この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

危険な毒花 (1957年) – 古書, 1957


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
-, 古書, 1957
"もう一度試してください。"
¥ 17,799


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • -: 244ページ
  • 出版社: 三笠書房 (1957)
  • ASIN: B000JAY5ZM
  • 発売日: 1957
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 408,138位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 をやぢ 投稿日 2009/4/11
二度と取れないだろう奇跡の写真ではないか。写真家の意図を汲んだ(つもりの)上でだが、
よくぞ撮ったものと思う。女性がこれだけ社会進出するまでに、今では地層として埋もれた
人々がいたことを記録として残している功績は大きい。当時の女性の職業(比較的光の当たっ
たもの、影のものと両方)を写真と文章で綴っている女性ならではのしごと。

という言い方は、時間が経ってから遠くにあって云えることであり、一方的な鑑賞の側からな
ら何でも云えるだけに、どうしても歯切れが悪くなる。ただし、一部は現在でも姿を変えて存
在する世界である以上、昨今の言葉狩り同様、安易に埋もれさせるわけにいかないと思うのは
男性の身勝手だろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック