Amazon Kindleでは、 博士の愛した数式 (新潮文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
博士の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

博士の愛した数式 単行本 – 2003/8/28


すべての 4 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,008 ¥ 650
単行本, 2003/8/28
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

博士の愛した数式 + 夜のピクニック
両方の価格: ¥ 3,348
ポイントの合計:  101pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第55回(2003年) 讀賣文学賞小説賞受賞
第1回(2004年) 本屋大賞受賞

商品説明

   1990年の芥川賞受賞以来、1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、そのひとつの到達点ともいえる作品である。現実との接点があいまいで、幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、本書には、いっさい見当たらない。あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。

   家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

   80分間に限定された記憶、ページのあちこちに織りこまれた数式、そして江夏豊と野球カード。物語を構成するのは、ともすれば、その奇抜さばかりに目を奪われがちな要素が多い。しかし、著者の巧みな筆力は、そこから、他者へのいたわりや愛情の尊さ、すばらしさを見事に歌いあげる。博士とルートが抱き合うラストシーンにあふれるのは、人間の存在そのものにそそがれる、まばゆいばかりの祝福の光だ。3人のかけがえのない交わりは、一方で、あまりにもはかない。それだけに、博士の胸で揺れる野球カードのきらめきが、いつまでも、いつまでも心をとらえて離さない。(中島正敏)


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/8/28)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 410401303X
  • ISBN-13: 978-4104013036
  • 発売日: 2003/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.5 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (605件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 75,331位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

82 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マナオさん 投稿日 2003/9/15
形式: 単行本
記憶が80分しか持たない博士とそこに勤める家政婦とその息子。
たった3人の関係や博士の家という閉じられた空間であるはずの設定も、お互いの思いやりを描くことによって、数字のような無限に広がる可能性を持つものに描かれている。
数字以外には興味の無いはずの博士は子どもには無償の愛を注ぐ。それは子どもには数字と同じく無限の可能性が秘められているからに違いない。
小川洋子の作品は一見無機質に見えるけれども、読後にはいつもぬくもりが残る。今回は特に素晴らしい傑作だと感じた。絶対にオススメ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紫陽花 投稿日 2013/8/29
形式: 文庫 Amazonで購入
80分しか記憶を保てない元数学教授(博士)とその元へ家政婦として通うヒロイン及びその息子(愛称ルート)との交情を描いた作品。所謂難病物で、陳腐で物語性に乏しい展開になりそうな所を、作者の驚異的な手腕と作者自身の数学の美しさに対する憧憬とによってハート・ウォーミングな物語に仕上げている。特に、ルートの触媒的存在が良く利いている。博士とヒロインだけでは流石に物語にはなり得なかっただろう。

博士が数字(式)でしか他者と交流(会話)出来ないという一見突飛な設定が、逆にこの難病の苦しさを見事に浮き彫りにしている。数学者に目を付け、上述の通り、作者自身も(にわか勉強だとは思うが)数学の美しさに魅入られているという点が本作を成功に導いていると思う。数学者は純粋で奇矯との世間の常識を敢えて覆さず、逆に強調していている点も、博士の症状や日々の生活の困難性をリアルに伝えている。極度にチャレンジングな設定にする事によって、物語に現実味を与えるというアクロバット的手法である。もう一つの要素は野球(江夏)に対する博士の熱愛振りである。静謐だけの物語になりそうな所を、江夏を登場させる事によって、博士、ヒロイン、ルートそして読者に明るさを与えると同時に、何より3人の絆をより強固としている。それにしても、江夏の背番号28が完全数とはねぇ〜。これぞ完全な調和であろう。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 njttr950 投稿日 2006/2/2
形式: 文庫
この小説には、タイトルに偽りなく(笑)これでもかというくらい、

数式や数学の話がたくさん出てきます。

そして、理系の人間でなければ、たぶんなじみのない

フェルマーやらオイラーといった大学で習うようなものまで

でてきます。

しかし、ここまで、小説に数学が入り込んでも、

まったく嫌味になっていないし、説教くさくもなっていない、

それどころか、小説の中にちりばめられた数式に

心地よささえ感じてしまいます。

これは、やはり小川洋子さんの筆力のなせる業なのでしょう。

読後感の爽快さは、最近読んだ本の中でも一番です。

最後に、他の方も述べていますが、ぜひ数学の嫌いな中学生や

高校生(むろん小学生でも大学生でも)にオススメしたいです!

ほんのチョッピリ、数学に対する見かたが変わるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 萩原 湖太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/27
形式: 文庫
 映画を観てから、この原作小説を読んでみた。映画よりも良かったように思う(ただしそう思うのは、映画によって得た映像的イメージを思い浮かべながら読んだせいかもしれない)。

 それというのも、このお話は、数学なんて学校に置いてきたまま忘れてしまった家政婦が、年老いた数学博士との限られたやりとりの中で、数の世界に隠された神秘に触れ、これまで見えていなかったものが見えてくる…、というところに面白さがあるのだが、そんなことを映像で表現することは非常に難しいだろうから、映画では老博士と家政婦さんとその10歳の息子とのホノボノとしたやりとりを描くのが中心になってしまうからだ。

 小説の前半に、映画では登場しないエピソードの1つとして、件の家政婦さんが「1からnまでの連続した正の整数の和を求める」方法(公式)を捻り出す場面がある(これは、博士が10歳の子供に出した宿題)。家政婦さんの解答と博士が別の場面で示す解答と僕の解答は当然一致するのだが、3人のアイデアはそれぞれ微妙に異なっている。

 このシーンは僕にとってとても印象的で、ある問題に没頭し、閃きが訪れ、その閃きによって問題を見事解いたことに送られた博士の賞賛に対して、自然と涙がこぼれた。

 この小説の文体は僕の好きなタイプの文章ではなかった。しかし、そこには、数の世界の美しさに初めて気づいた時に感じる新鮮さが充分に表現されていると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック