Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
医学部受験の闇とカネ (経営者新書)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

医学部受験の闇とカネ (経営者新書) [新書]

長澤潔志
5つ星のうち 2.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 799 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

医学部受験の闇とカネ (経営者新書) + 偏差値40からの医学部合格術 (経営者新書) + 医学部全員合格 1年で偏差値を20上げた驚異の勉強法 増補改訂版 (YELL books)
合計価格: ¥ 3,218

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

現役医学部予備校代表が明かす歪んだ業界の実態とあるべき姿

志願者数11万人に対し、日本の医学部すべて合わせて8000人弱といった定員枠。医学部受験は本当に狭き門といわれます。
その受験を勝ち抜くには、予備校の存在は否定できません。
しかし、受験生を抱える多くの親たちは、予備校が掲げる合格率、授業料の総額、さらに講師の質に騙され、大事な子供を預けてしまっています。
そして、子供たちは医学部予備校にはびこる拝金主義と親の無知に翻弄され、追い詰められていくのです。
本書は、理想の教育を求め医学部予備校を立ち上げた異色の著者が、医学部受験の歪んだ実態を赤裸々に暴き、教育者と親のあるべき姿と、そして真の教育とは何かを熱く語りつくします。
受験生の親のみならず、教育者の方々にも読んでいただきたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

医学部予備校現役代表が明かす歪んだ受験の実態とあるべき姿。

登録情報

  • 新書: 178ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434499812X
  • ISBN-13: 978-4344998124
  • 発売日: 2011/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 460,274位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 医学部受験 2012/2/22
投稿者 678
形式:新書
我々のころ(現在30才台)よりも医学部が難しくなったとよく言われます。でも学生のレベルが上がったと思っている人も少ないのでは・・・
最近の医学部に医学部専門予備校出身の人が増えているのも事実である。
だからと言って、特殊な勉強をしなければ医学部に合格できないわけではない。多くの浪人された人も一般の予備校などに行き合格されている。
タイトルは少しインパクトの強い設定になっているが、タイトルから予想されるものとは少し内容は違った。内容は闇とかそういうものではなく、
医学部などの受験を考えている親が、子供への接し方などを再考する上では読んでみてもよいのかなと思った。
結局、自分で目的意識を持って勉強できるようにならないと、医学部に入っても苦労するだろうなというのが感想です。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 医師でもないのに、、、 2013/2/24
投稿者 東郷亮
形式:新書
医師でもないのに医学について語るな!
人間の病の原因の六〜七割が精神が原因?
医師の心構えについて語っていいのは医師のみ!あなたは医師ではない!
一流の予備校講師のエピソードもあるがひどい。
ある程度能力のある講師なら三年目くらいで気づくことだ(p155くらいの数学講師のエピソード)
如何にポテンシャルの低い講師しか雇えてないかの宣伝にしかならない。
50代からがいい講師で40代は若過ぎるというのは典型的老害思考。
大手も見てきたらいい。

視野の狭い、自分が特別だと思い込んでいる人の本。マジメに読む価値はないが、ツッコミの練習教材にはなかなかいいです。ツッコミ安くて難易度低いので。
このレビューは参考になりましたか?
20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 医師の仕事は大変です 2012/6/16
投稿者 40歳勤務医
形式:新書|Amazonで購入
医師としての仕事は体力、優しさ、そして知識や技術のように思います。
体力がないと続きません。確かに仕事にはあぶれないだろうけど自分の生活もかなり犠牲になります。
(主治医をしていると夜中でも休日でも呼び出されると病院にかけつけます。結構な頻度であります。)
(おそらく他の仕事でほぼ365日拘束される仕事は少ないと思います。)
医学部を受験する人たちは現実をよく知らずに入学し現場にでて愕然とするのでは。
著者は医師ではないのでやや視点がずれてはいます。
いずれにしても医学部に入学するとはどういうことか、受験生もその親もよく考えることは重要です。
給与の面からいうと割の合わない仕事ですが、人間が好きなら十分続けていける仕事でもあります。
人間が好きではないのなら親が医師というだけで医学部に入ることはやめることがその人のためでもあります。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 医学部を目指そう 2013/10/24
投稿者 山川 紘
形式:新書|Amazonで購入
エピソードは面白かったが、データが乏しいのが残念。もっとも、具体的なデータはむつかしいか?本の外観は良かった。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック