスをするという職業を選んだのか…。セックスを職業に選んでしまった彼女たちが赤裸々に語る、映像よりもさらに衝撃的な女優たちの生と性。
※本書は2002年6月に刊行した単行本を改訂したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

最も過激なアダルトビデオ、企画AV。映像よりさらに衝撃的な女優たちの生と性。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796670084
  • ISBN-13: 978-4796670081
  • 発売日: 2009/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 517,943位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
購入前は、読んでいて辛い話ばかりなんじゃあないか、と心配でした。実際は、やっぱり思ったとおり。インタビューを受ける側が、まず心理的に不安定で、心が悲鳴をあげている状態。そんな女性に遠慮しながら、プロの取材者として辛い思いでインタビューをする著者の心も痛々しい。
読んでいて決して楽しい本じゃあありませんが、もしも業界のありかたや実際の状態を知りたい人は、読む必要があると思います。特に、新たにこの業界に入ろうとする女性、男性は、まずこれを読んでからそれでもあえてという覚悟をするべきです。この業界にいるからといって軽蔑されるのは差別だと思います。しかしながら、業界が不健全な状態であり、特に出演女性に対しては極めて過酷な状態であること、彼女らの犠牲あっての業界であることは否定できません。加害者になる覚悟、被害者になる覚悟をもって取り組んでいただきたいのです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
10人の女優に対して2000年頃に行った
インタビューをまとめた本で、
やはり、各女優のAVに出るまでに至った様々な経緯は
興味深く読み進めることができ、
文体も読みやすくて、
サクッと読み終えるのも良かったです。

お買い得な感じで良いですね。

ただ、、表紙の女優「大沢祐香」は
この本の中には出て来ないのは残念です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
お店に行くと「今週の人気ベスト10」みたいなランキングを目にします。本書に登場するのはそういったランキングとはちょっと縁がない「企画系」とされる女優さんたちです。

私は女優さんの経歴といったものには無知だったのでなんとなく購入。色々な生いたちが紹介されていますが、なかには衝撃的な半生や私生活も紹介されてあり驚きました。

紹介されている人達のAVに対する考え方が色々である点が印象に残りました。ある人は単純にお金が欲しい、引退したら無かったことにしたい。しかし、別のある人はもっと良い作品に携わりたいし、自分が関わったということを記録に残したい。などなど。

ちなみに紹介されている方々は全員引退されている模様。私もAVにはよくお世話になっているのですが、「お疲れ様」という気持ちと筆者のあとがきにある最後の文章と同じ気持ちになりました。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック