¥ 1,543
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK) ムック – 2010/4/14


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 983


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK) + 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (SUN MAGAZINE MOOK) + 100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか
合計価格: ¥ 5,338

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

著者について

飲茶(やむちゃ)
北国生まれ。
東北大学大学院卒業。
哲学や科学など、とっつきにくい学問を楽しくわかりやすく解説した本が大好評。
元は普通のサラリーマンであったが、ある日、道を歩いているときに良いビジネスを思いつき、「そんなときどうする? 勝負だ、勝負するに決まってる!」と叫びながら、突然退社して起業。
しかし、現実は甘くなく、現在、未曾有の不況に直面して苦戦中。明日はあるか?
著書に『哲学的な何か、あと科学とか』『哲学的な何か、あと数学とか』。
著者ブログ:http://blog.yamcha.jp/
熱烈なバキファン。

登録情報

  • ムック: 280ページ
  • 出版社: マガジン・マガジン (2010/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896447328
  • ISBN-13: 978-4896447323
  • 発売日: 2010/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (53件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 3,845位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

80 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ライティング斉藤 投稿日 2010/4/18
形式: ムック
「哲学」と「板垣恵介」の異色のコラボレーション。

…といっても、板垣先生が哲学について語っているわけではなく、表紙を書き、『刃牙シリーズ』の言葉を使うのを許可している…という感じです。その許可を使いまくり、帯のコピーから

「哲学の聖地、東京ドーム地下討議場では、今まさに史上最大の哲学議論大会が行われようとしていた…」

と刃牙ワールドを全開にさせています。さらにページを開くと、

「神殺しは生きていた! 更なる研鑽を積み人間狂気が蘇った! 超人!! ニーチェだァー!!」

「近代哲学はすでに私が完成している! ヘーゲルだァー!!」

と、東京ドーム地下闘技場トーナメントのオープニングのごとく、哲学者一人ひとりにキャッチフレーズをつけ、わかりやすくキャラづけしています。

この本のコピーは「哲学に挫折した全ての人に捧げます」。確かに従来の哲学本よりも、わかりやすい入り口になっています。
そして、プロタゴラスの「相対主義」をソクラテスの「無知の知」が上回り、デカルトの「我思うゆえに我あり」をヒュームの「経験論」が崩す…というように、読みやすく進んでいきます。

一人ひとりの哲学者について読んでもわかりやすいし、通し
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 various55 投稿日 2012/11/1
形式: ムック Amazonで購入
「哲学」と聞いただけで、お堅くて難解で退屈というイメージが浮かびますが、この本に限っては全然違います。
誰でも簡単に読めて普通に面白い。これ一冊だけでも教養として学べる部分が非常に多くあります。
本当にオススメ。学校の教育でも使えばいいのに。

初心者向けと銘打っているのに「えー、まぁここは常識なんで省略します」的な
むしろ一番説明して欲しい部分が省略されてしまうという経験は誰しもあると思いますが
この作者は一般人の知識がどの程度でどこまで噛み砕いて説明すればいいか正確に把握出来ていると思います。
身近な例を使ったりと、的確に説明してくれるので非常にわかりやすい。そして内容が分かるから更に面白い。

この本を購入した同時期に大型テレビ、パソコンなどを買い替えましたが
電源を切ってひたすら読書する自分がいました。それだけ夢中になれる本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 千葉県民 投稿日 2012/9/15
形式: ムック
この本を教科書として使う高校が出てくるでしょう。
当方、大学時代に哲学をかじり、これまで幾多の哲学本を読んできましたが、これこそベストの入門書です。

哲学を学びたい気持ちにさせること間違いなし。
著者の解釈の間違いを指摘するレビュワーもいるようですが、それとて本書の価値を高めこそすれ、読まない理由にはなりません。
議論の出発点を提供してくれてありがとう。
仲の良い友人全てにお薦めしたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 伊達 VINE メンバー 投稿日 2010/5/10
形式: ムック
「哲学的な何か、あと科学とか」「哲学的な何か、あと数学とか」の著者による、哲学入門書。前二作が「哲学的な」と題打ってあるわりに科学や数学の話題が多かった(特に数学の方は)のに対し、今回は真っ正面から哲学を取り上げている。

帯や最初の数ページを見ると、まるで格闘漫画でも始まりそうな勢いであるが、本文はさほど突飛な内容ではなく、分かりやすく砕けた文章で有名哲学者たちの哲学を紹介している。
難解な専門用語の使用を避け、できるだけ読みやすく分かりやすくと配慮されており、哲学初心者でも最後まで楽しく読めるだろうと思う。「読みやすさ」という点では屈指の入門書だろう。

ただ、帯で謳われている「哲学に挫折したすべての人に捧げます」というコピーほどのものかというと、少々疑問だ。
例えば「手にとるように哲学がわかる本」(かんき出版)や「知識ゼロからの哲学入門」(幻冬舎)などの既存の入門書も、けっしてそれ自体が分かりにくいわけではない。この本ほど「読みやすく」はないかもしれないが、「分かりやすさ」で劣っているわけではなく、入門書の内容そのものが理解できないというほど難解な書かれ方はされていない。「入門書の段階では特に苦しまなかったが、そこから一歩踏み出して挫折した」というような人には、恐らくは本書もあまり役には立たないだろうと思う。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック