Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
吉祥天女 (2) (小学館文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

吉祥天女 (2) (小学館文庫) [文庫]

吉田 秋生
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
会員登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

吉祥天女 (2) (小学館文庫) + 吉祥天女 (1) (小学館文庫) + 河よりも長くゆるやかに (小学館文庫)
合計価格: ¥ 1,954

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

出版社からのコメント

小夜子に魅入られるように
男たちは惑乱し、死んでゆく。
遠野の家では、小夜子を
その怪物性に恐れつつも愛した涼が、
ひとり破局を押し止めようとしていた。
しかし事態は
悲劇的結末めがけて走り始める……。
羽衣を奪われた天女・叶小夜子。
傷ついた少女の魂の化身。
いつの日にか魂を鎮め、
吉祥天・愛の女神になれるだろうか。

登録情報

  • 文庫: 365ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091910076
  • ISBN-13: 978-4091910073
  • 発売日: 1995/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 196,549位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 真の悪者 2004/1/18
形式:文庫
この作品に出会ったのは小学一年のとき、母の実家ででした。
自分が生まれる前に連載していたマンガ、どれだけ古臭いのだろうかと暇つぶし程度に読んでいたのですが、内容はあまり理解できていないながらも不思議な感覚に囚われて数年経っても忘れられずにいました。
そして最近、成長してから読んだ『吉祥天女』は衝撃的でした。
私が今まで読んできたマンガは「誰が悪い」というのが明確なものばかりで、特に自分で考えなくても勝手に悪者があぶり出されてゆくのですが、この作品に限っては様々な人を手にかけて、最も悪いと思われる小夜子がとてもかわいそうに思えてきます。
なぜ17歳の女の子がそこまで冷たい人間にならなくてはいけなかったのか…またなぜ涼もあそこまで大人にならなくではいけなかったのか。
10代の心の純粋さを考えると胸が痛くなります。
色々なことを考えさせられる作品です。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 広く薦められる傑作 2006/9/24
By aquatio
形式:文庫
(上下巻合わせてのレビューとなります)

この本は、吉田 秋生のコミックの中でも最高傑作の一つではないでしょうか。

上巻は、どちらかと言うと、従来の吉田の学園モノ風に、しかし若干の下巻のドラマを予感させながら進み終わります。

少しずつ、いつもの吉田の作品と異質の、なにかオトナの黒さが、主人公の少女を仲介にかもし出され、後半に興味が湧きます。

下巻は、とてもダイナミックに進む。

救いのないようなメインのストーリがありながら、いつもの吉田ファミリーとでも言うべき、明るく、未来に輝く、傷つきやすい高校生や若者が配置されている。

おかげで、その点で暗くなりがちの絶望的なストーリーに救いがあります。

これは、初出が少女コミックであることに驚きつつ、なるほど、小学館漫画賞をとるだけのものはある、と唸ってしまいます。

若者から、コミックに抵抗があるかも知れない中高年齢層まで薦められる傑作と言えるでしょう。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 男だとか女だとか 2007/4/29
形式:文庫
主人公、叶小夜子が美貌と超能力ともいえる頭脳で自分をおびやかす人々を裁いていくという、一読すると痛快活劇のような話。

しかしその本質は、小夜子の凄まじいまでの攻撃性と保守性を17才という少女のなかでもてあまし、

最後は小夜子自身が思い描いていたと思われるシナリオとは少し違う結末を迎えてしまう…

女だから男より弱いという固定観念(現代にはもうあまりないけど)を見事に覆すこの作品。

年相応の傷つき易い心を持つ友人を羨ましく思う反面、強靭な精神力で自分の置かれている弱い立場から一転、

自分と自分の家を守った小夜子。

強い女の理想像そのものだが、決して幸せと言えない所に物語としての公平性がある素晴らしい作品。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 時代背景とともに読むと・・・ 2010/10/13
By 黒柴
形式:文庫
女の情念は恐ろしい。

表面上の展開だけ見れば昼ドラみたいなんだけど、深く潜る恐さがある。

これも1Q84と同時代で、やっぱりレイプファンタジーなんだと思った。

今読むと、これじゃ男が可哀相では…と思うけど、当時はウーマンリブの最中なわけで、それだけ女の抱えるものが臨界点に来てたってことなんだろうなー。

そういう世の中の気持ちを救いとるのが吉田さんの漫画なんだ。
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 ごめんなさい、面白くなかった。 2012/3/30
By Amazon Customerゆりか VINE メンバー
形式:文庫
 皆さんの評価がすごくいいのですから多分名作だと思います。でも私と妹の二人は、この作品から得るものがなかった。
 まず絵的に未熟な部分が多々あり、たとえば銃が爆発したのに漫画では銃はなんともなさそう。
 人物は、特に学校では、みなスマートな体型でデブの一人も出てこない。
 不自然な点も目立ちます。
 学生カバンを投げられただけで運転をあやまり電柱に突っ込む。
 不良がヨーヨーを投げられただけで、うわっ、とひるむ。
 警察をなめるなよ、というか、警察の捜査を馬鹿にしていませんか?
 風呂で溺れ死んだ女性を大学病院で解剖するのだが、胃の内容物から毒物は検出されなかったのか?
 深夜にクラスメートの部屋で猟銃をぶっ放すという異常な行動に警察は単なる事故ですますのだろうか? 
 その他いろいろカチンコチンと目についた。

 一巻を読み終えて、この作品は謎を引っ張りすぎるなぁ、と感じたけれども、何のことはない、たいした謎なんてなかったのである。
 
 
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xad91d7c0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック