吉原炎上 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

吉原炎上 [DVD]

5つ星のうち 3.8 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,677 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 347 (11%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,400より 中古品の出品:1¥ 3,183より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 吉原炎上 [DVD]
  • +
  • 鬼龍院花子の生涯 [DVD]
  • +
  • 陽暉楼 [DVD]
総額: ¥7,759
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 名取裕子, 二宮さよ子, 藤真利子, 西川峰子, かたせ梨乃
  • 監督: 五社英雄
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2014/03/14
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005FCX7K8
  • EAN: 4988101160587
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,282位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説&ストーリー】
名取裕子の白い裸身が鮮かに浮かぶ──。明治末期の華やかなりし吉原遊郭。虚飾と真実の間で強かに生きる“花魁”の姿を五大女優の競艶で絢爛豪華に描いた文芸大作。女を描いては最高の五社英雄が吉原遊郭を完全に再現。人間の激しさ、優しさを独特のエロティシズムで描く。

【キャスト】
名取裕子、二宮さよ子、藤 真利子、西川峰子、かたせ梨乃、根津甚八

【スタッフ】
原作:斎藤真一
脚本:中島貞夫
監督:五社英雄
【公開日】1987年6月公開

【スペック】
●映像特典
◆予告
◆フォトギャラリー

DUTD02128/COLOR/本編133分/片面2層/1.主音声:モノラル/16:9LB


【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『鬼龍院花子の生涯』の五社英雄監督が明治末期の吉原遊郭に生きる5人の女性の姿を描いたドラマ。名取裕子、二宮さよ子、藤真利子ほかが出演。“<東映 ザ・定番>シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まりあ トップ500レビュアー 投稿日 2003/6/3
形式: DVD
五社監督得意のエロティシズムたっぷりの映像は、視聴者の期待を裏切らないこの作品ですが、今観直すと公開当時の斬新さは少し失われつつあるかなという気は否めません。
しかし、今観て改めて感じた素晴らしさは、今では想像できないような豪華キャストが揃っていることです。主演の名取裕子に、脇を固める遊女(おいらん)役の女優が二宮さよ子、藤真利子、西川峰子、かたせ梨乃という、どの女優が主役をはってもおかしくない配役。また名取裕子演じる遊女の後見人に根津甚八、身請けする役人に小林念侍、そしてチョイ役の巡査役にあのベテラン俳優緒方拳が出ています。また女衒に成田三樹夫、妓楼の楼主夫妻に山村總、佐々木スミ江、若手俳優として今活躍の竹中直人、野村真美が登場します。手抜きの㡊??い配役が、吉原遊郭の幻想的な、しかし女の情念が燃え立つ場所で燃えるようなそれぞれの手堅い演技は、さすが五社監督という感じです。
名取裕子演じる遊女「紫」は、遊女の最高位「お職」にまで上り詰め、恋する相手の差し出す金で見事吉原の花である「花魁道中」を復活させます。華やかな花魁道中はこの作品の目玉のシーンですが、観ていて何か痛々しさを感じるのは、遊女紫が後見人への恋を捨て、遊女としての花を咲かせることを選んだ哀しさが感じられるからかもしれません。
脇を固めるベテラン女優の遊女たちの姿は、どれも粋で華やか、それ
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/29
形式: DVD
 華やかな装束を身にまとい、美しく化粧をした花魁たちは、色鮮やかで艶かしく、強さがあるけれどもはかなくて哀れな感じがしました。
 四季にあわせて移り行く花魁たちのストーリーは、それぞれ残酷で痛ましく、観ていて胸が痛くなります。
 見る側は、主人公のヒサノ(後の紫)といっしょに吉原の門をくぐりさまざまな人に出会い、廓の色に染まっていきます。とんとん拍子で最後には花魁道中を成し遂げますが、最後にはやはり痛い思いが残ります。
 ストーリーもよくできていますが、何といっても私は映像に強い衝撃を受けました。花魁道中や、真っ赤な背景の中で髪の毛を振り乱しながら客を求める花魁、心中しようとかみそりを振り回す花魁の姿などです。きっと私は一生忘れることが出来ないと思います。こんなに美しく悲しい女性たちを表現した映画はこれ以外に存在しないとさえ思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
最近花魁をテーマにした「さくらん」が映画化されたので、もう一度この作品を見直してみましたが、演技の面ではてんで比べ物にならないですね。

古い映画万歳主義というわけでは決してないのですが、女優さんたちの演技がすごすぎて絶句することがままあります。かたせ梨乃の演技の生々しさや、西川峰子演じる小花の壮絶な最期のシーン・・何回みても鳥肌が立ちます。今第一線で活躍されている女優さんの中で、あの演技を見せれる女優はそういないと思えるほど。

(個人的には鈴木京香さんや大竹しのぶさん以外思い浮かびませんでした)

ストーリーは18歳で吉原に売られた久乃が花魁道中をするまでに吉原でのし上がっていくというものですが、彼女を取り巻く人々の様々なエピソードも目がはなせません。

酒と男に弱くて剃刀振り回すような花魁もいれば、不治の病で無念の中死んでいく者、年季をあけて吉原を去るもの・・

吉原という場所で生きるの女の切なさや悲しさいやというほど感じられます。

女性は自分に置き換えて見てしまったりもするかもしれませんね。。私は久乃(主人公)みたいにはできないだろうなぁとか、どっちかっていうとかたせ梨乃タイプだろうなぁとか。

凄絶な環境の中で、必死に自分なりの幸せ
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
女性の情念をたびたびテーマとした名匠・五社英雄監督の作品の中でも、
最も”女”を色濃く映し出している名画「吉原炎上」。

以前より何度も観たことがあるため、内容もすべて知ってはいたのですが、
手ごろな価格で新品DVDが購入できるうちに、
ちゃんと購入して手元に置いておきたいと思い、今回購入してみました。

映画の全体像に関しては、すでに他の方がレビューされているので割愛しますが、
作中において私が一番印象深いのは、小花(西川峰子)の末路を描いたシーン。
真っ赤な夜具の積まれた布団部屋で、髪を振り乱しながら男を乞う姿は、
壮絶で悲しくも、日本映画史に残るべき名シーンだと、強く思います。

冒頭、名優・岸田今日子のナレーションにもあるとおり、
「女の売られる地獄道」を描いた映画であり、決して綺麗・可愛いだけの遊女は登場しません。
名取裕子と二宮さよ子によるレズシーン等、ベッドシーンのインパクトでも大変有名な本作ですが、
この「吉原炎上」を一番深いところまで観られるのは、男性ではなく、やはり女性なのではないかと思っています。

また、類似作品を非難する意図はまったくないのですが、
若い世代で特に人気(私も若いっ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック