この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

古墳殺人事件―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫) 文庫 – 2002/11

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 863

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

少年タイムス編集長・津田皓三の元に旧友の考古学者・曽根辞郎の訃報が届いた。多摩古墳群を発掘調査していた曽根が、その古墳の中で頭蓋を砕かれて殺されたというのだ。彼の遺した謎の詩は、誰を告発しているのか?船を模して建てられた奇怪な家を舞台に、津田の推理が冴える。考古学のペダントリィと怪奇趣味に彩られた『古墳殺人事件』に、義経伝説に取り憑かれた一族の間で発生する連続密室殺人に津田が挑む『錦絵殺人事件』を併録。後に「事件記者」で一世を風靡する著者が最初期に手がけた純本格ミステリ。


登録情報

  • 文庫: 529ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594035531
  • ISBN-13: 978-4594035532
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 895,930位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hikagemono VINE メンバー 投稿日 2007/8/23
形式: 文庫
主人公・津田皓三は、少年向け啓蒙雑誌の編集長で、歩く百科事典のような知識の持ち主、という設定。何かにつけて、自分の知識を口に出さずにはいられないようだ。
作者はヴァン・ダイン風を狙ったことだろうが、今日では、むしろ京極夏彦のシリーズ物を軽快にしたような印象を、若い読者に与えるのではなかろうか。
トリックの解明に至るまでの薀蓄が長くて、トリック自体はどうでも良くなってくるような感じも、あのシリーズと似通っている。
それでも、『古墳殺人事件』の真相は、この作者の長編では『上を見るな』などと並ぶ“大技”であり、良くも悪くも、読後の印象は強烈だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
絶版なので、古本で求めましたが、ほとんど新品でした。大変お買い得でした。大いに感謝しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は「事件記者」や「鉄道公安官」などのスリラー作品で著名だが、初期にはガチガチの本格ミステリを書いていた。
本書収載の作品、「古墳殺人事件」と「錦絵殺人事件」は、いずれも著者の本格テイスト溢れる長編ミステリである。

これらの作品には、いわゆるペダントリーが、かなり詰め込まれている。
このペダントリーで作品を装飾する、というのはミステリではしばしば用いられるものだが、それがプロットの必然かどうか、というのが評価の分かれ目である。
例えば小栗「黒死館〜」、竹本「匣の中〜」等の作品では、そのペダントリーは単なる装飾にすぎない。
そのペダントリーがなくても、作品は成立する。
しかし、中井「虚無〜」やカー「火刑法廷」などは、そのペダントリーを取り去ってしまうとプロットが成り立たなくなってしまうという、密接な関係と必然性がある。
本書の2作も、その密接度は実はそれほど高いものではないが、それでもプロットやトリックとの関連がある。

そして、作風は確かにヴァン・ダインにも似ている。
ダインをインスパイアした浜尾四郎「殺人鬼」などがあるが、本作もそんな雰囲気の作品である。
トリック重視の作風というのは、本作執筆の時期的にしょうがないのだが、それもまた本格テイストであり、不可能
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック