Would you like to see this page in English? Click here.

中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,973

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 1,440
買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
名もなく貧しく美しく [DVD]
 
 

名もなく貧しく美しく [DVD]

小林桂樹, 高峰秀子, 松山善三 DVD
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換でのコンビニ 受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。



登録情報

  • 出演: 小林桂樹, 高峰秀子, 島津雅彦
  • 監督: 松山善三
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • DVD発売日: 2004/09/25
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002HV3LQ
  • EAN: 4988104022677
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 17,945位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   戦後まもない時期、夫の死に伴い、嫁ぎ先から追い出されて郷里に帰ってきた聾唖者の秋子(高峰秀子)は、聾学校の同窓会の受付に座っていた道夫(小林桂樹)と知り合い、やがて彼から結婚を申し込まれる…。
   ろうあ者同士の結婚という道を選んだ一組の夫婦が、戦後という激動の時代を健気に支えあいながら生き抜いていく姿を感動的に描いたヒューマン映画の名作。松山善三が自らのオリジナル脚本を演出し、監督デビュー。見事な熱演を示す主演ふたりの会話はすべて手話で、字幕スーパーをつけてその内容を語るという手法も、当時としては斬新なアイデアであった。同年度キネマ旬報ベスト・テン第5位。後に続編『続・名もなく貧しく美しく 父と子』も製作された。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

戦後の混乱期を懸命に生きようとする聾唖者同士の夫婦の姿を描いた感動のドラマ。出演は小林圭樹、高峰秀子ほか。


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
33 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 これぞ日本の純愛映画 2004/11/29
投稿者 moviemania VINE メンバー
Amazonで購入
最近は韓国ドラマがはやっているようだが、純愛にかけてはこの映画のほうが格段に上である。日本人ならこの映画を見ておく必要があるといえるほどの作品である。聾唖者の二人を演じる高峰秀子と小林圭樹の組みあわせがぴったりで、美しくもたくましい夫婦愛を見事に表現している。特に、手話で心を伝えるシーンの表現は大変に見事で、涙なくしては見られない。何度も見たくなる、宝物のような映画である。
古い作品でモノクロ映画だが、テレシネも良くきれいな画像に仕上がっている。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 vincent
この善意の言動は主人公の夫婦や妻の母親などを通して映画では語られます。しかし夫婦はそのやさしい愛情などを具現する演技者として、母親はどちらかというと語り部として登場するのです。
この人たちを際立たせるのが世間一般の眼、なのでしょうが、特に肉親の中に姉と弟という男女がいて、同じ環境の中で育ったのに、うまくいかない人生を送るのです。このことは、幸せはどこにあるのか?という問題を提起します。それは「各個人の気持ちの中にある」というあたりまえすぎる結論ですが、観ていて私自身、自分を振り返るのは最適でした。
「この家、家族さえあればどんなに辛いことでも耐えられる」というような台詞などは一例でしょう。そして監督は加山雄三さんを登場させまさに幸せの絶頂に主人公も観ている観客も持っていき、そこからどん底に突き落とします。これも「ハンディキャップ」のゆえ起こった事故だったのです。ですから現実の厳しさがあり、また音楽の林光さんが悲劇的な音楽をつけて観ているこちらまでいたたまれなくなるのですけど、このあと、息子の台詞の中に「親から継いだ善意の気持ち」を見出すことで完結するのでしょう。
今の自分と照らし合わせるには誠に良い映画だと思います。恋愛シーンも美しく激しい感情を表現しております。
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 共に支えあって生きる愛 2005/2/14
投稿者 nighthawk
聾唖者同士の夫婦のなれ初め~子育てに至るまで、とてもテンポよくストーリーは展開します。
登場人物もキャラが立っており、それぞれの立場に感情移入できるので何度観ても飽きません。
道夫(小林)と秋子(高峰)の手話で心を交わすシーンは劇中幾度となく出てきますが、
昔のサイレント映画を観ているような、独特のあたたまる情感を堪能できるのも本作の特筆すべき特徴でしょう。
また、道夫と秋子の夫婦愛を描いているだけでなく、母・秋子と息子・一郎の
母子の愛を描いている部分でも充分見応えがあります。
男女の純愛という観点からだけでなくとも、子育てに自信なくし掛かった世のお母さん方にも
ぜひとも観てもらいたい作品です。
なお、続編に当たる『続・名もなく貧しく美しく 父と子』(1967)も、
本作の続編としても裏切らない見応えある内容の作品なので、早期のDVD化を期待しています。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ただただ圧倒される 2008/3/5
投稿者 映画好きな方
この作品を観てから、高峰秀子・小林桂樹といったらこれがすぐに頭に浮かぶ。2人とも聴覚障害者を演じており、手話での対話を含め、互いに表情豊かで真摯なその演技にはひたすら圧倒され、感動した。劇中で度々出てくる「普通の人に負けないように」という台詞が強烈に印象に残る。自戒の意味を込めて、一度は観て欲しい愛に溢れた名作。それにしても、1930年代〜1960年代だけでも物凄い名画があるな〜と感嘆。日本の映画は、すごい。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 odd-eyes
Amazonで購入
 高峰秀子さんの出ている映画を、最近遅ればせながら貪って観ています。
顔の表情が多様で、どの作品も優劣ないほど素晴らしいです。まるで無声
映画を観ているような気分になりました。ハンカチ片手にご覧下さいませ。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 真剣に生きる人の人生は意義深い 2010/10/10
投稿者 ゆず湯
まず、この映画には終戦からの復興を描くドキュメントとしての価値がある。戦争ですっかり壊れてしまった社会のその後の成長ぶりと、市井の生活の変化を映像で見せてくれる。たとえば住居がバラックから人間らしい家に変わっていく様が良く分かり、子供のころ父から聞いていた日本の復興の話が初めて理解できたように思えた。私にはそれだけでも価値がある。復興だけでも充分ドラマチックに描くことが出来るが、その社会的背景の中、聴覚障害を持つ一組の夫婦が、いくつもの困難を乗り越えながら力をあわせて幸せな家庭を築きあげようとするストーリーが見事で終始胸を打たれる。名シーンの一つである、電車の窓越しの会話は口で喋らないからこそ成立するのであって、とてもよく考えられていると思う。挿入されるエピソードの一つひとつがシンプルでありながら深く感情に訴えてくる出来事ばかりで、だれもが秋子や道夫の感じるとまどいや驚き、悲しみ、あるいは希望を共に味わうだろう。そしてそれらは我々見ている側にも考えることを求めてくる。批判される事のあるラストにしても、無難に終わっていたら最高に気持ちいいかもしれないが、我々はその満足感と引き換えに、深く考えはしないだろう。そういう意味では、エンターテイメント性を持たせつつ、映画を見たものに真剣に生きる人生の意味を問いかけ、考えさせる社会性を持った作品といえる。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 購入してみて。。
前から欲しかったので早速、入手出来るとは思わなかったです。昔の映画は感動しますね。
投稿日: 11か月前 投稿者: 田中淳一郎
5つ星のうち 5.0 手話の勉強を始めて!
現在手話を勉強している身の私ですが、戦前戦後のろう者の
生きる事の難しさを知る事が出来ました。... 続きを読む
投稿日: 16か月前 投稿者: 南弘文
5つ星のうち 4.0 やっぱり良い映画だった!
本当に素晴らしい映画です。小学生の中学年の時に初めて見ました。その後成人してから、ぜひ見たいと切望していました。念願がやっとかないました。細部は覚えていないものだ... 続きを読む
投稿日: 19か月前 投稿者: 和田香誉
5つ星のうち 5.0 傑作です
高峰さんのフアンです、以前に鑑賞してとても良い映画だと思いました、また見たいと思い購入しました
投稿日: 22か月前 投稿者: コロンボ
5つ星のうち 5.0 後世に残したい日本の名画
この物語に初めて出会ったのはテレビドラマです。
由紀さおりさんの歌う主題歌と島かおり、東野英心さんの... 続きを読む
投稿日: 2012/7/12 投稿者: 司光太郎
5つ星のうち 5.0 理不尽とは何か
日本でも外国でもこの作品に「さしたる受賞歴がない」というのは、不思議で仕方がない。この作品の「結末」は哀しいし惨い。しかし「理不尽とはどういうことなのか」を私にこ... 続きを読む
投稿日: 2011/9/1 投稿者: Nobuwater2004
5つ星のうち 2.0 へんちきりんで見当違いな感傷映画
1961年に製作されたこの映画は、手話が大活躍する聾唖の夫婦の愛の物語で、薄幸の妻を高峰秀子、夫を小林桂樹が熱演して江湖の子女の紅涙を絞らずにはおかない所謂ひとつ... 続きを読む
投稿日: 2011/6/6 投稿者: あまでうす
5つ星のうち 4.0 日本人の心
この映画は子供の頃近所の映画館で両親と見た記憶が鮮明にある、泣けることがどうして目立ってしまうが、物質主義がこの映画が舞台になった時代から急速に... 続きを読む
投稿日: 2011/6/6 投稿者: rabbit26
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック